Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2020.06.01

Twitter投稿に最適な画像サイズとは?PC版・スマホ版では比率が違うので要チェック!

実はTwitterでは、PC版とスマートフォン版のタイムラインで微妙に画像のサイズや見え方が変わってきます。Twitterに画像を投稿するにあたり、PCでもスマートフォンでもタイムラインできれいに画像を表示させるために最適な画像のサイズ・比率をご紹介します。

※更新履歴
2020年7月:最新情報を元に内容を修正しました。

■目次

  • Twitter投稿に最適な画像サイズ
  • Twitter投稿に最適な動画サイズ
  • まとめ

 

Twitter投稿に最適な画像サイズ

Twitterの画像投稿に最適と考えられる推奨サイズは、以下です。

  • 横1200ピクセル以上
  • アスペクト比16:9

具体的には、1280 x 720ピクセル、1920 x 1080ピクセルなどが、アスペクト比16:9でよく使われるピクセル数です。

現時点でTwitter公式ヘルプには、ファイルのサイズ・形式を除き、推奨される画像サイズの情報についての記載はありません。そこで、さまざまな画像サイズで実験したところ、PC版においても、スマホ版においても両方でトリミングされることなく表示されるベストなアスペクト比は、16:9でした。

また、Twitter広告の場合の推奨サイズではありますが、横のサイズは600ピクセル以上を推奨、1200ピクセル以上の画像であれば、ユーザーが画像を拡大したときに画像がきめ細かく表示されるとの記載があります。

ですので、横1200ピクセル以上でアスペクト比16:9であれば、投稿時にきれいに表示され、ユーザーが拡大したときにも見やすい画像になるといえます。

縦サイズが横よりも大きい場合には、タイムライン上ではアスペクト比が1:1になるように画像の一部がカットされ、正方形のように見えます。

Twitterヘルプセンターによると、ファイルサイズについて画像は5MB以下、ファイル形式はGIFJPEGPNG形式の画像ファイルを追加できるとあります。BMP、TIFFなどの形式のファイルには対応していません。

なお、上記の画像サイズはあくまでタイムラインできれいに表示されるサイズであり、画像をタップすればこれ以外のサイズの画像でも全体を閲覧可能です。

注意!PCとスマートフォンでの表示の違い

PC版とスマートフォンアプリ版での表示で大きな違いは、PC版では16:9と2:1の2つのアスペクト比に対応しているのに対し、スマートフォン版においては16:9の1つだけであるという点です。詳細は、以下をご覧ください。

PC版の場合のタイムライン上での画像表示

以下では横幅を1200ピクセルにして、アスペクト比を変えて実験しています。

まずは、PC版で対応可能とされている2:1のアスペクト比から見ていきましょう。

上記のように、アスペクト比が2:1の画像であれば、四隅が少し丸めに縁取られていることを除けば画質が劣化することなくタイムラインで画像全体が表示されます。

では、PCとスマートフォン双方向けのアスペクト比である16:9の画像を使用した場合、PC上での表示のされ方はどうなるでしょうか。

上記のように、画像が上下左右カットされることなく全体が表示されています。

その他のアスペクト比で投稿したらどのように表示されるのでしょうか。アスペクト比3:2、6:5、1:1で試してみました。

▼アスペクト比3:2

▼アスペクト比6:5

▼アスペクト比1:1

 

Twitter広告の仕様ではこれらのアスペクト比でも問題なく表示されるはずですが、通常のツイートにおいては上下が切り取られて表示されます。

PC版のタイムラインでの画像表示についてまとめると、アスペクト比は2:1か16:9で、それ以外の比率の場合は横幅を基準に余った縦幅がカットされます。

スマートフォン版(アプリ)の場合

スマートフォン版の通常ツイートにおいても、16:9で問題なく表示される結果となりました。

では、PCでは問題なく表示されていた、2:1のアスペクト比はどうでしょうか。

上記の画像のように、モバイル版においては1,200×600ピクセル(2:1)の画像を添付すると、左右が少し切り取られます。2:1はつまり18:9であり、システムがこれを16:9の比率にしようと横幅を切り取ったためです。

PC版と同様、その他のアスペクト比も見てみましょう。

▼アスペクト比3:2

▼アスペクト比6:5

▼アスペクト比1:1

どのサイズでも、アスペクト比16:9を超える場合は16:9になるように画像の上下がトリミングされています。

PC版・スマートフォン版両方に最適なサイズ・比率と注意点

これらを踏まえた結論として、PC版・スマートフォン版両方のプレビューで画像全体を表示させることができる画像の比率は16:9、ファイルサイズは5MB以下と言えます。

また、最低限の画質を確保しつつ、トリミングされない画像サイズとしては、横608×縦342ピクセルとなりますが、もう少し扱いやすい数字の目安を考慮して、横640×縦360ピクセルをおすすめします。

16:9以外の比率を使う場合、画像の中央に重要な情報を掲載することで、タイムラインで目に止まりやすくなるでしょう。

Twitter投稿に最適な動画サイズ

Twitterのヘルプセンターに明記されている、動画の仕様の条件は以下です。

  • 縦横比:1:2.39~39:1
  • 解像度:32×32~1920×1200、および1200×1920
  • 最大フレームレート:40fps
  • 最大ビットレート:25Mbps
  • ファイル形式:モバイルアプリはMP4MOV、ブラウザはMP4(H264形式、AACオーディオ)
  • 長さ:2分20秒間以内
  • サイズ:最大512MB

参考:https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-videos

ファイル形式は、スマートフォンアプリとブラウザの両方でサポートされているはMP4が推奨されます。

高解像度の画像をアップする場合の注意点

先述の通り、解像度は高低幅広い範囲でサポートされていますが、画素数が高い動画を投稿すると、劣化して見える傾向があります。この主な原因の一つには、画素数の大きい動画が自動的に圧縮されることが挙げられます。

アップロードした動画が劣化して見える場合、あえて画素数を低くすることで圧縮されず、高解像度のものをアップロードするよりきれいに見える可能性があります。サポートされている範囲でできるだけ高解像度を目指すだけでなく、Twitterできれいに見えるサイズを考慮するのが大切です。

まとめ

画像と動画それぞれの最適なサイズは、以下の通りです。

Twitter投稿における推奨画像サイズ

  • アスペクト比:16:9
  • 画素数:1200×675、1280 x 720、1920 x 1080 など

Twitter投稿における推奨動画サイズ

  • アスペクト比: 1:2.39~2.39:1
  • 画素数: 32×32~1,920×1,200、および1,200×1,920

Twitterは、PC版とスマホ版のタイムラインできれいに表示される画像のサイズ・比率が異なり、また画像の比率によって縮小して画像の全体を表示する、といったことまでは対応していません。

こういった仕様を理解した上で、画像のサイズやデザインに配慮することで、より魅力的な投稿を作成できるでしょう。

Twitter活用なら、ガイアックスにお任せください!

■SNS運用代行サービス
■SNS運用コンサルティングサービス

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

6月の主要SNSニュースまとめ! Twitterで140秒の音声投稿テストや、Facebook広告の出稿ボイコットなど。

5月の主要SNSニュースまとめ! FacebookやInstagramで新しいショップ機能やLINE「みんなで見る」ほか。

正社員の1/3がTwitterにアクティブ。ベーシックが全社を巻き込むTwitter活用で、成果を上げるまで

お役立ち資料ダウンロード
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス