ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2011.08.10

最低限知っておくべき!企業がこぞってFacebookを使う10個のメリット、まとめ

最低限知っておくべき!企業がこぞってFacebookを使う10個の理由、まとめ
みんな、Facebook、Facebookって騒いでいるけど、
フェイスブックの何がそんなに良いの?

心の中ではそう思っていても、周りの人に聞くのは恥ずかしい方も多いはず。

という事で今回は、企業がFacebookを活用する理由(=メリット)を10個まとめてみました。(「企業視点で」書いているのでユーザーのメリットは省いています。)

※Facebookの活用形態は色々ありますが、その中でも今回は「Facebookページ」に焦点を当ててます。

目次

・企業のメリット1.安価に開設できる。」
企業のメリット2.ファンとコミュニケーションを取れる。」
企業のメリット3.ファンへの告知が簡単に出来る。」
企業のメリット4.拡散性が強い。」
企業のメリット5.情報が滞留しやすい。」
企業のメリット6.アクション率(クリック率・認識率)が高い。」
企業のメリット7.ファン化の障壁が低い。」
企業のメリット8.情報に信頼感が上積みされやすい。」
企業のメリット9.荒れにくい。」
企業のメリット10.「ポジティブな反応が見込める。」

企業のメリット1.「安価に開設できる。」

1

ご存知の通り、Facebookページは「やり方さえ」分かれば、企業も無料で作れます。
これは、これまでの囲い込みツールと比べて大きな違いです。

「プライベートSNS」を作る場合は、初期費用で300~500万円以上はコストがかかるでしょう。「メール配信ASP」を使う場合は、月額費用で数十万円のコストがかかる企業も多いでしょう。

それが、どの企業も「Facebookページ」だと無料で持てるのです。(もちろんtwitterも無料で使えます。が、twitterよりFacebookのほうが色々と良いことがあります。詳しくは、2つ目以降のメリットをご覧下さい。)

注意点

「やり方」と「稼働する時間」を自分で持ち出しできる場合は「無料」です。が、基本的にはどの企業さんも内製だけだとリソース的に厳しいかと思いますので、費用はかかるものだと思ったほうが良いでしょう。(但し、それでも他のツールよりは安いですが。)

なので、見出しも「無料」ではなく「安価に開設できる」とさせて頂いてます。

どんな費用がかかるの?

以下のような費用は、必要に応じて予算取りで見ておいたほうが良いと思います。ここもどこまでやるかは企業さんによります。

▼初期費用(立ち上げ時)
-設定費用
-コンサルティング費用(もしくは企画費用、提案費用)
-デザイン制作費用
・プロフィール画像
・ウェルカムページ
・ファンゲート
・その他タブページ(枚数に合わせて)
-広告制作費用
・画像
・原稿
-アプリ制作費用(ただ、アプリはASPを使ったほうが安くて高機能な上、バグもないので楽です。)

▼月額費用(運用時)
-広告出稿、運用代行費用
-投稿監視費用
-運用代行費用
-月次コンサルティング費用
-レポーティング費用
-アプリASP利用費用
-解析ツール利用費用

費用の目安や、もう少し具体的な業務を知りたい方は、ラボ宛に個別にご相談下さい。⇒social-media-lab@gaiax.com

このテーマの記事アップはもう少し先になりそうなので、まずはメールでご回答したいと思います。

企業のメリット2.「ファンとのコミュニケーションが可能。」

Conversation, NYC, 1970
Conversation, NYC, 1970 / eye2eye

Facebookページを持つと、無料で「ウォール」という掲示板を利用できます。

ウォール上でのコミュニケーションは、「『Object(オブジェクト)』という投稿」に対して、「『Edge(エッジ)』という『コメント』・『いいね!』」を付加していく形で成り立っています。

2

グループインタビューやオフ会を通して行っていたコミュニケーションが、簡単にここで出来ます。

これまでの手段と比べ、「コスト」的にも「準備期間」的にも、圧倒的なメリットがありますよね!

アンケートも取れる!

顧客と会話が出来るだけではありません。

「Facebookクエスチョン」という無料機能を使い、アンケートも簡単に取れます。これまでお金を払っていたネットリサーチ費用が0円になります。

楽天トラベル」さんは、とても上手くクエスチョンを活用されてます。
まだ使ってない方は、こちらを見てぜひ試してみて下さい。

▼「楽天トラベル(Rakuten Travel, Inc.)」 – クエスチョンTOPページ
3
▼「楽天トラベル(Rakuten Travel, Inc.)」 – 個別クエスチョンページ
4
※回答ごとの票数もちゃんと見れます。

Facebookクエスチョンの使い方についてはこちらの記事が参考になります。

 

企業は顧客と、どんなコミュニケーションをするの?

まだFacebookページのウォールをご覧になったことがない方は、下記をご覧ください。ウォールでのコミュニケーションのイメージが沸くかと思います。

 ▼『GaiaXソーシャルメディア ラボ』のウォール
  http://www.facebook.com/socialmedia.gaiax?sk=wall

 ▼『コカ・コーラ パーク ファンページ』のウォール

 ▼『株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ』のウォール
  http://www.facebook.com/zerostart.inc?sk=wall

 ▼『ローソン(LAWSON)』のウォール
  http://www.facebook.com/lawson.fanpage?sk=wall

※他にも、「このFacebookページのウォールはコミュニケーションが上手く取れている!」というのがあれば、記事下のコメントから教えて下さい!

企業のメリット3.「ファンへの告知が簡単に出来る。」

(c) .foto project

とにかく告知が楽です。

1.投稿が楽!

告知は、FacebookページのウォールにポストするだけでOK。それだけで、ファンのニュースフィードに企業が届けたい情報をお届けできます。

5

また投稿する内容は上記のように、「近況(=テキスト)」、「写真」、「リンク」、「動画」、「クエスチョン」と5つから選べます。

2.量が少なくてもいいので楽!

「メルマガ」や「ブログ」を運営している企業さんならわかるかと思いますが、、、
文章書くのって大変ですよね(汗)

「今週は何を書こう…><」
「これだと短すぎかな…」

といった心配ごとが良くあるかと思いますが、Facebookページでは全くそんなことを気にする必要はありません。むしろ投稿する文章は短いほどファンの方々には好まれます。

参考になるニュースがあれば、そのリンクを貼りつけるだけでも1つのコンテンツとして成り立ちます。
▼リンクを貼り付ければ、勝手にページの
「画像」・「タイトル」・「ディスクリプション」を引用してくれる。

6

企業のメリット4.「拡散性(バイラル性)が強い。」

birds Ibirds I / ashraful kadir

Facebookは情報の拡散性が強いと言われています。

それは、twitterと同様に、情報を「受け取る」のと「拡散させる」という2つの動きを同じ場所で出来るからです。

8

twitterよりも拡散性が強い!?

個人的には、twitterよりもFacebookのほうが拡散性が強いと思っています。

それはなぜか?

  • 情報が滞留しやすい。
    (=長時間表示されやすい。)
  • 見て貰える確率が高い。
    (=エッジランクがあり、フォロー数(友達数)もFacebookのほうが格段に少ないため)

この2つが理由です。

「受け取る」・「拡散させる」機能が同じ場所にあるというのは、twitterと同じですが、この2つの理由のおかげで、一人一人に情報を届けた後の拡散性はFacebookのほうが明らかに高くなります。

企業のメリット5.「情報が滞留しやすい。(長時間表示されやすい)」

7

これはtwitterに比べて大きくFacebookが勝っている部分です。
ニュースフィードには時系列で情報が流れてくる訳ではないのです。

「ハイライト」では価値ある情報が表示され続ける

Facebookのニュースフィードには、大きく「ハイライト」と「最新情報」の2種類があります。このうち、多くのユーザーは「ハイライト」を見ています。

「ハイライト」には、ユーザーひとりひとりにとって大事だと思われる情報が表示されます。Facebookが「エッジランク」という独自のアルゴリズムを使ってその選別をしているのです。この仕組みによって、いくら友達が多くなっても、いくら企業のFacebookページのファンになっても、価値ある情報は長い時間、表示され続けます。
(twitterのタイムラインは、情報がすぐ流れていっちゃいますよね!)

※ハイライトについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

企業のメリット6.「他の告知方法より見て貰える確率が高い。」

9

ウォールへ投稿した内容は、とにかく良く見て貰えます。

「閲覧率」「クリック率」、どちらの指標で比べても、twitterやメルマガなど他のツールよりも圧倒的にFacebookのほうが勝っています。

どれくらい勝っているの?

メルマガの開封率が低いというのは議論の余地はないでしょう。では、twitterとFacebookを比べると?

下の数字は、GaiaXソーシャルメディア ラボのtwitter・Facebook両アカウントで、リンクを投稿した時の誘導数を計測したものです。

10

論拠は別記事で後日アップしますが、4倍以上の差が出ました。

例えば、twitter・Facebookともに1,000人のフォロワー(ファン)がいたとします。それぞれで、リンクを1回投稿すると、twitterでは30人しか誘導できませんが、Facebookでは144人も誘導できます。

※2011年12月15日 追記
上記スライドでは、ファン数に対しての誘導率が14.4%としていますが、ファン数の増加やニュースフィードの仕様変更などの要因により、誘導率は低下しています。現在誘導率は調査中になります。

※twitterの3.0%という数字の論拠は、下記の記事で詳しくご説明しています。

企業のメリット7.「ファン化の障壁が低い。」

11

ファンになって貰うハードルがとにかく低いです。

メールアドレス等の個人情報を入力して貰う必要もありませんし、何より「ワンクリック」で、「画面遷移せず」に、ファンになれるのは大きいです。

企業が自社で会員サイトを用意する場合は、会員登録フォームからメールアドレス等を登録して貰う事になります。その時、登録完了率が50~60%(*注1)と言われているので、Facebookページを活用した時のハードルの低さは、企業にとって大きなメリットになります。

*注1 :SC SUGAR CLIPより引用 

企業のメリット8.「拡散される情報に信頼度が上乗せされる。」

Facebook内での情報認知は「友達のウォール投稿」で!

ユーザーがFacebook内で何かしらの情報を知るきっかけを大別すると、

1.友達のウォール投稿
2.グループやFacebookページのウォール投稿
3.Facebook内広告

に分けられます。

詳細なデータは無いので、私個人の感覚的になりますが、この中でも「1.友達のウォール投稿」が最もよくニュースフィードに表示されます。

この「友達の投稿が良く表示される」というのがFacebook上での情報拡散のポイントです。

「知人からの情報」が最も信頼される

1

(引用:Markezine
ニールセンの調査「広告形態別の信頼度 2009年4月」によると、最も信頼のおける情報は「知人からの情報 90%」で、次が「ネット上の口コミ 70%」でした。

当たり前ですが、他人の「口コミ」よりも、「知人からの紹介」のほうが信頼度が高いのです。

企業から一方的に情報を伝えるだけではなく、「いいね!」「コメント」「シェア」といった機能を介し、「知人からの紹介」という形で情報が広がるFacebook。これは企業にとって、とても大きなメリットです。

企業のメリット9.「荒れにくい。」

これだけソーシャルメディアが当たり前になっても、利用に二の足を踏む企業もいます。その理由の1つが「炎上リスク」です。

Facebookは「実名制」なので、匿名性のSNS等に比べて炎上しにくい作りになっています。

ただし、、、

「炎上」はしないまでも、企業に対する誹謗中傷がウォールに投稿されるケースもあります。また、スパム的に広告ポストを色々なFacebookページにしまくる人もいます。

そういった意図しない投稿に対するチェック(投稿監視)は毎日していったほうが良いでしょう。

企業のメリット10.「ポジティブな反応が見込める。」

14
Love is not Blind / Lel4nd

「メリット9」とも関連しますが、とにかく「ポジティブな反応」が多く見込めます。

「いいね!」という表現であったり、「実名制」・「リアル友達制」などのルールにより、否定的な意見が出づらい作りになっているためです。

ポジティブな反応が大多数を占めるので、企業のマーケティングにも活用しやすくなっています。

▼ガイアックス提供サービス一覧


SNSマーケティング支援サービスTOP
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)運用代行サービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)コンサルティングサービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram)広告運用サービス
Facebookアプリ(懸賞・コンテスト・検定)サービス

この記事に関するキーワード
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

grobalpage

Facebookグローバルページとは?作成方法からその効果まで徹底解説!

ジャックダニエル事例

「ジャック・ダニエル」のFacebook連動キャンペーンが粋すぎる!360°動画活用事例

06

【調査記事】Facebook,Instagram,Twitter各SNSで最適な投稿頻度・回数とは?

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス