ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2012.04.05

いつかこんなカバー写真作りたい!企業Facebookページのクリエイティブなカバー写真事例10選

企業Facebookページのクリエイティブなカバー写真事例

皆さんのFacebookページでは、どのようなカバー写真を設定していますか?

一日ずれはありましたが、3月31日に日本でもFacebookページが完全にタイムラインへと移行しました。

個人ページでのカバー写真は、かなり工夫を凝らしたものも各サイトで紹介されていますが、企業活用でカバー写真とプロフィール写真を上手く組み合わせている事例はまだ中々見当たりません。

今回の記事では、日本の事例と海外の事例をタイプ別に5つに分類し、10個紹介していきます。

以前書いた、Facebookタイムラインのカバー写真作りで使える14個のサービスでご紹介したような素材を利用する事も可能ですが、出来れば面白いカバー写真作りたいですよね。ガイアックス ソーシャルメディア ラボのFacebookページもいつか今回ご紹介したようなのを作りたいです。。

皆さんの参考にもなれば幸いです。

■目次

・タイプ1.商品ラベルをプロフィール画像に合わせる

・タイプ2.商品の模様を活かす

・タイプ3.一枚画像にロゴを入れる

・タイプ4.一枚画像にキャラクターを加える

・タイプ5.二つの画像をユニークに組み合わせる

良かったら写真つながりという事で、『Facebookに写真投稿する時に使える隠し技|実は3個×3個で表示できるんです。』の記事もご覧下さい。

タイプ1.商品ラベルをプロフィール画像に合わせる

ポカリスエット/大塚製薬

大塚製薬さんのポカリスエットのFacebookページです。”POCARI SWEAT”のロゴがちょうどプロフィール画像の部分に来るよう工夫しています。

また下の小さな窓の写真にも拘っていて、全体的にポカリスエットのさわやかさが表現された作りになっています。

オロナミンC//大塚製薬

続いて今度も大塚製薬さんのオロナミンCのFacebookページ。キャッチフレーズである”元気ハツラツ!”のロゴに合わせています。

ビンの絵と合わせても、動きが伝わってくる見事な組み合わせです。

Corona Extra/Corona

海外のCoronaが販売しているCorona ExtraのFacebookページで、こちらもロゴにずばり合わせています。

カバー写真がシンプルなだけに、全体としてスッキリ仕上がっていますね。

タイプ2.商品の模様を活かす

iida/KDDI

auのオリジナルブランドiidaのFacebookページです。

その特徴とも言えるドット柄の模様を、カバー写真とプロフィール写真とで上手く組み合わてデザインしています。とてもスタイリッシュに仕上がっています。

タイプ3.一枚画像にロゴを入れる

てんみ予報

「神さま予報!99%にこ」の公式姉妹ページで、占い型の様々な「予報」アプリを出しています。

ファンシーなカバー写真に、プロフィール写真の部分だけ、上からロゴ入りのキャラクターを重ねて作成しています。

Big Cat Rescue

Big Cat RescueのFacebookページです。トラがカボチャに飛びつくカバー写真で、プロフィールにカボチャが来るように設定し、その上にロゴを後からくっ付けています。

ロゴの絵とカバー写真の相関性や、絵の構図などが非常に秀逸です。

Lenovo

ThinkPadなどのPC販売で有名なLenovoのFacebookページ。宇宙船の中にパソコンが浮かんでいる画像の続き絵として、プロフィール画像を設定しています。

プロフィール画像の部分にはブランドのロゴを入れていて、lenovoらしいクールなデザインになっています。

こちらはレノボ・ジャパンのFacebookページ。カバー写真は違うものを使っていますが、構成は同じにしているようです。

ブランドの統一感が出せていて、参考になるポイントと言えます。

タイプ4.一枚画像にキャラクターを加える

フェイスブックなび

非公式のfacebookのナビゲーションサイト、フェイスブックなびのFacebookページです。

もともと黒板だけの画像に、プロフィール写真の部分にマスコットキャラクターの絵を合わせています。

マスコットキャラを作っている企業は、こちらのセンスを参考にしてみるといいでしょう。

Old Spice/P&G

P&Gが出しているブランドOld SpiceのFacebookページ。こちらはフェイスブックなびのキャラクターとは違い、CMで出演している男性をプロフィール画像部分に起用。

カバー写真の火山や動物の瞳も合わさって、とても迫力のあるトップになっています。

タイプ5.二つの画像をユニークに組み合わせる

Coca-Cola

Coca-ColaのFacebookページ。こちらはもともと違う二枚の画像を、カバー写真に一工夫入れることで繋がりのある仕上がりにしています。

まるでコカ・コーラボトルから泡が出てきているように見えますね。


以上、という事で『いつかこんなカバー写真作りたい!企業Facebookページのクリエイティブなカバー写真事例10選』でした。

(執筆 左納、編集 井出:Facebooktwitter

今回の記事はお役に立てましたでしょうか?もし気に入って頂けたら、こちらからお友達におススメして頂けると嬉しいです↓

資料ダウンロードはこちらから
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス