ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.05.16

事例で学ぶ! BtoB企業のTwitter活用法

BtoBTW

BtoB企業がSNSを運用することに、いまひとつピンと来ないという方も多いかもしれませんが、会社情報を詳しく掲載できるFacebookに比べて、さらにBtoB企のメリットがわかりにくいのがTwitterではないでしょうか。そこでTwitterをうまく使いこなしているBtoB企業はないか、調査してみました。今回はその中から、Twitterを自社のビジネスにうまく結び付けている3つの事例をご紹介します。

    ■目次

  1. 京都中央卸売市場113号大〆
  2. デル株式会社 法人向けテクニカルサポート
  3. Yahoo!マーケティングソリューション
  4. まとめ

1. 京都中央卸売市場113号大〆

知られざる魚問屋の活動をユルくつぶやくことで、見込み客を拡大

京都中央卸売市場

京都中央卸売市場113号大〆 https://twitter.com/red2red2red2

京都中央卸売市場にある鮮魚113号大〆商店は、1~3日ごとに仕入れためずらしい海産物や京都の季節行事、グルメレポを写真とともにつぶやいて、54万人以上のフォロワーを獲得しています。

こちらの特徴は、卸の魚屋というストイックなイメージに反したユルめのつぶやきと、興味をそそる海産品の投稿写真です。めずらしい海産物をひとひねり加えて撮影した写真は、ユーモアにあふれるだけでなく、比較物を一緒に撮影したりすることで、商品の大きさや質感が臨場感として伝わり、ユーザーの好奇心をかきたて興味を引きます。

フォロワーに海産物の知識を問うクイズ形式の投稿や、魚問屋でもあまり扱わない商品にいたっては、おいしい調理方法をフォロワーに聞いてしまう大胆な投稿もあり、一方的な情報発信でなく、相互のコミュニケーションを活発にして、ファンを全国に広めることに成功しています。

ポイント

趣味層が多いとも言われるTwitterでは、BtoB企業でもBtoCを意識したユルい投稿をすることによって、フォロワーが広がり、見込み客となるファンが獲得できるということがわかります。どのような見せ方が商材の魅力を引き出すか、目新しさを生み出すのか知恵を絞り、思わずリツイートしたくなるような写真でフォロワーを増やしていきましょう。

2. デル株式会社 法人向けテクニカルサポート

獲得顧客の不満を解消し、信頼を得ることでリピート率をUP

DellCaresPRO_JP

デル株式会社 法人向けテクニカルサポート https://twitter.com/DellCaresPRO_JP

コンピュータ関連品製造販売のデルは、法人向けの窓口として、テクニカルサポートのアカウントをTwitterに設けて、1日に5~7件のデル製品の技術系の情報をツイートしています。このほかにTwitterユーザーから寄せられるデル製品への技術的な質問に対応しています。

Twitter以外に法人向けテク二カルサポートの窓口が、電話、チャット、Eメール、Facebookとある中で、Twitterアカウントは常に時系列で表示されるという特性から、オンタイムでのカスタマーサポートを担っていると考えられます。デル製品への気軽な質問、購入後の不満の汲み取り、技術的問い合わせに、オンタイムで対応していくことによって、ユーザーへの親和性を高め、購入者からロイアリティの向上が、公開された場所で得られることになります。

また、Twitterのリツイート機能によって、ユーザーが気に入った投稿、有益だと思った投稿は拡散されていくので、投稿を見たユーザーや回答を得られたユーザーだけでなく、広くTwitterユーザーに共有されていくことが見込まれており、Twitterのサポート窓口は個別対応の窓口としてだけでなく、ある種のサポートプラットフォームのような働きも期待できます。

ポイント

サポート窓口をTwitterアカウントととして設けることで、寄せられる質問や問い合わせだけでなく、自社製品に対する不満や不評を見つけ出し、能動的に対応していけることもTwitterの魅力のひとつです。Twitterを使って、購入者への細やかなサポートを続けることによって、自社のファンを増やし、リピート率を高めていきましょう。

3. Yahoo!マーケティングソリューション

Twitterで有益な情報をアピールし、オウンドメディアにファンを呼び込む

yahoo_marketing

Yahoo!マーケティングソリューション  https://twitter.com/yahoo_marketing

Yahoo!マーケティングソリューションは、インターネットに特化したマーケティング情報を平日は毎日、多い日は日に数回のペースでツイートしています。時事ネタに合わせたマーケティング情報やデータ解析情報などとともに、リツイートも盛んです。

2016年4月にはオウンドメディア「Insight for D」をリリースし、Twitterアカウントではオウンドメディアへの誘導が増加しています。今後オウンドメディアに良質のコンテンツを集め、Twitterでコンテンツ紹介していくことで、フォロワーをオウンドメディアへ誘導し、ファンを獲得していくことが目標となります。Twitterでは見込み客や顧客と気軽にコミュニケーションをとれるということで、親和性も高めていけるでしょう。

ファンはメディアサイトでのメルマガ購読や、自社サイトでの資料請求という行動を期待され、ゆくゆくはYahoo!マーケティングソリューションの顧客となるような、コンテンツマーケティングの一端をTittwerアカウントが担っています。

ポイント

コンテンツマーケティングにおいて、コンテンツが良質でなくてはならず、明らかに広告を意識させるようなものは嫌われると言われますが、ツイートもしかりです。Twitterの少ない文字数でオウンドメディアをどうフォロワーにみせるかで、誘導率は大きく変化するでしょう。

まとめ

Twitterは、どこまでもオープンにツイートが公開されるという性質があるので、実態が一般に見えずらいBtoB企業が、Twitterの投稿を通じて、こんなことをしている会社なんだ、こんな業界もあるんだと、まったく接点のない人にでも知ってもらえるきっかけになりえるSNSです。自社サービスや商材を念頭に置くだけでなく、面白い!気になる!といった、感覚でフォロー・リツイートされていくSNSだということも大きなポイントになっています。

▼ガイアックス提供サービス一覧


SNSマーケティング支援サービスTOP
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)運用代行サービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)コンサルティングサービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram)広告運用サービス
Facebookアプリ(懸賞・コンテスト・検定)サービス

ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

55

【最新版】2017年2月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

80_2

Twitter広告の成果を最大化! 「勝ちパターン」を徹底解説

74

LINE公式アカウントのタイムライン投稿活用事例と活用ポイントまとめ

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス