ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2012.09.05

[初心者向け記事] Facebookのユーザー数を調査する方法|日本国内だけや各国別も。

『Facebookのユーザー数は何人いるの?』の記事で、2012年9月2日時点の日本国内のFacebookユーザー数は1394万6300人と書きました。

このFacebookのユーザー数はどのように調査したのか?

このページでは、2つの方法をご紹介します。

[方法1] Socialbakersを見る。

こちらのページで紹介しているキャプチャーも、このSocialbakersの画面です。

Socialbakersは、Facebookやtwitter、Google+などの各種ソーシャルメディアの統計情報などを発信している海外のメディアです。このメディアではFacebookの公開情報を元に、国別にFacebookのアクティブユーザー数をグラフ化してくれているのです。

↓以下のような日本国内ユーザーの推移グラフを見るには、こちらのページをご覧下さい。

Facebookjapan

また、世界各国のFacebookのユーザー数を確認するには、以下のページにアクセスして下さい。ランキング形式でご覧頂けます。

2012年9月4日時点では、日本はタイに次いで17位ですね。

[方法2] Facebook広告の出稿画面を見る。

もう1つの調査方法が、Facebook広告の出稿画面から見る方法です。

まず、以下のFacebook広告出稿にアクセスして下さい。

上記にアクセス頂くと、以下のような画面が表れます(まだ携帯電話やクレジットカードの認証が済んでない場合は、その認証画面が現れますので登録を完了させて下さい)。

Facebook広告の出稿画面

次に、上記画面への情報の登録を進めましょう。登録を進めても広告を出稿せずに途中で辞められますので安心して下さい。

いくつか項目の入力をすると、以下のように右サイドバーに「広告の対象」人数が出ます。数字の下を見ると「日本に住んでいる」と書かれています。これが、日本国内のアクティブなFacebookユーザー数です。

Facebook広告の出稿画面でユーザー数を見る方法

皆さんもユーザー数を確認する時はぜひ試してみて下さい。ちなみに、上記の画面の「場所」で、国名を日本ではなく別な国を指定すると、その国のユーザー数も確認できます。


今回の記事はお役に経ちましたでしょうか?もし気に入って頂けましたら、以下のボタンから「はてぶ」「ツイート」「シェア」をお願いします。

この記事に関するキーワード
ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

Facebookライブ配信 アイキャッチ

【事例付き】企業セミナーは今やFacebookライブ配信する時代!メリットや活用ポイントを徹底解説

何の日記事 アイキャッチ

【4‐6月編】今日は何の日? 年中行事カレンダーに合ったSNS投稿事例まとめ

Facebook 化粧品事例

ユーザーが馴染みやすいポイント満載! 化粧品業界Facebook活用事例6選

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス