Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2013.02.28

【Facebook最新情報】イベントページにもカバー写真が設定可能に!利用方法と注意点

画像:All Facebookの画像を元に筆者作成

Facebookのイベントページにカバー写真が付きましたね。

日本でも新規でイベントページを作るとカバー写真を設定できます。

今回の記事では、Inside Facebookの記事を元に、イベントページのカバー写真の設定方法や、注意点をご紹介します。

■目次

1・イベント用カバー写真の設定方法

2・カバー写真を利用する際の注意点

1.Facebookイベント用カバー写真の設定方法

イベントページを作成する時に、ページ上部に「イベント写真を追加」というボタンが追加されます。

▼「イベント写真を追加」のボタン

このボタンをクリックすると、新規の画像をアップロードするか、既にFacebookに投稿している画像を利用するかを選択できます。投稿すると、以下のように反映されます。

▼イベントページにカバー写真を登録した例

カバー写真は、個人で作成したイベントにも設定できるようです。

サイズは714px×264pxのようです。

2.カバー写真を利用する際の注意点

まず第一に、イベント用のカバー写真は上下に動かして調節する事はできますが、Facebook上で画像のサイズを変更する事はできません。

また、イベントページにはカバー写真しか設定できず、プロフィール写真用に別の画像を利用する事ができないため、ニュースフィード・タイムライン・広告内では、カバー写真が縮小・トリミングされたものが表示されます。こちらはそこまで致命的な問題ではないですが、心に留めておいた方が良さそうですね。

最後に、先日、Facebookページのカバー写真に関するFacebookガイドラインを紹介しましたが、こちらの禁止事項がイベント用のカバー写真にも適用されるかは不明なようです。

念のため現時点では、「画像内の文章は画像面積の20%以下にしなければならない」「アクションを求めてはならない」といった条項は守っておいた方が良いかもしれませんね。


以上、簡単にですがイベントページで設定可能になったカバー写真について紹介しました。

先日、『Facebookのイベントページで“チケットの購入ボタン”をテスト中』というニュースをお伝えしましたが、イベント機能も拡大してきているようですね。

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

2019年8月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

仕事の「気づき」こそコンテンツ! 才流・栗原氏とベイジ・枌谷氏が語るBtoB企業の経営者、マーケターのソーシャルメディア活用術

【#AWAsia レポート】デジタル広告の最前線! 注目の「インクリメンタリティ計測」とは?

お役立ち資料ダウンロード
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス