ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2012.02.13

【Facebookアプリ事例】夜ふか診断/クマ研究所_vol.11

Facebookアプリを使った「診断」アプリ事例


ネットイヤーグループさんのFacebookページ『クマ研究所』のキャンペーンで使われていた、『夜ふか診断』のご紹介です。

会社名 ネットイヤーグループ株式会社
fbページURL http://www.facebook.com/kumalabo
キャンペーン名 夜ふか診断

※本記事は『Facebook診断・検定アプリを考える時にお手本にしておきたい35個の事例、総まとめ』で収録している内容を詳細にまとめたものです。合わせてこちらもご参照下さい。

概要

自分と友達の夜ふかし度を診断してくれるアプリです。

アプリ体験の流れ

『夜ふか診断』は以下のような流れで進んでいきます。

1.「このアプリケーションを許可する」

まず診断画面のTOPに表示されている「このアプリケーションを許可する」というボタンをクリックして下さい。

2.アプリ認証

次にアプリ認証に進みます。以下の流れで「許可」していきましょう。

3.診断スタート!

アプリ許可後、「診断スタート」のボタンが表示されるようになります。このボタンを押すと診断アプリ画面に遷移します。

4.今すぐ診断する!

次にアプリにキャンバスページが表示されます。ここで「今すぐ診断する!」をクリックしましょう。

5.診断結果が表示される。

この診断アプリは簡単で質問に答えることもなく、以下のような結果を出してくれます。

6.診断結果をウォールに投稿する。

診断結果画面で「診断結果をウォールに投稿する」をクリックすると、友達に共有できます。以下のような写真がポストされるのでやってみましょう。

7.ランキングを見る。

夜ふか診断では、診断アプリの中では珍しくランキングを用意しています。以下のように友達のランキングを出してくれるので確認してみましょう。


以上、『【Facebookアプリ事例】夜ふか診断/クマ研究所_vol.11』でした。

今回の事例は参考になりましたでしょうか?宜しければ以下の事例もご覧下さい!

オススメのFacebookアプリ事例

こちらの事例まとめ記事も良く読まれています!

 

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

【2019年4月更新】Facebookニュースフィードのアルゴリズム最新情報!基本方針と変更の変遷

3月の主要SNSニュースまとめ!Instagramのアプリ上から商品を直接購入できるように?

ご当地キャラクターのSNSアカウント活用事例14選!Facebook・Twitter・Instagram編

お役立ち資料ダウンロード
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス