ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2014.10.09

【速報】1分でわかる新サービス「LINE PAY」「LINE MAPs for indoor」「個人用LINE@」まとめ。【LINEカンファレンスより】

多方面にLINEが進出してきました。

LINE PAY MAP TAXI WOW

本日10月9日、LINEはLINE CONFERENCE TOKYO 2014を開催しました。

様々な発表が行われましたが、今回の記事で取り上げるのは、近々個人・企業両方のLINE利用シーンが大きく変わっていきそうな3つの新サービス。

1つ目は、ショッピングモールなどの商業施設に特化した、店舗情報が地図に表示される『LINE MAPs for indoor』

2つ目は、LINE経由で決済やお金の引き出しができる『LINE PAY』

3つ目は、個人も『LINE@アカウント』を開設して個人間コミュニケーションを超えた『オープンコミュニケーション』

どれも年内のローンチを予定しているとのことなので、現時点でわかっているこれら3つの新サービスの概要と、『できるようになること』を簡単にまとめました。

    ■目次

    発表された3つの新サービスまとめ。

     1.モール特化型マップ『LINE MAPs for indoor』

     2.決済サービス『LINE PAY』

     3.個人も『LINE@』を開設できるように

1.モール特化型マップ『LINE MAPs for indoor』

最初に紹介されたサービスは、ショッピングモールなどの屋内施設に特化したマップサービス『LINE MAPs for indoor』です。

(画像引用:以下全てUSTREAM LINE日本語チャンネルよりキャプチャー)

『LINE MAPs for indoor』で何ができる?

    ・登録した店舗への建物内でのルートが地図付きで表示される

    ・LUMINE、atreなどの39の商業施設と連携

導入時期

    2014年秋。まずはAndroid版から提供開始。

2.LINE上の決済サービス『LINE PAY』

2つ目に発表されたのは、おそらく今回の発表でも最も注目されるであろう、LINE上での決済サービス『LINE PAY』

『LINE PAY』で何ができる?

    ・LINE経由でECサイトのクレジットカード決済

    ・銀行口座を知らない友だち同士での送金

    ・友達と『割り勘』できるシステム

    ・将来的には店舗での支払いにも対応

    ・LINE経由でみずほ銀行・三井住友銀行口座からの引き出し

セキュリティはどうなる?

    ・LINEアカウントとは別の決済用の認証を使用

    ・iPhone 5s以降のユーザーはTouch IDに対応

導入時期

    2014年冬。

LINE PAYと連携したサービス

1.LINE TAXI

    ・LINE PAYで支払うタクシー配車サービス

    ・LINE経由でタクシーを呼ぶことができ、地図機能と連動して現在近くに居るタクシーの確認もできる

    ・今冬東京でスタート

2.LINE WOW

    ・LINE PAYで支払う配達サービス

    ・第一弾は『食』の配達

3.個人も『LINE@』を開設できるようになる

もう一つ発表されたのは、これまで店舗向けのみに提供がされていたLINE@の全ユーザーへの開放です。

『個人用LINE@』で何ができるようになる?

    ・LINEで1体1ではなく、複数のユーザーに向けたオープンなコミュニケーションが可能に。

    (イベントでは明言はされませんでしたが、ホーム投稿機能を使ったTwitter・Facebook的な使い方ができるようになると思います)

    ・趣味で何かを作っている人・個人ブロガー・インディーズバンドなどが特に活用できる

導入時期

    2014年年内。

最後に

いかがでしたでしょうか。3つ新サービスにより、「できるようになること」を中心にまとめました。

今回まとめた3つのサービス以外にも、GREE・Cyber Agentと提携したゲーム会社の新設や、Sony Music・AVEXと提携し新設する『LINE MUSIC』など、様々な方面に大きくLINEは展開してきました。

一般ユーザー視点で見ると、セキュリティ面も含めてLINE PAYがやはり一番気になりますね。割り勘システムは面白い機能だとは思いますが、反面クレカ決済・銀行引き出し両方に一気に対応してきたので、正直ちょっと抵抗がある…という方も、多いのではないのでしょうか。

個人的には、これまで店舗向けにのみ提供されていたLINE@の開放が非常に気になります。つまり、これまで個人間コミュニケーションに特化していたLINEで、これからは不特定多数にもアプローチする、Twitter的な使い方ができるようになる、ということですよね。

では、店舗のLINE@運用のあり方は変わってくるのでしょうか?もしくは、これを機に今後LINE@にまたアップデートがあるのかも…

LINE PAYの影響や、Uberに勝負を挑む「LINE TAXI」なども含めて、今後LINE・LINE@の企業活用がどうなっていくのか。そういった面にも注目していきたいですね。


以上、『【速報】1分でわかる新サービス「LINE PAY」「LINE MAPs for indoor」「個人用LINE@」まとめ。』でした。

あわせて読みたい関連記事

ついに始まった新LINE@の詳細まとめ。お店ページはWebで表示される|10分間の無料通話機能など。

LINEがWebサービスを全部もっていく?LINE@リニューアルの狙い・影響を推測してみた。

この記事に関するキーワード
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

001

注目が集まるLINEの運用型広告「LINE Ad Platform」種類や費用を徹底解説!

Messenger platformの発表

“陣取り合戦”は終わった? 世界のメッセンジャーアプリ比較と今後の戦略とは

LINE_広告メディアとしての恐ろしさ

メッセンジャーツールからプラットフォームへ。LINEの広告メディアとしての恐ろしさ

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス