Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.09.30

LINE@で認証済みアカウントの申請をするには?

A:LINE@の審査に合格する必要があります。

 

アカウントの種類

 

通常LINE@アプリで登録すると「一般アカウント」になりますが、LINE@の審査に合格すると「認定済みアカウント」になります。認定されるには実店舗のあるアカウント、EC事業者等、本人確認ができることが必須条件になります。

 

一般アカウントはLINE内の検索結果に表示されませんが、認証済みアカウントは表示されるので、法人・企業向けのアカウントとも言えます

image05

 

image00

 

アカウント別の表示方法

 

表示されるバッジの色で、アカウントの区別ができます。

 

■一般アカウント(グレー)

個人・法人どちらでも取得可能で、未審査アカウントです。

無料プラン・有料プランどちらもとも利用できます。

 

■認証済みアカウント(グリーン)

厳しいい審査と高額な費用(初期費用200万円、月々150万円~)が必要になるアカウントです。

 

■認証済みアカウント(ブルー)

審査を通過すれば、無料で取得できるLINE@公認アカウントです。

今まで限れた業種のみ公認として認められていましたが、新たにその業種・カテゴリが増えました。

 

設定方法

 

認証済みになるには、まず審査申請が必要になります。

申請はLINE@アプリから簡単にできます。

 

すでに一般アカウントを持っている場合

 

image01

 

手順1:LINE@アプリの管理画面を開きます。

手順2:メンバー・アカウント管理をタップします。

 

image02

 

手順3:アカウントの承認を選び、企業情報を入力後、審査申請することできます。

 

新規でLINE@アカウントを作成する場合

 

LINE@公式ページにある認証済みアカウントの申込みから申請できます。

開設するためにはLINEビジネスセンターへ登録、その後LINE@の申し込みが必要です。

 

image04

 

審査申し込みをしてから約5~10営業日後、審査結果が登録してあるメールアドレスへ送られてきます。

 

参考:

https://ischool.co.jp/2016-06-16/

https://help2.line.me/line_at_application/android/categoryId/10001843/pc?lang=ja

http://at.line.me/jp/entry

関連Q&A

関連企業事例研究

関連記事

92

友だちをひきつけて離さない! ローソンLINE公式アカウントの施策まとめ

aikyaxtuti

ユーザーは”企業”ではなく”投稿”を見てフォローするか決める【調査データ付き】

インすた ストーリー

【事例効果つき】徹底解剖!Instagram広告のすべて

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス