Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2012.05.03

Facebook懸賞キャンペーンでAmazonギフト券を賞品にする時は「2,000円が50名に当たる」ようにすると良い。

Facebookページでキャンペーンを実施する場合、どういうプレゼントだと参加率が高まるか?

ガイアックスでは、Facebook用キャンペーンアプリASP『Fantastics』というサービスを提供しており、クライアントのキャンペーン成功率を高めるために、当ラボを通してナレッジの蓄積を行なっています。

その一環として、先日、『懸賞キャンペーンでAmazonギフト券を貰うとすると、どれが最も参加したくなるか?』という調査を行いましたので、ここでその結果をご紹介します。

Q. 懸賞キャンペーンでAmazonギフト券を貰うとすると、どれが最も参加したくなるか?

A. 2,000円が50名に当たる場合が最も多く38.6%

Facebookページで実施されている【Amazonギフト券があたる懸賞キャンペーン】に参加するとしたら、「金額」「当選人数」がどのパターンだと最も参加したくなるかを調査しました。

予算が同じく10万円でもこれだけ差が出るのですね。

当たる可能性を感じて貰えるか?が大切

この結果を見ると、いくら当選金額が低いとしても、『当たるかもしれない!』という期待値が高いほうが参加意欲が高まることが分かりました。

※また、「高額商品が当たる」よりも「ちょっとしたものでも何かしらのプレゼントが当たる」ほうが、ファンが喜んでくれるという調査もあります。

【保存版】Facebookって効果あるの?と思った時に見るべき16個の調査結果|やっぱり商品購入にもつながっていた!の「Q14.ファンになった後に何をされると嬉しいか?」を参照。

500円だと貰うのが面倒

500円×200名より2,000円×50名のほうが参加意欲が高くなりました。

これはプレゼントも『役に立つ』内容にならないと意欲が減退するからだと考えています。(2,000円あれば大抵の本は購入できます。)

一報、500円だと、仮にあたったとしても「受け取るのが面倒」という心理が働く方が一定層いるのかなと思います。(私も面倒だと思ってしまいますし。。)


その他の調査結果は、『Facebook懸賞キャンペーンでウケが良いプレゼントを調べてみた|参加意欲にMAX361倍の差!』の記事か、以下のリンク先をご覧下さい。

Facebook懸賞キャンペーンに関する、その他の調査結果

「お問い合わせ」「見積もり依頼」「資料請求」はこちら

FacebookキャンペーンアプリASP『Fantastics(ファンタスティクス)』の
サービス紹介サイトはこちら

ガイアックスでは、今回ご紹介したようなFacebook上の懸賞キャンペーンを、格安&簡単に開催できるFacebookアプリASPの提供や、事務局の代行(パートナーさん)、画像製作まで一括でアウトソースをお受けしています。

↓ご相談はこちらから↓
お問い合わせ自動お見積り資料請求
↓提供キャンペーンアプリ一覧はこちら↓

(執筆/編集 井出:Facebooktwitter

今回の記事はお役に立てましたでしょうか?もし気に入って頂けたら、こちらからお友達におススメして頂けると嬉しいです↓

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

ショップ機能のアップデート総まとめ。Facebook社が目指すコロナ以降のオンラインの購入体験とは

8月の主要SNSニュースまとめ! Instagramで短尺動画機能「リール(Reels)」発表、Twitterでは投稿の公開範囲が制限可能に! ほか

7月の主要SNSニュースまとめ! Instagramが国内でも「ショップ」を発見タブに搭載。Twitterのサブスク機能候補が明らかに ほか。