ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.08.04

【実益に直結!】O2Oを目的としたFacebook投稿事例と投稿のポイント

FacebookO2O投稿事例
多くの企業がFacebookページをプロモーションに導入するなか、O2O(Online to Offline)を狙った投稿に成功している事例も生まれています。それらのページを見ると、Facebookで自社の商品・サービスの紹介をするだけではなく、消費者を動かし、購買活動へとつなげる「プラスアルファ」のコツが隠されているようです。
ここでは、具体的にどんな投稿のコツがあるのか、事例を紹介しながら解説していきます。

    目次

  1. O2Oを目的とした投稿事例8選
    • au
    • Triumph Motorcycles Japan
    • ハウステンボス
    • クレバリーホーム
    • DelReY JAPAN
    • Skymark Airlines / スカイマーク
    • ミッフィー情報サイト
    • はなまるうどん
  2. Facebook投稿でO2Oを狙う際のポイント
  3. まとめ

O2Oを目的とした投稿事例8選

au

参照:https://www.facebook.com/aubyKDDI

大手携帯キャリアのauは、Facebookページの発信も活発。ほぼ毎日新規投稿があり、内容は新商品やキャンペーンの紹介、CM動画、暇つぶしになるクイズ、季節感のあるソフトな話題など、バラエティに富んでいます。

特にO2Oを狙った例として目を引くのが、文頭に「auじゃなくてもOK」と書いた上での「期間中、キャンペーンに参加していただくとauショップでスムージー無料交換チケットをプレゼント!」という投稿。この一文が「自分はauを利用していないから、店に行きにくい」と思っている新規顧客にも、店舗まで足を運んでもらうきっかけになるのではないでしょうか。

Triumph Motorcycles Japan

参照:https://www.facebook.com/OfficialTriumphJapan/

トライアンフ・モーターサイクルズはイギリス発祥のバイクブランドであり、現存する最古のオートバイ製造販売会社のひとつ。もちろん、根強いファンを抱えています。

そんなファンにとって、ブランドロゴの入ったノベルティグッズは大きな魅力。「フェアー期間中に来店、アンケートに答えたユーザー」に対してオリジナルロゴステッカーシートをプレゼントするという内容の告知を投稿して、ユーザーへ来店を促しています。

ハウステンボス

参照:https://www.facebook.com/huistenbosch

長崎県佐世保市のハウステンボス。集客のために、頻繁に何らかのイベントを打ち出しています。そんなイベントの中に、期間限定のアトラクション「機動戦士ガンダム スペシャルシアター」と連動したキャンペーンが。

機動戦士ガンダムといえば、テレビでの放送が始まって以来、キャラクターグッズなどの総売上は3,000億円以上の経済効果を上げているといいます。ファンには見逃せない限定グッズを販売するほか、オープン記念にハウステンボス場内に隠れている「ネーデルガンダム」のイラストを探してTwitterに投稿すると、イベント限定ガンプラセットなどが当たるキャンペーンを開催。「ユーザーが実際にハウステンボスへ遊びに行く→ユーザーの楽しそうな体験の口コミがTwitterで拡散される」というフローで、O2Oの相乗効果が期待できます。

クレバリーホーム

参照:https://www.facebook.com/CLEVERLYHOME/

自由設計の住宅メーカー・クレバリーホームのFacebookページでは、モデルハウスのお知らせ、これから家を建てたい人へ向けたお役立ち知識、建築実例などが投稿されています。

そのほかに内覧会の情報もあり、ただ参加予約を受け付けるだけではなく、「Web予約の上アンケートに答えた新規ユーザーへの特典」と限定して、QUOカード500円分プレゼントを告知しています。こうすることで、ユーザーにイベントに足を運んでもらい、メーカーが知りたいと思うアンケート回答を得るまでの流れをより確かにできるでしょう。

DelReY JAPAN

参照:https://www.facebook.com/delrey.tokyojapan/

創業1949年、ベルギーの老舗チョコレート店デルレイ。世界中のショコラ好きに愛されてきたというそのチョコレートは、お洒落でプレミア感があり日本でも人気です。Facebookページにも高級感が漂っていて、ユーザーの目を引きつける新商品情報などがメイン。

そんなデルレイでも「来店の上3,000円以上お買上げいただきましたお客様に、ささやかながらプレゼントをご用意」と、女性ユーザーの購買意欲を誘う投稿が。「おいしそう、素敵」「いつか行ってみたい」とオンラインで見ているだけの段階から、「せっかくだったらキャンペーンの期間に行ってみよう」とユーザーを行動へ誘う効果が狙えます。

Skymark Airlines / スカイマーク

参照:https://www.facebook.com/skymark.official/

航空会社スカイマークはFacebookでの情報発信も活発で、概ね毎日投稿されています。タイガースジェットの運行情報やキャンペーンの告知、おすすめの機内販売品紹介など、空の旅の楽しさが伝わってくる内容です。

キャンペーンの中には、期間中に搭乗したユーザー対象の抽選があり、豪華なホテル宿泊券やディナー券が当たるというもの。旅行好きのリピーターを増やすのに一役買ってくれそうです。

ミッフィー情報サイト

参照:https://www.facebook.com/miffyjapan/

日本でも長い間愛されているキャラクター「ミッフィー」。ミッフィー情報サイトのFacebookページは、ディック・ブルーナのイラストを商品・広告宣伝に使用しているライセンシー企業及び関連企業から組織された「ぶるーな倶楽部」が運営。
数多くのミッフィーファンがいいね!をするFacebookページでは、新しいミッフィーグッズやイベントの紹介が。中には、ノベルティーキャンペーンで店舗への集客を狙うイベントも見られます。

はなまるうどん

参照:https://www.facebook.com/hanamaruudon.jp/

はなまるうどんは、全国に店舗を展開する讃岐うどんチェーン。当然、Facebookページにはおいしそうなうどんメニューの写真が並びます。はなまるうどんの投稿では、gifアニメのルーレットで「画像のルーレットをタップして、あたりが出れば「北海道産海鮮松前漬けのとろ玉ぶっかけ」が50円引きでお召し上がりいただけます」というゲームがありました。何回でもチャレンジ可能で、あたりが出た場合はスクリーンショットを撮って店舗で見せるルールです。このように、ユーザーが気軽に楽しめるゲームで店舗で使えるクーポンを発行すれば、遊び感覚で利用してもらえそうです。

Facebook投稿でO2Oを狙う際のポイント

FacebookをO2Oに活用している企業実例を見ていくと、実際に来店・来場するとノベルティーグッズやプレゼントがもらえる、というパターンがセオリーのようです。その中でも、

      1. 新規顧客の拡大
      2. リピーターを増やす
      3. ユーザーから口コミを拡散してもらう
      4. 企業が得たいマーケティング情報を得る

など、目的別によっていろいろなキャンペーンの方法があることが見えてきます。

まとめ

様々な企業によるFacebookの情報発信は数多く見られるようになってきましたが、ユーザーにオフラインで行動・購買してもらうためには、投稿に工夫が必要なようです。ご紹介した実例を参考に、来店するともらえるノベルティーや特典のキャンペーンを、狙うターゲットごとの方法で発信していくと良いでしょう。

ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

70

タイムラインの表示順はどう決まる?Facebook・Twitter・Instagramに分けて徹底解説

教育業界Facebook事例

教育業界(学校・大学・塾など)のFacebook活用事例

Facebook観光・旅行業界事例

【事例つき】ユーザーを引きつける! 観光・旅行業界Facebook活用ポイント

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス