ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.05.19

Twitter・Instagramそれぞれで最適なハッシュタグの数は!?人気のハッシュタグを簡単に調べる方法も紹介

■Twitter・Instagramで効果的なハッシュタグの数は?

当ブログでも幾度となく紹介しているハッシュタグ。現行のソーシャルメディアの中では、主にTwitterとInstagramでハッシュタグがよく使われています。ところが、その使い方は全く違うと言っても過言ではない程に異なっています。

もちろんどんなワードをハッシュタグに使うかも大事ですが、それぞれのソーシャルメディアによって効果的なハッシュタグの「数」も違っているんです。あまりたくさんつけると鬱陶しがられる印象の強いハッシュタグですが、その実態はどうなっているのでしょうか。

今回はそれぞれのソーシャルメディア別に、ハッシュタグがどのように使われているのかを調べてみました。

    ■目次

     1.インフォグラフィックで見るSNS別ハッシュタグ

      ・1.ハッシュタグをつけることでTwitterのエンゲージメントは2倍以上になる!

      ・2.Twitterで最も効果的なハッシュタグの数は1~2つ

      ・3.Instagramのハッシュタグは、11個付けたときに最も反応される!

     2.どんなハッシュタグを使うべきか?

      ・Twitterでの効果的なハッシュタグ利用法

      ・Instagramでの効果的なハッシュタグ利用法

インフォグラフィックで見るSNS別ハッシュタグ

ハッシュタグがどう使われているかを読み解くのに非常に有益なインフォグラフィック(2015/02/20公開)があるので、本記事ではこのデータを元に、TwitterとInstagramにおけるハッシュタグの運用について解説していきたいと思います。

ハッシュタグ

The Ultimate Guide to Hashtags

※以降で使用しているインフォグラフィックは、すべてこちらの画像を引用させていただきました。

ちなみにこのインフォグラフィックをつくったのは、ニール・パテルというWebマーケター。Forbesが選ぶWebマーケターTOP10に選出される程の人物とのことです。

参考記事:

10 Marketing Predictions You Should Prepare for in 2015

このインフォグラフィックからわかる大事なポイントは以下の3点です。

1.ハッシュタグをつけることでTwitterのエンゲージメントは2倍以上になる!

ハッシュタグをつけることでTwitterのエンゲージメントは2倍以上になる!

2007年に利用が始まったとされるTwitterでのハッシュタグ利用は、今ではもはや当たり前となっています。公式でもハッシュタグの動向を追っているのかトレンドのハッシュタグはトップ画面に表示されますし、特定のイベントや大喜利としてハッシュタグが使われることで、瞬間風速的に盛り上がる傾向があります。

こちらのインフォグラフィックでは、ハッシュタグをつけていないツイートに比べ、ハッシュタグがついたツイートはエンゲージメントが2倍以上となるそうなので、基本的にはハッシュタグを付けた方がいいということになりますね。

2.Twitterで最も効果的なハッシュタグの数は1~2つ

DwTqL_kwj7mixWP1431988787_1431988879

※上の画像のテキストを翻訳しておきます。

①ハッシュタグの数は1~2個が最適。2個よりも多くなると、ツイートのエンゲージメントが平均17%落ちる。

②ハッシュタグが1~2個ついているツイートは、ハッシュタグがついていないツイートよりもエンゲージメントが平均21%高い。

③ハッシュタグが1~2個ついているツイートは、55%リツイートされやすい。

④ハッシュタグがついていないツイートのうち、25%がリツイートされる。

⑤ハッシュタグがついているツイートのうち、40%がリツイートされる。

ハッシュタグをいくつ付けるのかは難しい問題です。平坦なテキストでやりとりされるコミュニケーションツールに、明らかに「押して!」と主張するかのように存在するハッシュタグは、読む人にとってノイズとなることもあります。そもそもが140字しか入力できないTwitterでは、ハッシュタグの存在はより顕著に感じられるはずです。

中には通常テキストよりもハッシュタグに使う文量の方が多いツイートもたびたび見受けられますが、このインフォグラフィックによると「1~2個」が最も効果的な数であるとされています。また、ハッシュタグが付いていないよりも、付いている方がリツイートされやすいようですね。

特にプロモーションに使用する際はあまり欲張らず、重要なワードを1~2個設定するのが最も効果的となりそうです。

3.Instagramのハッシュタグは、11個付けたときに最も反応される!

ハッシュタグ4

続いてInstagram。

Twitterよりもハッシュタグをよく使うソーシャルメディアであると認識されていますね。というのも、ユーザー検索機能がなくFacebookのようにシェアすることもできないInstagramでは、串刺しで投稿を見ることのできるハッシュタグを付けなければ投稿が広がっていきません。

ちなみに、ひとつの投稿に付けられるハッシュタグ総数はなんと30個!さすがに30個付けて投稿されている記事はあまり見かけませんが、10個近く付いていてもさほど違和感がないくらい、馴染んでいるように見受けられます。

そして最も反応率が高いのは11個。10個以下だと最高でも50%に届かないのに、11個だと79.5%と飛び抜けて高い反応率を示しています。付けすぎるとウザがられるTwitterとは違い、写真がメインでハッシュタグを付けて投稿するのが当たり前になっているInstagramでは、多くつけることが半ばスタンダードになっているようです。

どんなハッシュタグを使うべきか?

Twitterは1~2個、Instagramは11個が最適な数であることがわかりました。では、それぞれどういったハッシュタグをつけるのが効果的なのでしょうか?

中にはテキストすべてをハッシュタグにして会話しているようなツイートもあれば、テキストに装飾ができないソーシャルメディアで、太字にしたり文字色を変えたりする感覚でハッシュタグにしているような使い方もチラホラ見かけますね(ハッシュタグにすると文字色が変わるので)。

BZpoq9fAwoSnumq1431989928_1431989993

とはいえ、こういったものは異色の使い方。オーソドックスに考えるなら、トレンドのハッシュタグを設定した方が効果があるように思います。

それぞれのソーシャルメディアの視点から考えてみました。

Twitterでの効果的なハッシュタグ利用法

Twitterでは多くのハッシュタグをつけにくいことから、厳選されたハッシュタグをピンポイントにつけることが望ましいと考えられます。また、Twitterでは大喜利のお題のようなハッシュタグが一時的に人気を博したり、そもそも検索しやすいように考えられていないハッシュタグも頻繁に使われていますので、今現在どんなハッシュタグが流行っているのかを知っておいて損はありません。

Twitterのトレンドを解析するWebサービスもありますので、より検索で引っかかりやすいワードを選ぶようにしましょう。3つ程ツールをご紹介しておきます。

ついっぷるトレンド

ビッグローブが運営しているTwitterのクライアントツール「ついっぷる」を使っている人も多いのでは?このついっぷるトレンドというWebサービスでは、「画像」「まとめ」「HOT!」などいろんなカテゴリからTwitterのトレンドを解析してくれています。もちろんハッシュタグで検索することができるので、使えるワードがないか確認しておくとよいでしょう。

ついっぷるトレンド

hashtags jp

シンプルで見やすいハッシュタグの検索サイト。「トレンド」「新着」「イベント」の3カテゴリから検索できます。その他、ハッシュタグの登録も可能です。

hashtags jp

Hashtagify

こちらのサービスでは、調べたいハッシュタグで検索をかけると、そのワードと一緒によく使われているワードも調べてくれます。例えば「socialmedia」で検索してみると、やはり「#marketing」「#Twitter」「#Facebook」などが関連ワードとして選ばれているかがわかります。つけようとしているハッシュタグがあれば、ここで検索して関連ワードを調べ、関連性の高いハッシュタグをもうひとつつけるか検討してみるのもありですね。

hashtagify.me

Instagramでの効果的なハッシュタグ利用法

Instagramではハッシュタグを30個つけられる内、11個がベストという結果が出ています。これだけたくさんつけるとなると、正直ひとつひとつ設定していられないでしょう。ベストと考えられるワードを選んだら、関連するワードをピックアップしていくのが最も効率のいい方法ではないかと考えられます。

とはいえ、Twitterのようにハッシュタグのリアルタイムなランキングを調べるサービスが国内にはないため、海外のサービスをひとつ紹介しておきます。当然日本語検索はできませんが、Instagramは海外ユーザーが非常に多く、使われるハッシュタグにも英語表記のものが多いので、活用できるとこも多いでしょう。

top-hashtags

シンプルに、よく使われているハッシュタグをランキング形式で公開しています。「#love」というハッシュタグがダントツで1位を突っ走っているのがよくわかるかと思います。

ちなみに詳しく調べたいハッシュタグをクリックすると関連するハッシュタグがズラリと並びますので、そのまま利用してもよさそうですね。

top-hashtags.com

絵文字ハッシュタグ機能が利用可能に!

Instagram独自の機能として、4月27日(米国時間)から絵文字をハッシュタグに設定可能となりました。いかにInstagramがハッシュタグ運用に力を入れているかがよくわかりますね。

まだスタートしたばかりなのでどれだけ流行っているのか未知数ですが、絵文字とテキストを組み合わせたオリジナルハッシュタグなどが新たに生まれてきそうな気がします。

絵文字ハッシュタグ機能


いかがでしたでしょうか。

Twitter・Instagramともにハッシュタグの利用が盛んなソーシャルメディアですが、その利用実態には大きく差があることがわかるかと思います。特にInstagramでは独自のハッシュタグ(絵文字)を生みだしたりと、今後もハッシュタグを大きく取り扱っていこうと考えているように見受けられます。

今のうちに使い方をマスターし、効果的なハッシュタグ利用を心掛けてみてくださいね。

以上、『Twitter・Instagramそれぞれで最適なハッシュタグの数は!?人気のハッシュタグを簡単に調べる方法も紹介』でした。

資料ダウンロードはこちらから

関連記事

Twitterキャンペーン

【最新版】ついついフォロー、RT! Twitterキャンペーン事例まとめ

Instagramキャンペーン

【最新版】 プレゼント企画から来店促進まで Instagramキャンペーン事例まとめ

adish_古飛様02

Twitterの新しいマーケティング手法!「リプライマーケティング」とは?

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス