ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2014.01.30

【2014年保存版】ソーシャルメディアまとめ一覧&SNSの特徴・運用目的を徹底網羅!

各ソーシャルメディアのメリット・役割をまとめました。

SNS 特徴 運用目的 違い

「ソーシャルメディアを使ってマーケティングしたいけど、色々SNSがありすぎてどれがどんなのかわからない」

そんな悩みを抱えている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、主要ソーシャルメディアの違いを、規模・特徴・運用の目的・広告の有無などの項目に分けてご紹介します。

どのSNSをどんな目的で使えばいいのか、少しでも参考になると幸いです!

■目次

主要ソーシャルメディアまとめ一覧。

1.Facebook

2.Twitter

3.Google+

4.LINE

5.Instagram

6.Pinterest

7.LinkedIn

8.WhatsApp

9.Snapchat

10.Tumblr

11.mixi(※1月31日追記)

1.Facebook

Facebook
MAU=月間アクティブユーザー(Monthly Active Users)

ユーザー数・世界中のMAUは11億9000万人
・うちモバイルのMAUは8億7400万人
・日本のユーザーは約2200万人

特徴 ・実名で繋がる世界最大のSNS
・いいね!・コメント・シェアで友達と交流
・文章・写真・リンク・動画など様々な投稿オプション
企業が運営するメリット ・ファンと「対話」しやすい
・広告オプションが豊富
・懸賞・検定クイズなどの様々なキャンペーンが外部アプリを通じて開催できる
運用の目的 ・ブランドの認知度上昇
・キャンペーンによる新規顧客の獲得
・ファンの事を知る・ファンの情報を集める
広告の有無 ・あり

世界最大のユーザー数を抱えるFacebook。スマホの普及も相まってモバイルユーザーの数も拡大し続けています。画像やリンクが投稿でファンにアプローチするもよし、いいね!やシェアの拡散も狙うもよし、キャンペーンで新規顧客をファンの獲得を狙うもよし、更には広告オプションもよりどりみどりと、攻守のバランスのとれた定番のSNSです。

企業のFacebook活用事例

Tポイントさん

※Tポイントさんの活用事例については、以下の記事もご参照ください。

【Tポイントインタビュー】やっぱり効果があった!対話が生み出すFacebookによる活性化効果|ファンは非ファンよりも利用動向が高まる!

2.Twitter

Twitter

ユーザー数・世界中のMAUは2.317億人
・日本のユーザーは約2000万人(世界第2位)

特徴 ・実名登録しなくて良いオープンなSNS
・ツイートはネット上に公開される
・番組の実況に最適
・ハッシュタグ・リツイートによる高い拡散力
Vineと提携した動画コンテンツが発展中
企業が運営するメリット ・情報がリアルタイムで全フォロワーに届く
・顧客の「声」を拾いやすい
運用の目的 ・クーポンやセール情報をユーザーに届ける
・情報の拡散
・顧客の声を拾うアクティブサポート
広告の有無 ・あり

つぶやく(ツイート)ことでお馴染みのTwitter。バルス祭りで世界記録を塗り替えたことも記憶に新しく、情報の爆発的な拡散力には定評があり、セールの宣伝などには間違いなく最適です。ソーシャルテレビ広告オプションの充実Vineと提携した動画など、今なお進化を続けるTwitterに今後も目が離せません。

企業のTwitter活用事例

無印良品さん

3.Google+

Google+

ユーザー数・世界中のMAUは3億人

特徴 ・Googleが提供する世界第2位の規模のSNS
サークル機能で投稿を見せたい人だけに共有できる
・友達申請なしでユーザーをフォローできる
・最大10人とビデオチャットができるハングアウト機能
企業が運営するメリット ・GoogleのSEOに影響を与える
・ハングアウト機能でフォロワーとリアルタイムに動画で繋がれる
・詳しい店舗情報やクチコミなどが検索結果に表示されるGoogle+ローカル
運用の目的 ・SEO上位を狙う
・Google+ローカルによるO2O
広告の有無 ・あり

じわじわとユーザー数を伸ばし現在世界2位の規模を誇るGoogle+。サークル機能を使って簡単に投稿の公開範囲を制限できると同時に、他のユーザーへの一方的なフォローもでき、プライバシーが絶妙のバランスで保たれています。画像や動画コンテンツにも対応しており、SEOにとローカルビジネス向けO2Oにも強いGoogle+に今年は注目です。

企業のGoogle+活用事例

TOYOTAさん

4.LINE

Line

ユーザー数・世界中で2億3千万人のユーザー
・日本人のユーザー数は4700万人(世界一)

特徴 ・無料で通話やテキストが送れる
・スタンプの種類が豊富
・プッシュ通知機能
企業が運営するメリット ・プッシュ通知で情報をリアルタイムに確実に届けられる
・ビジネスアカウント向けの公式アカウント運用、ローカルビジネス向けのLINE@運用ができる
・クーポンの開封率が高い
運用の目的 ・キャンペーンの告知・クーポンの配布
O2O・店舗送客に最適
広告の有無 ・なし

日本のユーザー数が世界で最も多い、もはやスマホユーザーには必須のアプリであるLINE。ビジネス向けの公式アカウントで利用できるクーポンの開封率が最も高いというデータもあり、お得な情報を送り続けて来場促進に最適のSNSです。面白おかしいスタンプも人気の一因で、今年はどんなスタンプが現れるのかも楽しみですね。

企業のLINE活用事例

LIP SERVICEさん

※LIP SERVICEさんの活用事例については、以下の記事もご参照ください。

【必見!LINE@活用術】LINE@で売上150%増!LIP SERVICEから学ぶSNS活用施策<前編>|オウンドメディアのブレない運用が成功の鍵!

【LINE@活用術!】<後編>O2Oは店舗にひとを流すだけではない!ファンをつかむ運用の秘訣を公開|LIP SERVICEから学ぶSNS活用施策

5.Instagram

Instagram

ユーザー数・世界中のMAUは1.5億人
・ユーザーの7割弱が女性

特徴 ・写真や動画を加工し他のSNSと連携してアップロードもできるSNS
・フィルターがけやコントラスト調整で簡単に素敵な写真を作れる
企業が運営するメリット ・画像コンテンツに特化
15秒のマイクロビデオを作成できる
運用の目的 ・動画や画像で視覚的にブランドをアピール
広告の有無 ・あり

スマホで撮影した画像を付属のフィルターで編集して、素敵な写真を簡単に作成できるInstagram。画像はFacebookやTwitterで共有できるだけでなく、Instagram内でもアップロードしていいね!やハッシュタグなどで他のユーザーと繋がることもでき、ブランドの視覚的なアピールにもピッタリです。昨年15秒のマイクロビデオをリリースしたことも話題になり、5秒のVineとのマイクロビデオ対決にも注目です。

企業のInstagram活用事例

Red Bullさん

6.Pinterest

Pinterest

ユーザー数・世界中のユーザーは5330万人
・ユーザーの8割弱が女性

特徴 ・ネット上にある画像をお気に入り(Pin)してコレクションするSNS
・気軽にコレクションを見せ合うオープンな空間
企業が運営するメリット ・閲覧性が高くページ作成が容易
・気軽にPinしてもらいやすい
運用の目的 ・ブランドのイメージを様々な側面からアピールする
・製品やサービスの裏側も見せる
広告の有無 ・あり

ネットで見つけたお気に入り画像を自分のボードに好きなように並べてコレクションできる、Instagramとはまた違った方向で画像に特化したPinterest。ユーザーは思い思いのスクラップボードを作り、他の人のコレクションで気に入ったものも集めることもできます。こちらも視覚的にブランドをアピールしたい企業にはうってつけで、昨年11月に日本語版もリリースされました。

企業のPinterest活用事例

楽天市場さん

7.LinkedIn

Linkedin

ユーザー数・世界中のユーザー数は2億5900万人

特徴 ・ビジネスに特化したSNS
・公的な自己紹介ツール
運用の目的 ・ブランドのアピール
・人材採用
・投資を募る
広告の有無 ・あり

Facebookのビジネス版とよべる、ビジネスに特化したSNSです。Facebookではプライベートな内容を友達とシェアするのに対し、LinkedInは人とビジネスの関係を作る場となっています。企業からユーザーへのアプローチの手段としてだけでなく、投資の募集人材採用など、様々な角度でビジネスチャンスを広げるSNSとしてアメリカでは好まれています。

8.WhatsApp

WhatsApp

ユーザー数・世界中のMAUは4億人以上

特徴 ・メッセージアプリ
・音声通話はできない
・1年目は無料で利用でき、2年目から年間99セントかかる
広告の有無 ・なし

基本的な機能はLINEと似ており、現時点では企業の参入は目立っていないWhatsAppですが、LINEの倍近くのユーザー数を世界中に抱えているので要チェックです。

9.Snapchat

SnapChat

ユーザー数・アメリカでは3000万人のMAU

特徴 送信した画像や文章が10秒以内に消えるメッセージアプリ
・スクリーンショットを撮ると相手に通知が行く
・アメリカを中心に若者の間で人気が爆発中
広告の有無 ・なし

今海外で人気が爆発中の『消えるメッセージアプリ』Snapchat。Facebookからの買収オファーを断ったことでも話題になりましたが、もし日本に上陸したら、若者のスマホ普及率の高さも相まって流行ると思います。企業の参入はまだありませんが、買収オファーを蹴ったという事は、なにか企業向けのプランがあるのかもしれません。いずれにせよ、今年目が離せないSNSの筆頭です。

10.Tumblr

Tumblr

ユーザー数・世界中のユーザー(ブログ数)は1億以上

特徴 ・「リブログ」でオリジナルの「ソーシャルブログ」を作れるキュレーションサービス
・カスタマイズが簡単で素敵なデザインにできる
・趣味・興味を通じて人と繋がれる
企業が運営するメリット ・おしゃれで閲覧性の高いデザイン
・コンテンツをフォロワーに直接流すことができる
運用の目的 ・ミニブログとして情報をストックしつつユーザーに情報を流す
広告の有無 ・なし

他人のコンテンツを『リブログ』で集めて、オリジナルのブログを作れるキュレーションサービスであるTumblr。デザイン性も高く、FacebookやTwitterと連携している『ソーシャルブログ』作成サービスです。日本ではあまり浸透しておらず、正確なユーザー数も不明ですが、月間PVは160億を超えると言われています。企業の参入もできそうなTumblrに今後も注目です。

企業のTumblr活用事例

UNIQLO銀座店さん

 

11.mixi

mixi

(※1月31日追記)

ユーザー数・約1300万人の国内MAU(2013年2月時点)

特徴 ・実名登録の必要がなく、新しい繋がりを見つけやすいSNS
コミュニティ機能が充実しており共通の趣味の人を見つけやすい
・アプリゲームの充実
企業の運用の目的 ・mixiページ運用でファン獲得を目的とした情報配信
広告の有無 ・あり

コミュニティ機能を軸に共通の趣味で新しい繋がりを見つけるSNSとして今でも愛好されているmixi。企業ページ運用もあまり目立ちませんが、mixiページを活用した運用でファン獲得を狙うこともできます。最盛期と比べるとユーザー数は減少していますが、未だ国内に抱えるユーザー数は多いので、今後の動きに期待です。

【図解】主要SNSの特徴・運用目的

マーケティング向けに利用できるSNSを、図にまとめました。

※追記補足:こちらの図は「InstagramはO2Oに向かない」「Twitterは個人にリーチできない」という意味ではなく、あくまでも各SNSが特化しているポイントに配置しました。

SNS 特徴 運用目的 違い
(※クリックして拡大)

最後に

いかがでしたでしょうか。

マーケティングに利用できそうなSNSや規模のかなり大きなSNSを中心にまとめました。

昨年はLINEの伸びが目覚ましかったですが、今年はどのSNSが躍進するのでしょうか?今回ご紹介したSNSを中心に、今年もじっくりウォッチしていきたいと思います。


以上、『【2014年保存版】ソーシャルメディアまとめ一覧&SNSの特徴・運用目的を徹底網羅!』でした。

▼ガイアックス提供サービス一覧

 
SNSマーケティング支援サービスTOP
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)運用代行サービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)コンサルティングサービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram)広告運用サービス
Facebookアプリ(懸賞・コンテスト・検定)サービス

資料ダウンロードはこちらから

関連記事

44

おもしろ商品宣伝から、リツイート戦略まで! ECサイトのTwitter活用

【事例つき】 ユーザーに受け入れられるSNS投稿の企画方法・ポイントを解説!

Instagramビジネスプロフィール

Instagramのビジネスプロフィールとは? 企業のInstagram活用が捗るビジネスツールを徹底解説

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス