ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2012.02.13

【Facebookアプリ事例】行きそう予報(診断アプリ)/OneWorld_vol.4

Facebookアプリを使った「診断」アプリ事例


OneWorldさんのFacebookページ『OneWorld株式会社』のキャンペーンとして使われていた、『行きそう予報』という診断アプリのご紹介です。

会社名 OneWorld株式会社
fbページURL http://www.facebook.com/oneworld.inc
キャンペーン名 行きそう予報

※本記事は『Facebook診断・検定アプリを考える時にお手本にしておきたい35個の事例、総まとめ』で収録している内容を詳細にまとめたものです。合わせてこちらもご参照下さい。

概要

質問に答えると、自分が旅行で「行きそう」な旅先を診断してくれます。

アプリ体験の流れ

『行きそう予報』は以下のような流れで進んでいきます。

1.まずは「いいね!」

ファンになっていないユーザーには、まず「いいね!」を押して貰います。

2.「写真投稿キャンペーン」へGO!

「いいね!」を押すと、「予報スタート」というボタンが出現します。このボタンを押すと応募に進めます。

3.アプリ認証

初めてこのアプリを使う方はアプリ認証をする必要があります。以下の流れで「ログイン」と「許可」をしましょう。

 

4.質問に答える。

アプリ許可が終わると以下のような回答画面が表示されます。こちらにチェックボックスで答えていきましょう。

5.診断結果が出る。

質問に答えると、以下のような診断結果が出ます。

6.診断結果がシェアされる。

診断結果は、自動で友達にシェアされます。以下のようなウォール投稿がされているので確認してみましょう。このウォール投稿でクチコミでの参加者獲得を行なっています。


以上、『【Facebookアプリ事例】行きそう予報(診断アプリ)/OneWorld_vol.4』でした。

今回の事例は参考になりましたでしょうか?宜しければ以下の事例もご覧下さい!

オススメのFacebookアプリ事例

こちらの事例まとめ記事も良く読まれています!

この記事に関するキーワード
ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

教育業界Facebook事例

教育業界(学校・大学・塾など)のFacebook活用事例

Facebook観光・旅行業界事例

【事例つき】ユーザーを引きつける! 観光・旅行業界Facebook活用ポイント

55

【最新版】2016年12月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス