ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.08.31

Facebook/Instagram /Twitter…SNSごとに投稿内容は変えるべき?企業事例から学ぶ“コストをかけない”使い分けのポイント

010

Facebook、Twitter、Instagram……同一サービスで複数のSNSアカウントを運用するのは、もはや当たり前になっています。しかしながら、SNSごとに最適化された情報発信ができている例は少なく、同じ投稿をそれぞれのアカウントに流すだけになってしまっている企業が多いようです。

SNSごとに投稿内容を変えるのがベストだとわかっていても、それほどのリソースを割くのは難しい。では、最低限のリソースで最大の成果を上げるためにはどのように投稿の内容を工夫すればいいのでしょうか?

そこで今回は、複数のSNSを運用し、使い分けている企業アカウントの事例をまとめました。ガラリとコンテンツを変えることなく、見せ方を工夫したり、優先順位を明確にしたりなど、各社の事例から複数のSNSアカウントを使いこなすためのポイントを探ります。

    目次

  1. おきなわLikes
  2. クアアイナ
  3. サントリー
  4. LOWRYS FARM

事例1:おきなわLikes

分散型メディアの事例としても取材させていただいた「おきなわLikes」様。現在はFacebook、Twitter、Instagram、Youtube、Tumblrでコンテンツを配信しています。
以下に、同じリゾートの朝食ブッフェの投稿を例に、SNSが違うと見せ方がどう変わるのかを分析していきます。

Facebook

この投稿では、ファンへ向けてしっかりと「リゾートの朝食ブッフェ」のおススメポイントと、それに合わせた写真を複数枚投稿しています。ひとつの投稿に複数の写真を添付しやすいFacebookでは、テーブル+風景の写真に加え、パンケーキのアップ写真も投稿しています。
キャッチーな写真で目を引き、テキストでしっかりと情報提供しています。

Twitter

「呼びかけ」「リゾート名」「ちょっとした一言」の3センテンスと写真1枚で、その魅力を伝えています。詳しく説明するというよりは、短文で目を引くことに主眼が置かれていそうです。
写真はテーブル+風景ですが、Facebookページよりも横幅が狭く、風景よりも料理が目に入りやすい構図になっています。Twitterのタイムラインで見やすいサイズに調整されているようです。

 

Instagram

Facebookページの1枚目と同じ写真が使われているようです。リゾート気分を味わえるような気持ちの良い風景と彩り豊かな料理はとてもおしゃれで、まさにInstagramにピッタリな印象です。文章をハッシュタグで書くInstagram独特の文化も取り入れており、ユーザーからのコメントも活発です。また、写真好きな人が多いInstagramユーザーのために、使用したカメラの情報も明記しています。

万座でパンケーキブレックファスト #最近ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートで #朝食を頂いてきました。 #パンケーキとステーキを食べながらの #青い海と空は本当格別でしたよ。 #宿泊者でない方も入ることもできるので #このロケーションでの朝食を味わってみたい方、 #一度足を運んでみるのはいかがでしょうか? _______________________________________________________ ・料金:大人¥2,500 子供¥1,250 ・メニュー:新鮮野菜サラダ、卵料理、モーニングステーキ&パンケーキステーション、手作り10種類のパン、ワッフルとフレンチトースト、3種類のヨーグルトなど。 _______________________________________________________ #ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート#万座の朝食セレクション#パンケーキ&ステーキブレックファスト#恩納村#おきなわLikes#沖縄写真コンシェルジュ#japan#okinawa#沖縄#写真好きな人と繋がりたい#写真を転載ではなくてRepostして頂けると嬉しいです^ ^ ________________________________________________________ ・カメラ:EOS5Dmk2 ・レンズ:35mm ・カメラ設定 ホワイトバランス:4800k 絞り:f4.0 シャッタースピード:1/125 ・ピクチャースタイル:Landscape ISO感度:100 ・撮影日:2016年8月3日の10:30

おきなわLikesさん(@okinawa_likes)が投稿した写真 –


このように、同じネタでもSNSに合わせて写真の見せ方やテキストを工夫し最適化できるのです。

事例2:クアアイナ

ハワイアンテイストなお店がおしゃれで、女性にも人気が高いハンバーガーショップ「クアアイナ」。Facebook、Twitter、Instagram、すべてアカウントを持って運用しています。
クアアイナは、少数で複数のSNSを運用している企業にとってより参考になりそうな事例です。基本的に各SNSの投稿内容はほとんど同じであり、写真のトリミングなどを若干変えています。Instagramに合わせているのかスクエア型の写真が多く、Facebookページのみ横長・縦長の画像も見られます。また、Instagramにはよりおしゃれな印象の写真を多く上げるような気遣いも見られます。

Facebook

Instagram

 

ALOHA♪ 7/1に東北初のKUA`AINAが仙台パルコ2にオープンするよ!#クアアイナ #kuaaina #sendai #open

KUA’AINAさん(@kuaaina_japan)が投稿した写真 –

Twitter

その点Twitterの投稿は、Facebookページのリンク投稿にとどまっており、画像はリンクをクリックしなければ見えません。あくまで予想ですが、FacebookやInstagramよりも優先度を下げて、最低限のリソースで回すようにしているのではないでしょうか。


日々の運用にそこまで手間をかけられない場合、別のSNSと投稿を連動させることで運用リソースを抑えつつ、アクティブなアカウントとして維持することができます。
どのSNSに最も注力するかは、自社のターゲットや戦略、社内リソースなどによって変わると思います。そのときにSNSのアカウント自体をクローズしてしまうのではなく、最低限のリソースでアカウントを維持しつつ、最も重要なSNSに一番リソースをかけられるように調整することも重要です。

事例3:サントリー

言わずと知れた大手飲料メーカーサントリー。
サントリーはTwitterの更新頻度が最も高く、お知らせや商品紹介など幅広く投稿しています。顔文字や絵文字の使い方など、Twitterの文化に合わせた表現の工夫が見られます。

Twitter

 

Facebook

Facebookも同じくお知らせや商品紹介を行っていますが、こちらはどちらかと言うとどの年代の人が見ても受け入れられるような、クセのない一般向けの投稿と言えそうです。
キャプチャ

Instagram

Instagramは女性向けにターゲットが絞られていて、載せる商品も女性向け。生活空間に背景にした写真を使用し、おしゃれなライフスタイルの中にサントリーの商品を溶け込ませています。


同じネタを複数のアカウントで使う場合もあれば、特定のSNSのみで使う場合もあるようです。こういった使い分けはすこしハードルが高いかもしれませんが、さまざまな商品を扱う事業者であれば、SNS別のターゲット設定は参考になるでしょう。

事例4:LOWRYS FARM

若い女性向けのファッションブランド「LOWRYS FARM」。
LOWRYS FARMは、投稿する内容を各メディアによってわかりやすく変えています。

Facebook

Facebookでは、キャンペーンやセールなどのお得情報を配信しています。その為、投稿数はその他のSNSアカウントと比較して最も少ないです。

Twitter

Twitterは、New Itemをカタログのように投稿しています。もちろん、お得情報なども合わせて投稿しており、こちらは投稿数も多いです。

 

Instagram

Instagramでは、New Itemを取り入れたコーディネートの写真を主に掲載しています。Twitterはアイテムのみの写真が多いのに対して、Instagramではモデルが着用した写真を使っています。Instagramではその日のコーディネートをアップするユーザーも多いので、ブランドのアカウントがそういった内容を投稿しても宣伝臭を感じ取られず、アイテムだけの場合よりも目を引くことができそうです。すべての写真に白枠をつけることで、写真を際立たせているのもポイントです。


そもそも商品写真をとる習慣がある業種であれば、比較的真似しやすそうな事例です。

まとめ

各社の投稿をみてみると、軸となるSNSを決め、そこを中心に他のSNSと相性が良さそうな記事、写真を使いまわすことで、効率的に最大の効果を得ているようです。コンテンツを別々に作るよりはハードルが低いので、まずは“上手な使い回し”から始めるというのが現実的でしょう。各SNSと自社の商品・サービスの相性を考えて優先順位をつけておくことが重要です。
また企業のSNS運用担当者は、普段からユーザーとして各SNSを使っているとそれぞれに合ったテキストや写真の見せ方が自然とできるようになっていきます。「それが難しい……」という方も多いかもしれませんが、SNS担当者としてぜひチャレンジしてみてください!

▼ガイアックス提供サービス一覧
SNSマーケティング支援サービスTOP
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)運用代行サービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)コンサルティングサービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram)広告運用サービス
Facebookアプリ(懸賞・コンテスト・検定)サービス

ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

92

友だちをひきつけて離さない! ローソンLINE公式アカウントの施策まとめ

Facebookライブ配信 アイキャッチ

【事例付き】企業セミナーは今やFacebookライブ配信する時代!メリットや活用ポイントを徹底解説

aikyaxtuti

ユーザーは”企業”ではなく”投稿”を見てフォローするか決める【調査データ付き】

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス