ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2012.02.13

【Facebookアプリ事例】県民性診断/ネットマーケティング_vol.3

Facebookアプリを使った「診断」アプリ事例


ネットマーケティングさんのFacebookページ『イイ値!(いいね!)』のキャンペーンとして使われていた、『県民性診断』のご紹介です。

会社名 株式会社ネットマーケティング
fbページURL http://www.facebook.com/nezuke
キャンペーン名 県民性診断

※本記事は『Facebook診断・検定アプリを考える時にお手本にしておきたい35個の事例、総まとめ』で収録している内容を詳細にまとめたものです。合わせてこちらもご参照下さい。

概要

30秒で体験できる隠れた県民性を見つけ出す診断アプリです。

アプリ体験の流れ

『県民性診断』は以下のような流れで進んでいきます。

1.まずは「いいね!」

ファンになっていないユーザーには、まず「いいね!」を押して貰います。

2.「写真投稿キャンペーン」へGO!

「いいね!」を押すと、「価値観診断テストスタート」というボタンが出現します。このボタンを押すと診断に進めます。

3.アプリ認証

初めてこのアプリを使う方はアプリ認証をする必要があります。以下の画面で「許可」をしましょう。

4.質問に答える。

アプリ許可が終わると以下のような画面が表示されます。10問の質問が用意されているので答えて行きましょう。

5.結果画面が出る。

ここで県民性診断の結果が出ます。「みんなと結果をシェアする」のボタンを教えて、友達の診断結果を共有してみましょう。

6.シェアするとこんな投稿が!

ウォールに投稿すると、以下のような写真が友達に共有されるため、クチコミでの集客につながっています。


以上、『【Facebookアプリ事例】県民性診断/ネットマーケティング_vol.3』でした。

今回の事例は参考になりましたでしょうか?宜しければ以下の事例もご覧下さい!

オススメのFacebookアプリ事例

こちらの事例まとめ記事も良く読まれています!

この記事に関するキーワード
ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

日本のサービス開始から10周年!Facebook Japanの日本における事業戦略のキモとは

スポーツ観戦×SNSでリアルのイベントと連動。新時代のメディア価値を創造し続けるB.LEAGUEとは?

1月の主要SNSニュースまとめ! Fbアルゴリズムがまた変わり、IGは予約可能に

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス
LINEインスタントウィン
Twitterインスタントウィンキャンペーン
ラボへのご要望ページ