ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2014.11.13

【Facebook】ニュースフィードを自由にコントロールできるようになる!?フォロー・フォローの解除が一元管理可能に。

Facebookでも情報の取捨選択が進んでいくかもしれません。

Facebook ニュースフィード フォロー 解除 コントロール 少なく

米国時間の11月7日に、Facebookはニュースフィードに表示されるコンテンツを管理しやすくなる2つの新機能発表しました。

1つは、簡単にフォロー・フォローの解除ができる設定の追加。もう1つは、特定の人が発信する情報の表示を少なくするというものです。

今回の記事では、こちらの2つの新情報の概要の紹介と、ニュースフィードのこれからのあり方の考察などをしていきたいと思います。

    ■目次

    ニュースフィードをより管理できるようになる!新機能の概要をご紹介。 

     1.フォロー・フォローの解除設定が簡単に

     2.特定の人からの投稿を「少なくする」

1.フォロー・フォローの解除設定が簡単に

ニュースフィードに投稿が流れてくる人のフォロー・フォローの解除が簡単にできるようになりました。

メニューのタブに、ニュースフィードの設定という項目があるので、そこをクリックします。

クリックすると、まずは『サマリー』画面に、先週投稿数が多かったトップ3のユーザー・ページと、フォローを解除した人が表示されるので、この画面上で、右側の「フォロー中」「フォローする」をクリックするだけでフォローの解除・再フォローが簡単にできます。

▼誰の投稿が一番多かったかもわかって面白いですね。

なお、フォローを解除しても、相手には通知が行きません。「サマリー」では全体の投稿数が多い順に表示され、「友達」「Facebookページ」「グループ」それぞれに絞ることもできます。

これまでは相手のページに行ってフォローの解除をする必要がありましたが、今後は一元管理されるようになります。

2.特定の人からの投稿を「少なくする」

また、特定の人からの投稿を少なくするように設定もできるようになったと発表しました。

(画像引用:http://newsroom.fb.com/news/2014/11/news-feed-fyi-more-ways-to-control-what-you-see-in-your-news-feed/

投稿右上のプルダウンメニューから「投稿を非表示にする」をクリックすると、『この人からの投稿の表示を少なくする』という設定ができる…ようになるとのことですが、こちらの設定は私の方ではまだ確認できていません。

いずれにせよ、こちらも相手には通知はいかないとのことなので、ニュースフィード上に表示されるコンテンツを自身で管理しやすくなりますね。

企業のFacebook運用に影響はある?

現時点では、例えばたくさんフォローを解除したユーザーには、そのスペースに別のコンテンツが表示されやすくなる…といった情報はありません。

今ある情報だけで単純に考えると、簡単にフォローを解除しやすくなるという点は、どちらかというと企業にとってはマイナスなように感じます。今後はより、投稿が隠されにくいように意識してコンテンツを作っていく必要が出てくるかもしれません。

ユーザー視点で見ると、これまではFacebookのエッジランクによって、ニュースフィードに流れてくるコンテンツがある意味管理されている状態だったのが、今後は少しではありますが、自身でも自由に管理できるようになります。

本来ネットは自身で情報を取捨選択する場なので、今後はFacebookでも受動的に流れてくるコンテンツを眺めるのではなく、積極的に見たいコンテンツがどんどん流れてくるように整理する場になるのかもしれませんね。今回の変更が与えるエッジランクへの影響なども、何かわかったらまたご紹介します。


以上、『【Facebook】ニュースフィードを自由にコントロールできるようになる!?フォロー・フォローの解除が一元管理可能に。』でした。

資料ダウンロードはこちらから
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス