ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2012.04.19

参加意欲に361倍の差!Facebook懸賞キャンペーンでウケが良いプレゼントを調べてみた|当選金額と人数の組み合わせだけでもこんなに違うw

Facebook懸賞キャンペーンの応募率は、当選金額と当選人数の組み合わせでこんなに違う!

Smile / Moyan_Brenn

Facebookの懸賞キャンペーンで、どんなプレゼントを用意すれば参加率が高まるか、ご存知ですか?

インターネットリサーチのマクロミルさんと一緒に調査をしたのですが、プレゼント内容によって、参加意欲に361倍の差がでました。

詳細は後述しますが、それ以外にも、プレゼント費用に10万円の予算を使うのでも『一人あたりの当選金額』と『当選人数』の組み合わせを少し変えるだけで、参加意欲に30倍以上の差が出ました。

また、商品券は商品券でも、種類によって参加意欲に約9倍の開きも出ました。(やっぱりプレゼント内容って重要なんですね。)


「本当のファン」を増やすためにも、まずはFacebookページにいいね!して(=ファンになって)貰わないと始まりません。

以前、別な調査をしたところ、『キャンペーンを実施しているとファンになりたい』と答えた方が65.0%いた事を考えても、キャンペーンはファン獲得にとても効果的です。

今回の調査もぜひキャンペーン企画にお役立て下さい!

■目次

Q1. 懸賞キャンペーンでAmazonギフト券を貰うとすると、どれが最も参加したくなるか?

Q2. どの商品券であれば懸賞キャンペーンに最も参加したくなるか?

Q3. どんなプレゼントだと懸賞キャンペーンに参加したくなるか?

Q4. ツイートをすると当選確率が2倍になるならツイートするか?

Q5. 最低成立人数がある懸賞キャンペーンがあれば、友達を誘うか?

Q6. 懸賞キャンペーンに参加した後、ファンを解除するか?


ラボのFacebookページでは記事で書いていない情報も発信中!

よかったら記事を読む前に「いいね!」をお願いします!

Q1. 懸賞キャンペーンでAmazonギフト券を貰うとすると、どれが最も参加したくなるか?

A. 2,000円が50名に当たる場合が最も多く38.6%

Facebookページで実施されている【Amazonギフト券があたる懸賞キャンペーン】に参加するとしたら、「金額」「当選人数」がどのパターンだと最も参加したくなるかを調査しました。

予算が同じく10万円でもこれだけ差が出るのですね。

当たる可能性を感じて貰えるか?が大切

この結果を見ると、いくら当選金額が低いとしても、『当たるかもしれない!』という期待値が高いほうが参加意欲が高まることが分かりました。

※また、「高額商品が当たる」よりも「ちょっとしたものでも何かしらのプレゼントが当たる」ほうが、ファンが喜んでくれるという調査もあります。

【保存版】Facebookって効果あるの?と思った時に見るべき16個の調査結果|やっぱり商品購入にもつながっていた!の「Q14.ファンになった後に何をされると嬉しいか?」を参照。

500円だと貰うのが面倒

500円×200名より2,000円×50名のほうが参加意欲が高くなりました。

これはプレゼントも『役に立つ』内容にならないと意欲が減退するからだと考えています。(2,000円あれば大抵の本は購入できます。)

一報、500円だと、仮にあたったとしても「受け取るのが面倒」という心理が働く方が一定層いるのかなと思います。(私も面倒だと思ってしまいますし。。)

Q2. どの商品券であれば懸賞キャンペーンに最も参加したくなるか?

A. JCBギフト券が25.4%、Amazonギフト券で25.0%

Facebookページで実施されている【商品券が当たる懸賞キャンペーン】に参加するとしたら、どの商品券であれば最も参加したくなるかを調査しました。

JCBギフト券(25.4%)とAmazonギフト券(25.0%)が僅差になりました。

ただ、微妙に年代層などによって違いが出てきました。一応Fantastics懸賞アプリのご利用企業様に希望頂ければデータを差し上げる形にしているので、良かったらこちらからご連絡下さい。

Q3. どんなプレゼントだと懸賞キャンペーンに参加したくなるか?

A. 商品券が72.2%で圧倒的に1位

Facebookページで実施されている【懸賞キャンペーン】に参加するとしたら、どんな賞品がプレゼントになっていると参加したい気持ちが高くなるかを調査しました。(当選人数は、「5万円÷賞品代」で購入できる人数分としています。)

商品券が圧倒的ですね。。

Q4. ツイートをすると当選確率が2倍になるならツイートするか?

A. 77.6%の方がツイートしてくれる。

Facebookページの懸賞キャンペーンで、「自分が応募した懸賞キャンペーンについてツイートをすると、当選確率が2倍になる」としたら、ツイートして友達に紹介するかを聞きました。

ガイアックスの確率アップ型Facebook懸賞キャンペーンアプリでも、ツイートで集客に成功しているお客さんも少なくないので、ユーザー心理的にも効果的なのかなと思いました。

例えば、アクトビラさんにも確率アップ型懸賞を使って頂いてます。(4/19まで)

↓応募が完了するとこういったボタンが出てきて、ツイートすると応募口数が増える仕組みです。

※念のためですが、「シェアで確率アップ」はFacebookの規約違反だと思われます。

Q5. 最低成立人数がある懸賞キャンペーンがあれば、友達を誘うか?

A. 56.8%の方が友達も誘って成立させようとしてくれる。

Facebookページの懸賞キャンペーンには最低成立人数がある場合、応募した段階ではまだ成立人数に達していなければ、友達に紹介して参加をお願いするか、を聞きました。

という事で、過半数以上の人が「ツイートして紹介する」という一手間をかけてくれる事が分かりました。

ガイアックスの共同参加型Facebook懸賞キャンペーンアプリも、実施企業さんでは集客に成功しているところもありました。(ただ、個人的には上記で紹介した確率アップ型のほうが『当たる期待値が高い』ので集客しやすいかなと思ったりしています。)

Q6. 懸賞キャンペーンに参加した後、ファンを解除するか?

A. 「一度も解除していない」が79.9%

懸賞キャンペーンに応募するために「いいね!」を押した後、「いいね!」を解除するかどうかを聞きました。

はじめて懸賞キャンペーンを実施される会社さんは、「懸賞後いいね!を解除されるのでは?」と不安がられる方もいらっしゃいますが、解除される心配がほとんど無い事が分かりました。

調査概要

調査方法 インターネットリサーチ
調査地域 全国
調査対象 15-59才の男女(職業、未既婚、子供の有無は指定なし)
有効回答数 500サンプル
調査日時 2012年04月17日(火) ~ 2012年04月18日(水)
対象者条件 Facebookのアカウントを持っていて、週に1~2回はFacebookにログインして、何かしらのの企業・団体のFacebookページにいいね!をしている人から優先抽出
調査主体 GaiaXソーシャルメディア ラボ

以上、『参加意欲に361倍の差!Facebook懸賞キャンペーンでウケが良いプレゼントを調べてみた|単価と当選人数の組み合せでもこんなにw』でした。

「お問い合わせ」「見積もり依頼」「資料請求」はこちら

FacebookキャンペーンアプリASP『Fantastics(ファンタスティクス)』の
サービス紹介サイトはこちら

ガイアックスでは、今回ご紹介したようなFacebook上の懸賞キャンペーンを、格安&簡単に開催できるFacebookアプリASPの提供や、事務局の代行(パートナーさん)、画像製作まで一括でアウトソースをお受けしています。

↓ご相談はこちらから↓
お問い合わせ自動お見積り資料請求
↓提供キャンペーンアプリ一覧はこちら↓

(執筆/編集 井出:Facebooktwitter

 

▼ガイアックス提供サービス一覧

SNSマーケティング支援サービスTOP
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)運用代行サービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)コンサルティングサービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram)広告運用サービス
Facebookアプリ(懸賞・コンテスト・検定)サービス

この記事に関するキーワード
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

【事例つき】 ユーザーに受け入れられるSNS投稿の企画方法・ポイントを解説!

014

【広告一覧】Facebook広告・Twitter広告・リスティング広告等との違い

imasia_13540444_S

Twitter・Instagramで注目されるハッシュタグ、Facebookでの使い方を考える。

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス