ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.06.02

Twitterのハッシュタグ活用法。Instagramとの違いはユーザーとワードの選択

Instagramの月間ユーザー数が3億人を突破し、Twitterを抜いたことが2014年末に話題となりました。

Twitterでは、2006年頃から利用されるようになったハッシュタグ機能ですが、Instagramでもこのハッシュタグ文化が取り入れられており、投稿するにあたっては必ずハッシュタグを設定しなければならないことから、今、ハッシュタグの利用に注目が集まっています。

しかし同じハッシュタグでも、それぞれのSNSで使われ方が全く違うことはご存知でしょうか? 今回はTwitterでの運用法について、あらためてお伝えしていきたいと思います。

■Twitterでのハッシュタグ入力方法

画像1

投稿にハッシュタグを記載するには、半角で「#」と入力し、続けてハッシュタグに設定したいワードを入力するだけ。これはFacebookでもInstagramでも同じです。

画像2

ハッシュタグをクリックすると、同じハッシュタグのついた投稿を一覧表示されます。ただ、Facebookの場合は独自のアルゴリズムに従って表示されるのに対し、Twitterは単純な時系列で表示されるようです。

■ワード選びのテクニック

前回のFacebook記事ではハッシュタグワード選択についてご紹介しました。

Facebookはリアルのパーソナリティが如実に反映されるSNSであるため、あまり宣伝っぽい投稿は避けられがちなことから、シンプルなワードで少数つけるのが有効です。

しかし、Twitterはほぼ真逆の使い方をされており、無数のハッシュタグに埋もれたツイートもそうめずらしくはありません。ワード自体もありふれた単語ではなく、長い文章で構成されていることも多くあります。

画像3

例えば上記のようなハッシュタグが使われています。ハッシュタグ自体が大喜利のお題になっていることも多く、お題に乗ってさまざまなユーザーがボケを返し、結果、ハッシュタグが盛り上がっていく傾向が強くあります。

他にもネタ系、お笑い系、アニメ・マンガ・ゲーム系のハッシュタグが多く、この傾向はFacebookやInstagramではほとんど見られません。アンダーグラウンドなネタや、アニメ・マンガ・ゲームといったサブカルチャー系のツイートが爆発的な盛り上がりを見せることも知られています。

■Twitterのユーザー層を掴むことが大事

画像4

(引用:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1409/08/news023.html

スタジオジブリ作品・天空の城ラピュタでお馴染みの滅びの呪文「バルス」を、テレビ放映時に同時多発的にツイートすることによって、サーバーに急激な負荷をかけてダウンさせるという、名目共に滅びの呪文として有名になったというエピソードもTwitterならでは。

2013年の放映時は、秒間14万3199ツイートという脅威の投稿数を叩き出し、当時の世界記録だった新年の挨拶「あけおめ(あけましておめでとう)」(秒間3万3388投稿)をあっさり抜き去ってしまうほどのツイート数。

TwitterはFacebookのように実名登録制のSNSではなく、またInstagramのように洗練された使い方をするユーザーが多いわけでもありません。

こういったTwitterユーザーの特性を掴み、ネタに使ってもらえるような素材を提供したり、大喜利的なお題でリツイートを誘うなど、ハッシュタグを絡められるテクニックを使っていくのが、Twitterでの有効的なハッシュタグの使い方ではないでしょうか。

■流行りのハッシュタグを調べるには

最後に、トレンドのハッシュタグをどうやって調べるかについてお伝えいたします。

Twitterのトップページ左下には、現在のトレンド情報が表示されるようになっていますが、これだけではTwitterのトレンドを追いきれません。

サードパーティによるトレンド検索サービスなどが多数ありますので、より詳しくトレンドを追いたいのであればこういったサービスを利用するのがいいでしょう。

いくつか検索サービスをご紹介しておきます。

・ついっぷるトレンド

画像5

Twitterのクライアントアプリ「ついっぷる」が提供しているトレンド検索サービス。画像、ニュース、まとめ、有名人など詳細な検索項目がデフォルトで備わっており、もちろんハッシュタグで検索も可能です。

・ハッシュタグクラウド

画像6

こちらもテレビ、ラジオ、エンタメ、ゲームなど幅広いカテゴリから検索可能です。直近のリツイート数から累計数、ハッシュタグの詳細情報まで詳しく見ることができ、どれくらいのタームでこのハッシュタグが使われているかがわかりやすいのが特徴です。

・hashtags jp

画像7

こちらのWebサービスでは、Twitterで使用されているハッシュタグの検索や新規登録が可能です。新着やトレンドのハッシュタグをランキング形式で参照することもでき、今Twitterでは何が話題になっているのか確認することができます。

ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

80_2

Twitter広告の成果を最大化! 「勝ちパターン」を徹底解説

Twitter ads

誰でも出稿できる!セルフサービス式Twitter広告運用ガイド

プレゼンテーション1s

「SNSの口コミはマーケティング活動全体の写し鏡」 真の評価を知るTwitter口コミ分析とは

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス