ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2017.01.25

【ブライダル業界】安心感や信頼感が伝わるFacebook活用事例4 選

56 (1)

人生の中のビッグイベントである結婚式。その結婚式を演出するブライダル業界はプロモーションや集客においてFacebookを上手に活用しています。本記事ではブライダル業界に焦点を当て、4つの企業のFacebookを用いたプロモーション方法をご紹介します。

    目次

  1. 事例
  2. まとめ

事例

1. 明治記念館

明治記念館

参照:https://www.facebook.com/明治記念館-Meiji-Kinenkan-382551581947682/

昭和22年に明治神宮の結婚式場として開場した明治記念館の公式Facebookページです。1週間に1回弱の頻度で投稿されています。2017年1月現在でページのフォロワー数は約1,200人です。

投稿内容は、明治神宮で行われているイベントの告知や明治記念館の施設紹介などが中心で、他にも明治記念館近辺の地域についての写真や情報などを提供しています。

投稿のポイント

季節の節目ごとにその季節を表すような美しい写真を投稿しています。

庭園内の風景や明治神宮近辺から見える風景を投稿し、ユーザーの目を引きつけている点がポイントです。これにより、明治記念館を身近に感じ、親近感を持ってもらうことができます。

また、海外のお客様にも投稿を見てもらえるように日本語に加え、英語が併記されていることも注目すべき点です。

2. 八芳園

八芳園

参照:https://www.facebook.com/happoen/

2013年に創業70周年を迎えた八芳園の公式Facebookページです。投稿は毎日されており、基本的に19時に投稿がされています。2017年1月現在で、ページのフォロワー数は約6,900人です。

季節の変化を写真と共に伝えるものや八芳園内の庭園の様子、施設紹介、さらには八芳園内で販売されている商品やイベントの告知など、様々な情報を毎日提供しています。

投稿のポイント

スタッフの披露宴への心構えを、働いている姿を写した写真と共に率直に伝える投稿です。これから結婚式を執り行う新郎新婦をターゲットにしています。

お客様にとって特別な日である結婚式、披露宴に向けて全力で業務を行っているということをユーザーに伝えている点がポイントです。八芳園のお客様の結婚式に対する丁寧な気持ちを率直に表しています。この投稿を見ることで、ユーザーは自分達もこんなスタッフに担当してもらいたいと感じることでしょう。

3. TAKAMI BRIDAL

TAKAMI BRAIDAL

参照:https://www.facebook.com/TAKAMIBRIDAL1923/

ウエディングドレスを展開しているTAKAMI BRIDALの公式Facebookページです。

投稿は毎日されており、1日に1~2件の投稿がされています。おもな投稿時間は午前中の時間帯になっています。2017年1月現在でページのフォロワー数は、約4,200人です。

投稿内容は、基本的に自社製品のウエディングドレスや着物の商品説明が中心です。

投稿のポイント

モデルが着用した写真を用いて、幅広く展開しているウエディングドレスや着物の商品紹介をしています。

様々なユーザーのこだわりに対応できることや特定の場面で使えることをアピールすることで商品の豊富さを表現している点がポイントです。写真による着用イメージからサイズ、使用している素材、そして、ドレスの入荷予定まで詳しく紹介されています。

また、ドレスに関する記事や自社YouTubeチャンネルへのリンクを付けた投稿も見られました。

4. アニヴェルセル

アニヴェゼル

参照:https://www.facebook.com/anniversaire.japan/

アニヴェルセル株式会社の公式Facebookページです。

5日に1回以上のペースで投稿されています。2017年1月現在のページのフォロワー数は、約11万人です。投稿内容は、イラストやコラムを用いたもの、施設内のイベント、また、アニヴェルセルの会員に向けた情報などです。

投稿のポイント

ユーモアのある画像と共に「結婚」についてのコラムを投稿しています。

結婚にまつわるコラムを投稿することで、結婚式を執り行う人はもちろん、結婚を考えている予備軍もターゲットにしている点がポイントです。投稿にコラムを用いることで、あまり広告要素を感じさせずにPRができます。

また、投稿にリンクを付けることで、同社Webサイトへユーザーを誘導している点もポイントです。

まとめ

上記の事例から、参考のなりそうなポイントが2点見つかりました。

  1. 風景や接客の心構えなど自社の強みを、フォトジェニックな画像で表現する
    それぞれの企業が、風景や接客の心構えなど自社の強みをうまく投稿に反映させていました。自社の強みを的確に伝えられるコンテンツを選定することが重要です。
  2. 安心感や信頼感を伝える投稿内容にする
    人生の中でもビッグイベントである結婚式の場所選びやウエディングドレス選びは、通常の商材よりも安心感と信頼性が必要です。投稿から、視覚的な安心感や精神的な安心感などを与えることが重要になってきます。それに加えて、実際に働いている写真を投稿に用いることで臨場感を出す工夫も必要です。

以上が、事例から考えるブライダル業界のFacebook運用のポイントです。

この記事に関するキーワード
ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

92

友だちをひきつけて離さない! ローソンLINE公式アカウントの施策まとめ

Facebookライブ配信 アイキャッチ

【事例付き】企業セミナーは今やFacebookライブ配信する時代!メリットや活用ポイントを徹底解説

aikyaxtuti

ユーザーは”企業”ではなく”投稿”を見てフォローするか決める【調査データ付き】

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス