Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.09.30

LINE@で年齢認証が表示されて入れない時は?

A:お持ちのデバイスでは、ログインできない可能性があります。

 

そもそも年齢認証とは

 

image01

 

年齢認証とは、18歳以下のユーザーの安全を守るため(青少年保護のため)に導入されているシステムです。LINE@ではアカウント作成時にその認証が必要になってきます。

年齢の確認はそれぞれdocomo・au・Softbankが提供する年齢確認機能が使われ、登録された携帯電話利用者の年齢データを元に認証されます。契約時のデータが元になるため、単に生年月日を入力して認証といった手段がとれません。

よって、契約時に生年月日を登録など年齢の確認をしない通信キャリアを使っている場合、LINE@の利用ができません。いわゆる「格安SIM」や「格安スマホ」といったものを提供しているMVNO各社では年齢確認をしないため、LINE@を使えないケースがほとんどです。また、iPodtouchなどそもそもSIMカードなしで使える端末も同様に使うことができません。

 

表示されたらどうすれば良いか

 

現段階では、docomo・au・Softbankと契約したSIMカードが入っているスマートフォンを用意する他ありません。あるいは、LINEが提供開始した「LINEモバイル」であれば上記3キャリアでなくても利用することができます。

 

条件を満たしている場合は、年齢認証をすれば利用を開始できます。

通知が表示されたら年齢認証に進むと、各キャリアのサービスページに飛びます。それぞれ個人ページにログインすることで年齢認証ができ、LINE@も利用できるようになります。

 

それでもエラーが表示される場合は、各キャリアでの「利用者登録」設定ができておらず、年齢が確認できない状態になっている可能性があります。各キャリアの個人ページから利用者情報の見直しをしてみましょう。

 

 

参考:

http://did2memo.net/2013/10/01/naver-line-docomo-age-chack-error/

http://did2memo.net/2015/02/15/line-at-sim-card/

関連Q&A

関連企業事例研究

関連記事

55

【最新版】2017年2月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

80_2

Twitter広告の成果を最大化! 「勝ちパターン」を徹底解説

74

LINE公式アカウントのタイムライン投稿活用事例と活用ポイントまとめ

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス