ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.03.11

今が作りどき! LINE@アカウント作成方法

2014年7月時点で国内ユーザー数が5200万人を超え、人気を高めているメッセンジャーアプリLINE。今回はビジネスや情報発信に活用出来るLINE@アカウントの作成方法について紹介します。

LINE@アカウント作成するにあたり、2015年2月13日から2015年4月30日までキャンペーンが実施されています。詳しくは(http://blog.lineat.jp/archives/42701760.html)を参照してください。

■LINE@を開設する前に

・LINE個人アカウント作成

001
LINE@アカウントを開設する前に、LINEの個人アカウントを作成する必要があります。携帯電話でLINEアプリをダウンロードし、必要な情報を入力した上で作成しましょう。

パソコンでは個人アカウントを作成することは出来ませんが、作成した後ログインすることは可能です。

・LINE@アプリのダウンロード

002
LINEの個人アカウント作成するためにアプリストアからLINEアプリをダウンロードし、必要事項を入力していきます。

LINEの個人アカウントを作成後、再度アプリストアへ行き、LINE@のアプリをダウンロードします。携帯電話でのみダウンロードができ、パソコンではダウンロード出来ません。

iOS版は(http://nav.cx/efvJWG1

Android版は(http://nav.cx/4LaWWCn

からダウンロードが可能です。検索する際は「LINE@」ではなく「lineat」なので、注意が必要です。

■LINE@アカウント作成手順

・ユーザー登録画面その1

01 ユーザー登録画面その1の画像
LINE@のアプリをダウンロードし開くと、上記の画面が表示されます。「始める」をタップして次に進みましょう。

・ユーザー登録画面その2

02 ユーザー登録画面その2の画像
上記の画面が表示されます。利用規約とガイドラインを確認後、チェックを入れて「次へ」をタップしましょう。

・ユーザー登録画面その3

03 ユーザー登録画面その3の画像
上記の画面ではLINEアプリがLINE@へのアクセス許可を求めています。「同意する」をタップして次の画面へ。

・ユーザー登録画面その4

04 ユーザー登録画面その4の画像
上記の画面からアカウントの作成に入っていきます。「+」を押してアカウントの作成に入りましょう。

・ユーザー登録画面その5

05 ユーザー登録画面その5の画像
上記の画面で必要な情報を入力していきましょう。入力する情報は全て「必須」です。またプロフィール画像の設定も「必須」です。全て終えたら「アカウント作成」をタップしてください。

・アカウント作成完了画面

008
以上でアカウントの作成は完了です。

アカウントが作成した後はパソコンからの管理が可能になります。

009
上記の画面がパソコンからログインしたものになります。パソコン上で確認するための管理画面は(https://admin-official.line.me/)から利用出来ます。

■友だちについて

・友だちの上限

010
LINE@を利用するにあたり、自身のアカウントをフォローしているユーザーに対して遅れるメッセージ配信数の上限を上記で示しています。

お試し期間中は1カ月1000通までとなっており、友だちが1000人の場合は1カ月に1回しかメッセージを送れません。つまり無料プランの方の友だちの上限は1000人までとなります。上限を引き上げる場合は有料プランへの加入が必須となります。詳しくは(http://at.line.me/jp/plan)を参照してください。

■最後に

LINE@のアカウント作成方法をまとめると、

1.携帯電話からLINEアプリのダウンロード、個人アカウントの作成

⇒作成後、LINE@のアプリをダウンロード(「lineat」で検索)

2.LINEアプリからLINE@アプリのアクセス許可の同意

3.プロフィールにおいての情報の入力とプロフィール画像の設定(必須)

となります。以上、LINE@アカウント作成方法でした。

この記事に関するキーワード
ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

池谷氏

「チャットボット=全自動化」ではない! 企業もユーザーも幸せになるチャットボットの活用方法とは?

Instagramビジネスプロフィール

Instagramのビジネスプロフィールとは? 企業のInstagram活用が捗るビジネスツールを徹底解説

imasia_13540444_S

Twitter・Instagramで注目されるハッシュタグ、Facebookでの使い方を考える。

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス