ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.11.15

【効果事例つき】徹底解剖!Twitter広告のすべて

Twitter広告の全て

2015年11月にはあらたな出稿方法も増え、ますます便利になったTwitter広告。今回は、出稿方法や設定、種類などについて、事例つきでまとめました。

カスタムオーディエンス機能を深く知りたい方には、こちらもございます。

    ■目次

  1. Twitter広告とは
  2. Twitter広告の種類
  3. Twitter広告の出稿方法
  4. Twitter広告の設定
  5. Twitter広告の国内事例と効果
  6. まとめ

1.Twitter広告とは

Twitter広告とは、「フォロワー数の増加」や「特定のツイートのリーチ上昇」、「外部サイトへの誘導」「情報拡散」の目的で、Twitterでタイムラインなどに表示される広告を言います。

Twitterは若年層の利用が多いので、Twitter広告は特にその世代へのアプローチが期待できます。

Twitter広告が表示される場所

Twitter広告は以下の場所に表示されます。広告の種類ごとに、表示される場所が異なります。

001_r

002_r

■おすすめユーザー

おすすめユーザーはPC画面の右上に表示されます。スマホやPCでタイムラインへの表示も可能です。

■トレンド

トレンドはPC画面の右か左、スマホではキーワード検索画面で表示されます。

■ツイート

ツイートを広告配信するさいには、通常のタイムライン内にインフィード広告の形で表示されます。

2. Twitter広告の種類

Twitter広告には3つの種類があります。

① プロモアカウント

タイムライン右上のおすすめのユーザー欄に表示される広告。Twitterアカウントの認知と、フォロワー数の獲得を目的としており、まずはフォロワー数を増やしたい場合に効果的です。

▼PCの場合

007_r

▼スマホの場合

008_r

② プロモツイート

一般的なツイートと変わらない、ツイート型広告。アカウントではなく、ツイート単体の宣伝を目的としており、商品やサービスの認知、サイトへの流入が見込めます。

◆PCの場合
011_r

◆スマホの場合

012_r

プロモツイートの場合、さらに以下の2種類に分けられます。

プロモツイート inサーチ

広告主が設定したキーワードでユーザーが検索した場合に、検索結果の一番上に表示されるプロモツイートのこと。通常のツイートと同様、「お気に入り」「リツイート」「返信」ができ、非表示にすることも可能です。

プロモツイート inタイムライン

ユーザーのログイン時とページ更新時にタイムラインの一番上に表示されるプロモツイートのこと。同じツイートの配信は、1ユーザーに対し、1日1回と制限されています。

③ プロモトレンド

タイムライン右側にあるトレンドの最上部に表示され、クリックすると検索結果の最上部に表示される広告です。ユーザーに見られる頻度の高い場所のため、話題に便乗することができます。

◆PCの場合

009_r

◆スマホの場合

010_r

3. Twitter広告の出稿方法

Twitter広告の出稿方法は、従来のYahoo!プロモーション広告を用いる方法に加えて、2015年11月にセルフサービス式が追加されました。

Yahoo!プロモーション広告を用いる場合は、Yahoo!が扱う出稿プラットフォームを通してTwitter広告を出稿することができ、セルフサービス式では、Twitter画面から直接、広告を出稿することができます。

セルフサービス式は、主に中小企業や個人事業主の方を対象にした広告で、広告のキャンペーン設定や分析、予算管理の方法などが改善されています。

そのほか異なる点は2つ。

◆決済方法

Yahoo! プロモーション広告を用いる場合の決済方法は、クレジットカードか銀行振込。セルフサービス式はクレジットカードのみとなっています。

◆サポート体制

Yahoo! プロモーション広告を用いる場合では、電話とオンラインによるサポートとなっていますが、セルフサービス式は、現時点ではオンラインのみとなっています。

スライド3

現在、Yahoo!プロモーション広告でTwitter広告を利用している場合、同一のユーザー名でセルフサービス式のTwitter広告を利用することはできないので、注意が必要です。

4. Twitter広告の設定

広告の設定で重要なのは、キャンペーンの目的を明確にすることと的確なターゲティングを心掛けることです。ここでは、主にYahoo! プロモーション広告を用いる場合の出稿目的と課金方式、ターゲティング項目についてお伝えします。

キャンペーン目的と課金方式

a

キャンペーンの目的は7種類です。設定した目的を達成したときのみ課金対象になり、それ以外のアクションは課金されません。

①  フォロワー

より多くのフォロワーを獲得したい場合に選択します。広告経由で獲得したフォロワー数に対して課金されます。(CPF:コスト・パー・フォロー)

ツイートのエンゲージメント

より多くのエンゲージメントを獲得することを目的としたキャンペーンの場合に選択します。エンゲージメント(広告が配信されたユーザーの初回の反応)に対して課金されます。(CPE:コスト・パー・エンゲージメント)

動画の再生数

動画を多くのアカウントに見てもらうことを目的にします。3秒以上の再生または動画へのクリック操作をカウントし、再生数に対して課金されます。

ブランド認知度の向上

ツイートをプロモーションしてリーチを獲得したい場合に選択します。CPM(インプレッション単価)に対して課金されます。

ウェブサイトのクリックまたはコンバージョン

より多くのユーザーをウェブサイトへ誘導したい場合に選択します。広告が配信されたユーザーの初回のウェブサイトへのリンククリックのみ課金対象となります。(CPLC:コスト・パー・リンククリック)

アプリのインストール数またはアプリの起動回数

スマートフォンやタブレット向けのアプリのインストール数や起動を増やしたい場合に選択します。アプリのインストール画面への移動やアプリの起動のみに課金されます。(CPAC:コスト・パー・アプリ・クリック)

リードジェネレーション

ニュースレターや特別キャンペーン情報の送信などのために、Twitterユーザーのメールアドレスを収集したい場合に選択します。獲得したメールアドレス数に対して課金されます。

ターゲティングできる項目

Twitter広告では以下の項目をもとにターゲティング設定ができます。

013_r

・言語ターゲティング

言語を指定してプロモーションします。

・性別ターゲティング

性別を指定してプロモーションします。

・インタレストターゲティング

特定の事柄に関心がある人にキャンペーンを配信します。

・フォロワーターゲティング

キャンペーンに関連しているアカウントのフォロワーにプロモーションします。

・端末ターゲティング

OSや端末の種類などでユーザーを指定してプロモーションします。

・行動ターゲティング

買い物履歴やライフスタイルから対象を指定してキャンペーンを配信します。

・テイラードオーディエンスターゲティング

さまざまな要素でマーケティング用の顧客リスト(CRMリスト)を使って指定したユーザーにプロモーションします。

・キーワードターゲティング

検索とタイムラインのキーワードでユーザーを指定してプロモーションします。

地域ターゲティング

キャンペーンの対象を国や地域、都市に絞ることができます。

Twitter広告のクリエイティブ

Twitter広告のメリットは「拡散されること」です。そのために重要なことはツイート文とウェブサイトカードを効果的に利用することです。これはクリエイティブ画面で管理することができます。
yahoo

yahoo2

引用元:http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/course/twitter/start/start.html

ツイート文は、情報や広告といった“広告らしさ”をなくし、悩みや思いを共有できるユーザー目線のツイート文が拡散されやすくなっていますので、定期的に見直すことをおすすめします。

また、ウェブサイトへの誘導に特化した機能「ウェブサイトカード」は、800×320ピクセルの画像とウェブサイトの説明、ボタンで構成されており、カードをクリックすることでリンク先のURLへ移動させることができます。

Twitter広告で使えるカードの画像サイズ

また、Twitter広告で使用できる画像サイズを目的別に紹介します。
(Twitter広告では、画像または動画の素材を「カード」として登録します)

<サイトに誘導したい>
・ウェブサイトカード:800×320ピクセル

<アプリのインストールを促したい>
・ベーシックアプリカード:144×144ピクセル
・イメージアプリカード:800×320ピクセル
・Video Appカード(動画のみ):320×180ピクセル

<ユーザーに登録してほしい>
・リードジェネレーションカード:800×200ピクセル

プロモツイート inタイムライン

ユーザーのログイン時とページ更新時にタイムラインの一番上に表示されるプロモツイートのこと。同じツイートの配信は、1ユーザーに対し、1日1回と制限されています。

5. Twitter広告の国内事例と効果

最後に効果のあった事例について、日本国内のアカウントから3つご紹介します。

① 松竹株式会社

動画Vineで一次、二次拡散に成功

映画好きっていいなよ。

日本の映画や演劇の製作や興行、配給を手がける松竹株式会社は、映画「好きっていいなよ。」のプロモーションの一環として、Twitter広告を利用。

公開7ヶ月以上前にアカウントを立ち上げ情報を配信。公開3ヶ月前にプロモアカウントを実施し、45,000件以上の良質な新規フォロワーを獲得することに成功。


その後、プロモツイートでキャンペーン情報を一斉に拡散。作品の名シーンをTwitterの6秒ループ動画アプリVineや画像で見せることで、一次拡散、二次拡散を得ることができ、Vineの再生回数は12万回以上となりました。

ティーンや女性、少女漫画などのキーワードや関連するアカウントなど、的確なターゲティング設定で最大38.14%の高いエンゲージメント率を記録。

② Mercedes-Benz Japan

サッカーワールドカップのタイミングを有効利用

Mercedes-benz Japan

自動車メーカーのMercedes-Benz Japanは、新型車の発売と新たなアンバサダーとしてサッカー日本代表選手を起用したことを効果的に発表したいと考え、サッカーワールドカップ日本代表選のタイミングを活用した3日間のキャンペーンを展開。

キャンペーンでは、公開されたばかりの新型車の発売予告CMにプロモビデオを活用し、再生回数は335,000回以上を記録。プロモツイートでは、ワールドカップのグループリーグ日本代表戦のタイミングに合わせて、サッカー、自動車、ワールドカップそれぞれのユーザーへアプローチすることで、7.5%以上という高いエンゲージメント率を獲得しました。

3日間の配信中、リツイートは4500回以上。適切なタイミングで適切なターゲティングをおこなって成果をだすとともに、アンバサダーとの関連を活用した新たなユーザー層へのアプローチも実現しました。

③ 江崎グリコ ポッキー

ユーザー参加型キャンペーンで効果を出す

江崎グリコポッキー

国民的ブランド、ポッキーを販売する江崎グリコ株式会社は、11月11日をポッキー&プリッツの日とし、毎年記念イベントを実施。今回のキャンペーンは「24時間に最もツイートされたブランド」としてギネス世界記録を樹立するために、若者に人気のTwitterを利用。

11月11日はポッキー&プリッツの日

プロモトレンドとプロモツイートを併用し、キャンペーン告知とツイートの呼びかけを実施。1日のツイートは3,710,044回となり、ギネス世界記録を更新。Twitterユーザーの購入率も4倍に上昇しました。

ツイートを促進させるために、多くの人をキャンペーンに関わらせる、誰もが参加できるキャンペーンにする、当日もユーザーに興味のある話題を提供するなどをおこない興味関心を継続させ、購入へとつなげていったのです。

5.まとめ

消費行動の活発な若いユーザーが多く、リーズナブルなクリック単価が魅力のTwitter広告ですが、より効果的な広告にするためには、リアルタイム性や盛り上がりを求めるユーザー特性を上手く利用した施策が必要だといえます。

最適な広告が出稿できれば、単なるブランド認知度向上だけでなく、感度の高いユーザーの商品・サービス購買や契約さえ促せます。ぜひご検討してみてください。

この記事に関するキーワード
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

44

おもしろ商品宣伝から、リツイート戦略まで! ECサイトのTwitter活用

【事例つき】 ユーザーに受け入れられるSNS投稿の企画方法・ポイントを解説!

40

再申請でも大丈夫!Twitterの認証バッジ(青いチェックマーク)の申請方法・ポイント

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス