ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.07.17

とりあえず運用はNG! 3つの事例から学ぶ、B2B企業が持つFacebookページの目的とターゲット設定

3つの事例から学ぶ、B2B企業が持つFacebookページの目的とターゲット設定

B2B企業にとってのFacebookページ活用は、B2C企業に比べて会社や商品の認知度が低いので「いいね!」が集まりにくい、また自社のビジネスに関連した投稿を作成しにくいという課題があります。

そうしたことから、B2B企業はそもそもFacebookページを用意していないという場合が多くあります。しかし、一方で少ないながらもB2B企業であってもFacebookページを活用し、ビジネスに結びつけている会社もあります。

そこで今回は、3つの会社のFacebookページを取り上げ、どういった運用をしているのかを、ターゲット、投稿内容、売ろうとしているものから分析していきたいと思います!

    ■目次

    B2B企業が持つFacebookページの目的とターゲット設定について

     1.百年アーキテクチャ(ITインフラ編):コミュニティ

     2.面白法人KAYAC:ブランディング

     3.長谷川工業株式会社:製品紹介

1.百年アーキテクチャ(ITインフラ編):コミュニティ

001

このFacebookページの運営者は、株式会社オージス総研のオージス総研 プラットフォームサービス本部であり、ページのカテゴリを「コミュニティ」にしており、企業にもプロダクトにもよらないページ作りをしています。

同社のソーシャルメディアポリシーには、以下のように同アカウントの説明がされています。

長持ちするITインフラを構築するためにはどうしたらいいか、情報発信や議論を行うためのコミュニティサイトです。

なお、ページのタイトルにもなっている「百年アーキテクチャ」とは、同社が掲げるミッションであり、持続可能なIT、再生可能なITを指しています。

ページのターゲットは、Facebookページの説明に「情シス担当者様向け」と記載されています。情シス担当者向けに情報を発信し、双方向のやりとりができるコミュニティを目指していることがわかります。

投稿の1つが「今日の情シスの詩」シリーズで、いわゆる「情シスあるある」についての俳句です。情シスの担当者であれば、思わずニヤリとするようなやや自虐的なネタが投稿されています。

なにか問題が発生すると、やたら盛り上がる人。いますよね。#今日の情シスの詩

Posted by 百年アーキテクチャ(ITインフラ編) on 2015年6月28日

その他のコンテンツには、オウンドメディアの記事をシェアする投稿、そして長く続いている文化やモノを幅広く紹介するコンテンツがあります。「百年続く」というコンセプトを他の文化に重ねあわせながら伝えているのでしょう。

【昔から植物はエンターテインメントだった】遊園地というと、今では様々なアトラクションを中心にしたアミューズメント施設というのが一般的なイメージだろう。アトラクションの無い娯楽施設は、多分、今では公園と呼ばれるのだと思う。ただ、アトラ…

Posted by 百年アーキテクチャ(ITインフラ編) on 2015年6月11日

俳句にしろ、百年シリーズにしろ、テーマを決めることでターゲットや目的にブレない投稿ができますし、ネタを考えるのも楽になります。

ページ運用の最終的なゴールとしては、自社のソリューションへの興味喚起、問い合わせだと思いますが、そこは前面には出さず、まずは情シス担当者が楽しんだり、学べる投稿をしながらコミュニティとして運営しています。

2.面白法人KAYAC:ブランディング

002

続いて取り上げるのは、さまざまなおもしろい取り組みをしていることで有名な株式会社カヤックのFacebookページです。毎年奇抜な新卒採用をすることやサイコロの目で手当が決まるサイコロ給でもおなじみですね。

このFacebookページのカテゴリは「アートギャラリー」。企業のFacebookページですが、概要には「このFacebookページでは『面白法人カヤックの裏側』をお届けしています!日常風景、ニュースの裏話、社員のお悩み相談など」と書かれています。

話題に事欠かないカヤックですが、このFacebookページでは、カヤックという会社のおもしろさを伝える、「ブランディング目的」で運用されています。

おもしろいことをやる会社というのは、おもしろいことをやり続けないといけないという使命もあり、やり続けていることを見せる場として、Facebookページを活用しています。

投稿では、「カヤックで大事にされている言葉」が紹介されています。冒頭は露天風呂の日から始まります。

ソーシャルメディア運用では、話題の作りとして「今日は○○の日」にひっかけた投稿をすることが1つのテクニックになっていますが、「熱い」だけにかけた文章のこじつけ方は、ソーシャルメディアならではのゆるさ、おもしろさがあります。

【露天風呂より熱い!!】今日6/26は、六(ろ)・(てん)二(ふ)六(ろ) =「ろてんぶろ」の語呂合わせで、露天風呂の日なんだそうです。そんな2年前の今日、カヤックで大事にされている言葉の一つが生まれました。”仲間を助ける力を…

Posted by 面白法人KAYAC on 2015年6月26日

他の投稿でも小さいネタ、オチがあるものが多く、ニュースフィードに流れてきた時に、オチを期待してついつい「続きを読む」をクリックし、最後まで読みたくなるような投稿です。

その他、社員の紹介、新卒採用(今年はエゴサーチ採用!)、社内の設備紹介など、社内の情報をいろいろな角度から紹介しており、やはりカヤックは遊び心にあふれていて楽しそうだな!という印象を見る者に与えます。

長谷川工業株式会社:製品紹介

003

長谷川工業株式会社は、脚立、足場、高所作業台などを提供する企業です。

商品ラインナップだけを見ると、一見地味な印象を受けるかもしれませんが、同社が提供する脚立やはしごは非常にオシャレで、海外のデザイン賞を何度も受賞しています。

004

また同社は、脚立に特化したFacebookページ「ハセガワ脚立デザイン研究所」も運用しています。

こちらは、「商品・サービス」のカテゴリーで主に店舗での導入などを紹介していることが多いですが、一般消費者も含めたスタイリッシュな脚立を取り入れたライフスタイルの提案をしています。

長谷川工業のFacebookページでは、展示会の出展情報やメディアの掲載情報などを投稿しています。その中で目を引くのが、自社商品の取り付け方や組み立てを紹介するYouTube動画の紹介です。

取り付け方法を実践し、字幕の説明などを入れて紹介するシンプルな動画で、これから使おうと思っている人や購入を悩んでいる人にとっては「どういったものなのか」がわかりやすく示されています。

【製品動画公開しました!】この度、お客様からよくお問い合わせいただいておりました、【3連はしごのロープ取付方法】につきまして、動画を公開いたしました。今まで少し判りづらかった取付方法ですが、この動画をご覧いただくと、初めての方でも簡単…

Posted by 長谷川工業株式会社 on 2015年6月2日

取り付け紹介動画に加え、最新版Webカタログのダウンロードへの誘導などもあることから、このFacebookページのターゲットは「既存顧客、見込み顧客」だと考えられます。

脚立としての使いやすさ、安定感はもちろんデザインにまでこだわった製品に固定ファンも多いと思われ、B2Bでもダイレクトに製品の魅力を伝えるページは有効であることがわかります。

また「ハセガワ脚立デザイン研究所」では、製品を全面に出した投稿が多いですが、おしゃれでスタイリッシュなので、アパレルブランドの投稿のようです。

独・フランクフルト展示会にて人気の1ステップのNewカラーが新登場!日本発売は今春予定

Posted by ハセガワ脚立デザイン研究所 on 2015年2月13日

目的、ターゲットにあわせた運用をしよう

さて、今回は、コミュイティ、ブランディング、製品紹介という異なる活用をしている事例を取り上げました。どれも外から見てもターゲットや目的がわかるような運用をしています。

B2B企業で運用にお悩みの方は自社がどのような目的で誰に向けて運用したいのかを整理して、コンテンツを考えていくとよいでしょう。

なお、今回の調査にあたって、バイオ・医薬品業界、素形材業界など、インターネットサービスとはあまり関係ない業界で探してみましたが、やはりまだまだFacebookページ運用を積極的にやっている事例がみつかりませんでした。

もっといろいろな業界がFacebookページを運用することで、業界外の人たちにも情報を届けられ、新たなコラボによるイノベーションが生まれる可能性もあると感じました。

「うちは関係ない」と思っているB2B企業こそ、新たなチャンスになるかもしれないので、ぜひチャレンジしてみてください。

この記事に関するキーワード
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

010

Facebook/Instagram /Twitter…SNSごとに投稿内容は変えるべき?企業事例から学ぶ“コストをかけない”使い分けのポイント

各SNSのキャンペーン使い分け

Facebook・Instagram・Twitterどれを使う?キャンペーン時のSNSの最適な使い分けとは

tom_Feature

ファン数1,800万人!「Tokyo Otaku Mode」が語るFacebookのこれまでとこれから

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス