ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.03.11

店舗にガンガン客を連れてくる!!注目のLINE@活用事例集

今日本で最もユーザー数の多いSNSであるLINE。そんなLINEが提供するオープンプラットフォームであるLINE@は、2015年2月に個人向けに開放されたことで話題を呼びました。

LINE@には、友だち登録してくれた人にメッセージやクーポンなどの配信や、1対1のトークも可能になる機能が備わっているため、特に実店舗を持つ企業はぜひとも運用しておきたいソーシャルメディアです。

今回は、LINE@を活用している企業の事例から、一体LINE@をどのように使っていけばいいのかを参考にしていきましょう。

■メッセージ配信で友だち全員にアプローチ

LINE@では、友だち登録してくれた人全員に最新情報やクーポンなどをメッセージとして送信できます。

恵比寿楽園テーブル

スクリーンショット 2015-03-10 9.00.49

「つけパンシチュー」のお店である恵比寿楽園テーブルさんは、毎週クーポンを配信しています。

単純な値引きではなく、「追加で○○がもらえる」や「4人で来ると○○がもらえる」といったものが中心で、お客様の来店を促進しています。クーポンの回収率は、なんと35~40%もあるようです。

■1対1のトークで距離を縮める

LINE@には、友だち登録してくれた一人ひとりと個別でトークできる機能が備わっています。

基本的にトークは、お友だち登録してくれた人がLINE@アカウントに話しかけることで開始するので、質問や問い合わせに対する窓口として活用できます。

グローバルWiFil

スクリーンショット 2015-03-10 9.00.57

WiFiレンタルサービスであるグローバルWiFiさんは、ルーターに関するカスタマーサポート窓口としてLINE@を利用しています。

お客様が困ったときにすぐにLINEで聞いて回答がもらえるので、LINEの手軽さやスピード感をうまく活かしています。

■自動応答メッセージで印象を良くする

ユーザーがLINE@アカウントを友だち登録してくれた際や、なにかメッセージで話しかけてきた際に、自動で返信してくれるメッセージをあらかじめ設定することができます。

新宿わかものハローワーク

スクリーンショット 2015-03-10 9.01.10

新宿わかものハローワークさんは、ユーザーが話しかけてきた時間帯によって異なるメッセージが送信されるように設定しています。

役立ち情報だけでなく求職者を応援するようなメッセージも送ることで、うまくユーザーとの距離を縮める運用をしています。

■タイムラインで反応を見る

メッセージやトークだけでなく、タイムラインに投稿してファンにアピールすることもできます。

ネイルクイック

スクリーンショット 2015-03-10 9.01.24

ネイル専門店のネイルクイックさんは、タイムラインにネイルデザインやコラボ情報を投稿しています。

メッセージとは違い、タイムライン投稿はいいね!やコメントといった数値を取ることができます。

■まとめ

LINE@の基本的な使い方を、活用事例からいくつか見てきました。今回ご紹介したポイントは4つ。

1.友だち全員にメッセージやクーポンを配信できる

2.1対1のトークで距離を縮める

3.自動応答メッセージに一工夫入れて楽しませる

4.タイムライン投稿も同時に活用する

今回ご紹介した事例は全てLINE@の公式ブログでまとめられています。他にもたくさん活用事例が紹介されているので、気になった方はぜひ一度ご覧ください。

この記事に関するキーワード
ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

74

LINE公式アカウントのタイムライン投稿活用事例と活用ポイントまとめ

75

カルーセル投稿はこう使う! 8タイプ別活用事例

78

【4社比較】今話題の分散型料理動画メディアのInstagram運用を徹底調査!

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス