ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2012.04.27

ガイアックス、『Facebookユーザーの時間・シチュエーションによる利用動向調査』を実施

~友達数が1~10人のユーザーが47.4%で最も多く、平均友達数は53人~

株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775)内のソーシャルメディア・マーケティングの研究機関「GaiaXソーシャルメディア ラボ」は、株式会社ネオマーケティング(本社:東京都渋谷区)と共同で『Facebookユーザーの時間・シチュエーションによる利用動向調査』を実施しましたので、結果を発表いたします。

▼本調査の解説はこちらをご覧ください。

http://gaiax-socialmedialab.jp/facebook/107

(1) 調査概要

調査方法 インターネットリサーチ
調査地域 全国
調査対象 20歳~59歳の男女
有効回答数 800サンプル

<内訳>

[男性20代] 100サンプル | [女性20代] 100サンプル

[男性30代] 100サンプル | [女性30代] 100サンプル

[男性40代] 100サンプル | [女性40代] 100サンプル

[男性50代] 100サンプル | [女性50代] 100サンプル

調査日時 2012年3月27日(火)~2012年3月30日(金)
対象者条件 Facebookに会員登録をしている。
調査主体 GaiaXソーシャルメディア ラボ

株式会社ネオマーケティング

(2) 調査結果の詳細

Facebook上での平均友達数

日本のFacebook利用者は、Web業界や広告業界の人など新しいメディア、サービス、技術に敏感な人々が多いと思われていました。

このようなユーザーが多かった今までは平均友達数は108人(2011年9月時点でのfacebooknavi調べ)でしたが、2012年4月現在の今回の調査により友人数1~10人がもっとも多い47.4%となり、平均友達数は約53人(本調査の友達数の中央平均)となりました。

このことから、Web業界・広告業界以外の新しい一般ユーザーが増加しているのではないかと予想され、Facebook利用のすそ野が広がっていることが分かりました。

平日、土日でのFacebookの利用状況

ビジネスでFacebookを利用している方からは、Facebookページでの投稿は平日にしたほうが良いのでは?という声を聞くこともあります。

しかし、この調査結果を見ると『休日も平日と同様に利用している方』が61.1%と最も多くなりました。(『どちらかといえば、平日の利用が多い』という設問があるため、『平日・休日ともに利用している』と答えた方は、平日・休日ともに同じくらい利用していると考えられます。)

平日のFacebookの利用シーンとその時の端末

※クリックすると拡大します※

平日で最もFacebookにアクセスするのは『家でゆっくりしながら、自宅PCを使って』というシチュエーションでした。それ以外にも自宅PCでFacebookを利用しているという回答が多い事から、『出社前』『帰宅後から就寝前まで』の時間帯が最も一般ユーザーにリーチしやすい時間だという仮設も立ちます。

以下にて「Facebookの利用シーン」×「端末」の組み合わせTOP10をご紹介します。(上記の調査表とは違い、iPhoneとAndroidを『スマートフォン』と一括りにしています。)

▼「Facebookの利用シーン」×「端末」の組み合わせTOP10

順位 利用シーン 端末 回答数 割合
1位 家でゆっくりしているとき PC(自宅) 461人 58.0%
2位 就寝前 PC(自宅) 329人 41.4%
3位 帰宅時 PC(自宅) 191人 24.0%
4位 起きたらすぐ PC(自宅) 157人 19.7%
5位 通勤・通学時 スマートフォン 140人 17.6%
6位 昼御飯の際 スマートフォン 138人 17.4%
7位 外出時の移動時間 スマートフォン 136人 17.1%
8位 家でゆっくりしているとき スマートフォン 133人 16.7%
9位 就寝前 スマートフォン 128人 16.1%
10位 仕事(学校)中(午前) PC(会社・学校) 125人 15.7%
11位 仕事(学校)中(午後) PC(会社・学校) 109人 13.7%
12位 起きたらすぐ スマートフォン 106人 13.3%
13位 帰宅時 スマートフォン 102人 12.8%
14位 昼御飯の際 PC(会社・学校) 100人 12.6%
15位 晩御飯の際 PC(自宅) 70人 8.8%
16位 仕事(学校)中(午前) スマートフォン 69人 8.7%
17位 仕事(学校)中(午後) スマートフォン 63人 7.9%
18位 昼御飯の際 PC(自宅) 51人 6.4%
19位 晩御飯の際 スマートフォン 42人 5.3%
20位 家事をしているとき PC(自宅) 37人 4.7%

平日のFacebook利用シチュエーション別の使い方

※クリックすると拡大します※

妥当な結果ではありますが、「ニュースフィードに流れてくる情報をチェック」「ニュースフィードに流れてくる情報にいいね!やコメントをする」など簡易な使い方が多くなっています。

帰宅後の時間が最も使われる。

上記の結果をシチュエーション別に見たところ、帰宅後にあたる「就寝前」「家でゆっくりしているとき」に、どの利用方法でも多く使われている事が分かりました。

▼帰宅後の時間が最も使われる。

※クリックすると拡大します※

投稿を見て貰いやすいのはこの6個のタイミング!

上記の結果を「ニュースフィードに流れてくる情報をチェック」「ニュースフィードに流れてくる情報にいいね!やコメントをする」にフォーカスして見てみました。

▼ウォール投稿を見て貰いやすい6個のタイミング!

※クリックすると拡大します※

その結果、以下のタイミングでニュースフィードをチェックしたり、「いいね!」「コメント」を良くする事が分かりました。

  • 1位:【家でゆっくりしているとき】
  • 2位:【就寝前】
  • 3位:【帰宅時】
  • 4位:【昼御飯の際】
  • 5位:【起きたらすぐ】
  • 6位:【通勤・通学時】

つまり、このタイミングを見計らって投稿すれば、リーチもエンゲージメント(いいね!・コメントされる回数)も多くなる、という事です。

写真投稿コンテスト、診断アプリ等に参加して貰いやすいのはこの時間!

同じ結果を、「写真を投稿して貰いやすい」「コンテンツ系のアプリで遊んで貰いやすい」時間という軸で見ました。

※クリックすると拡大します※

その結果、以下のタイミングで遊んで貰いやすくなる傾向にある事が分かりました。

  • 1位:【就寝前】
  • 2位:【家でゆっくりしているとき】

ファンのニュースフィードに、ウォール投稿が表示されるロジックは、エッジランクの中でも『経過時間』が重要視されると考えられています。(当然ですが、古い投稿より新しい投稿のほうが優先されて表示されます。)

つまり、企業Facebookページの『写真投稿コンテスト』『動画投稿コンテスト』『診断コンテンツ』『検定コンテンツ』などへの参加を促すウォール投稿は、上記の【就寝前】・【家でゆっくりしているとき】にしたほうが、参加されやすくなります。

土日・祝日のFacebookの利用シーンとその時の端末

土日・祝日のFacebookの利用シーンとその時の端末について調査しました。

デバイス・シチュエーション共に、平日と同様の傾向になりました。

※クリックすると拡大します※

デバイスは、『PC(自宅)』が最も利用され、『iPhone』『Androidスマートフォン』がその次に多くなっています。

シチュエーションは、『家でゆっくりしているとき』『就寝前』『帰宅時』『起きたらすぐ』あたりが多くなりました。

土日・祝日のFacebook利用シチュエーション別の使い方

土日・祝日のFacebookの利用シチュエーション別の、Facebookの使い方について調査しました。

その結果、使い方・使うシチュエーション共に、平日と同様の結果が出ました。

※クリックすると拡大します※

最もログインするデバイスは?

平日・土日・祝日、全て含めて、最もFacebookにログインするデバイスを調べました。

自宅のPC(自宅)から主にアクセスするユーザーが61.4%と最も多くなりました。

移動中や朝など隙間時間にスマートフォンを利用して、Facebookを利用するユーザーも多いと思われますが、主にFacebookを利用するのは自宅のPCで、帰宅後に利用するという傾向が見て取れます。


■ 関連URL 

GaiaXソーシャルメディア ラボ http://gaiax-socialmedialab.jp/

株式会社ガイアックス http://www.gaiax.co.jp/jp/

株式会社ネオマーケティング http://www.neo-m.jp/

アンケートサイト「アイリサーチ」 http://www.i-research.jp/

■ 著作権表記 

本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。<例>「GaiaXソーシャルメディア ラボとインターネット調査のネオマーケティングが実施した調査結果によると・・・」

(C) 2012 GaiaX Co.Ltd. All rights reserved.

(C) 2012 NEO MARKETING Inc. All rights reserved.

■ 株式会社ガイアックス 概要(2011年11月末現在) 

設立:1999年3月5日

資本金:1億円

代表執行役社長CEO:上田祐司

従業員数:354名

本社所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル8F

事業内容:ソーシャルメディア構築・運営・投稿監視や、ソーシャルアプリサポートなど、ソーシャルメディア・アプリに関わるすべての法人向けサービスを提供

■ 株式会社ネオマーケティング 概要(2012年2月末現在) 

設立:2000年10月

資本金:3,330万円

代表取締役:橋本光伸、小林康裕

本社所在地:東京都渋谷区渋谷3-26-18 矢倉ビル6F

事業内容:マーケティングリサーチの企画・設計・実査・集計・分析、マーケティング戦略企画立案コンサルティング、マーケティングリサーチに関する調査研究、ネットリサーチシステムの開発・運用

【お問い合わせ先】

株式会社ガイアックス プロモーションマーケティング部

担当者: 井出 一誠(いで かずあき)

TEL:03-5759-0331、FAX:03-5759-0303、

E-mail:kazuaki.ide@gaiax.com

この記事に関するキーワード
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

【事例つき】 ユーザーに受け入れられるSNS投稿の企画方法・ポイントを解説!

014

【広告一覧】Facebook広告・Twitter広告・リスティング広告等との違い

imasia_13540444_S

Twitter・Instagramで注目されるハッシュタグ、Facebookでの使い方を考える。

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス