ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2014.04.25

LINEがWebサービスを全部もっていく?LINE@リニューアルの狙い・影響を推測してみた。

ぐるなび、ホットペッパー、じゃらん…色々これからどうなる?

LINE@, リニューアル, Webサービス, 影響

LINEは4月24日に、LINE@の大幅なリニューアル発表しました。

今回店舗向けに新たに追加される機能は、

 1.お店の情報(メニュー・クーポン・写真など)掲載できる『お店ページ』

 2.LINEでお客様とメッセージがやり取りできる『お店トーク』

 3.無料でいくつかの機能を利用できる新料金プラン

の3つです。今年の5月から提供開始で、事前登録は昨日から始まっています。

実店舗向けのサービスが一気に充実するため、多くの既存の店舗予約・クチコミサービスに影響を与えると考えられます。今回の記事では、リニューアルの概要と、LINE@の台頭で影響を受けそうなサービスLINEの狙いを考察してみたいと思います。

    ■目次

    LINE@が大幅リニューアル!3つの新機能で予約サービスに殴り込み!?

     1.更に充実したお店情報を掲載できる『お店ページ』

     2.コミュニケーションが取れる『お店トーク』

     3.2つの新機能を『無料』で使えるプランが登場!? 

    予約・クチコミサービスは今後どうなる?

     1.ぐるなびなどの『店舗向け情報掲載サービス』

     2.食べログなどの『エンドユーザー向けサービス』

    LINEの狙いは?

LINE@が大幅リニューアル!3つの新機能をご紹介

5月よりLINE@に導入される3つの新機能を、簡単におさらいしていきます。

1.更に充実したお店情報を掲載できる『お店ページ』

これまでよりも更に詳しい店舗情報が掲載できる『お店ページ』が追加されます。

※画像引用:http://blog.lineat.jp/archives/37677542.html

新たにお店ページに掲載できるようになる情報は:

 ・メニュー

 ・クーポン

 ・写真・動画

などです。サンプルとして紹介されているトップページはシンプルで、かなり使いやすそうな印象を受けます。

2.コミュニケーションが取れる『お店トーク』

お店ページからお客様とお店がメッセージのやり取りができる『お店トーク』も、今回新たに追加されました。

※画像引用:http://blog.lineat.jp/archives/37677542.html

今回追加された機能の目玉となるのはこちらではないでしょうか。

これまでは店舗が一方的にメッセージを送ることしかできませんでしたが、これからは双方メッセージのやりとりができるようになるということになります。

予約や意見の募集、問い合わせ対応など、様々な用途で使われることが予想されます。

LINE電話とも提携か

Markezineは先日発表された格安のLINE電話と連携して、LINE@加盟店舗に発信した場合は通話料が無料になるフリーダイヤルを提供すると報じています。

実現すると更に予約機能の充実が進みますね。

3.2つの新機能を『無料』で使えるプランが登場!?

更に上記の2つの機能の発表とあわせて、新しい料金プランを発表しました。

※画像引用:http://blog.lineat.jp/archives/37677542.html

気になるのは1番左のプラン。月額費用は無料で、メッセージ配信は月1回だけに制限されていますが、お店ページ・お店トークが普通に使えるプランとなっています。

友達数が一定を上回ると別のプランに替える必要がありますが、通常プランの5000円(税抜)も大概安いので、かなりお得なプランなのではないでしょうか。

今回発表された内容のまとめ

今回の発表から現時点で読み取れる、今後のLINE@のメリット気になる点をまとめると、以下のような感じでしょうか。

LINE@のメリット

 ・破格の料金プラン(無料もある)

 ・リアルタイムでメッセージを送れるプッシュ通知

 ・クーポン・店舗情報などの店舗向けサービスの充実

 ・予約がリアルタイムで対応できるようになる

 ・LINE@と連携した無料電話予約サービス

 ・元々のLINEのユーザー数が多い(日本国内ユーザー数5000万人)

LINE@の気になる点

 ・店舗側のタスクが増えそう(LINE@の予約管理など)

 ・「予約したい」というメッセージに対する「自動返信機能」の有無(ここにスタンプの活路はあるか?)

 ・位置情報サービスと連携するのか

 ・クチコミ・ランキング機能の有無

まだ始まっていませんが、こういったところがポイントになりそうです。

LINE@のリニューアルで店舗予約サービスはどうなる?

さて、かなり色々なサービスに影響を与えそうなLINE@のリニューアルですが、特にWeb系店舗予約・クチコミ系サービスの勢力図がガラリと変わりそうです。

今わかっている情報から、今後LINE@にユーザーをもっていってかれる可能性のあるサービスをまとめました。

1.店舗向け情報掲載サービス

店舗から掲載料を取ってクーポン予約システムなどを提供する店舗向けサービスは、LINE@の影響をモロに受けそうです。

ぐるなび

会員数は1330万人、有料加盟店舗数は約5万2500件の日本最大級の飲食店情報掲載サイト。レストランのサポーターとして、広告出稿などの店舗向けサービスで主に収益をあげる。

ホットペッパー

リクルートが運営する、6.6万件を超える掲載数を抱える飲食店の情報検索サイト。クーポンが充実しており、登録店舗から収益を上げる。

OpenTable

アメリカ発の、世界中に5億3000万人のユーザーを抱えるオンラインレストラン予約サービス。世界中で3万店舗が参加しており、日本でも東京・大阪・神奈川を中心に1660店が加盟。

グル―ポン

飲食店に限らず、様々なジャンルのお店で使えるクーポンを購入できる大手サービス。いわゆる「※共同購入型」で成り立っている。

※共同購入型:一定数がクーポンを購入しない限りクーポンが成立しない仕組み。クーポンには使用期限もある。

OZmall

20~30代の女性向けの、グルメや温泉、エステやサロンなどが予約ができるサービス。会員数は200万人を超え、コラムなどのコンテンツの他に掲示板も備わっている。

ホットペッパービューティー

美容室やサロンを予約できる日本最大級のサービス。登録されている店舗数は3万7478店舗。

じゃらん

日本最大級の宿・ホテル予約サイト。クーポンなどの店舗向けサービスだけでなく、クチコミベースのランキング機能付き。昨年度の予約受付人泊数は7,118万人泊。

2.エンドユーザー向けサービス

店舗向けのサービスよりも、クチコミに力を入れたユーザー向けサービスも、LINE@の拡大に伴ってユーザーをもっていかれる可能性は考えられます。

食べログ

1年間のオンライン予約数は40万件で、有料店舗数は約2万6000軒という、日本最大級のオンライン飲食店クチコミサービス。ユーザーからの課金もあり、プレミアム会員は32万人。

Retty

FacebookやTwitterと連動する、友達のおすすめに力を入れているグルメサービス。簡単にリストも作成でき、実名制であることが特徴。会員数は200万人を突破しており、総クチコミ投稿数は80万件。

Yelp

つい先日日本に上陸したばかりの、世界25カ国でサービスを展開するクチコミサイト。レビューの総投稿数は5300万件を超え、レストランだけでなく、ホテルやサロン、小売店など実店舗を持つ企業なら何でもレビューできるサイト。食べログのライバルと目されている。

LINEの狙いは?

挙げ出したらキリが無いですが、LINE@に脅かされる大手サービスはこの辺りではないでしょうか。

今回の動きから、LINEの狙いや具体的な影響を推測してみます。

LINEの狙い・具体的な影響

 ・特に店舗向けの『情報掲載サービス』市場狙い

 ・価格を落としハードルを下げることで、LINEの代表取締役社長 森川氏の「インフラになりたい」という願いに一歩前進

 ・元々LINE@はユーザーを抱え込むストック型プラットフォームなので、今後はLINE@から他サービスへの流出が減る

 ・元々LINEはスマホに特化しているので、リアルタイム性はどのサービスよりもLINE@に分がある

 ・「LINEで送る」といったプラグインまで出てくると、WebページからのLINE誘導も増えて手が付けられなくなりそう

最後に

特に店舗情報掲載サービス市場に直撃しそうなので、ぐるなびホットペッパーじゃらんOZmallといったサービスが、目下の対抗馬となりそうです。

また現時点ではクチコミ機能はないですが、間接的にユーザーをもっていかれる可能性もあるので、食べログなどの市場もおそらく脅かされるでしょう。

さらにLINEもSNSなので、クチコミやランキング要素など、何か仕掛けてくる可能性もあります。そうなってくると、日本上陸を宣言したばかりのYelpRettyなどとも、真向からぶつかり合うことになります。

実店舗向けのWebサービスの勢力図が大きく変わるかも知れない今回のLINE@のリニューアル。今後も詳しくウォッチしていきます。


以上、『LINEがWebサービスを全部もっていく?LINE@リニューアルの狙い・影響を推測してみた。』でした。

ガイアックスのLINE公式アカウント・LINE@運用代行サービス

◆ガイアックスではLINE公式アカウント・LINE@の運用代行・支援サービスをご提供しています◆

ご興味がおありの方はこちらのサイト(ガイアックスのLINE公式アカウント/LINE@運用代行サービス)をご参照の上、お気軽にご相談ください。

また、LINEのアカウント導入をせずに、LINEユーザー向けにオリジナルスタンプ配信も可能になりました。詳しくはこちらのモバリストのページへ!

合わせて読みたいLINE関連記事

これで完璧に分かるぞ!LINE公式アカウントとLINE@の違い【2014年版】

1分で理解できる【LINE3つの新サービス】簡潔まとめ&ビジネスコネクトで出来ること

LINEの費用対効果ってどうなの?LINEのファン獲得単価はやっぱり低そう!【試算結果を公開】

この記事に関するキーワード
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

LINE_広告メディアとしての恐ろしさ

メッセンジャーツールからプラットフォームへ。LINEの広告メディアとしての恐ろしさ

TOP

【2016年最新版】LINE@とLINE公式アカウントの違いまとめ

2016.08.03

LINE_02

【インタビュー記事】代表者が語る、LINE@の効果的な使い方とは?

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス