Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.06.16

【Facebook広告のフォーマット:4】Photo Ad(写真広告)

■Photo Ad(写真広告)

Facebook広告のフォーマット解説第4弾は、Photo Ad写真広告)についてです。

リンク広告と似たビジュアルですが、この写真広告にはリンクがありません。そもそもリンク広告は外部のWebサイトやページにユーザーを誘導するのが目的ですが、写真広告の主たる目的はFacebookページの活性化です。

Facebookページに「いいね!」してファンとなってもらうことの他にも、写真そのものに対して「いいね!」やシェア、コメント、クリックしてもらうことにより、Facebookページをより魅力的なものとするための広告となります。

外部に誘導させることや動画広告でのアプローチは、効果が高い反面、どうしても宣伝臭さが滲み出てしまう傾向にあります。

写真広告のいいところは通常の投稿とほとんどビジュアルが変わらず、あまり宣伝のように見えず、企業のブランディングの一環として価値を発揮できます。

Facebook広告がオススメする写真広告のガイドラインは以下となっています。

ニュースフィードの画像サイズ: 1,200 x 900ピクセル

ニュースフィードの画像アスペクト比: 4:3

右側広告枠の画像サイズ: 254 x 133ピクセル

右側広告枠の画像アスペクト比: 1.9:1

テキスト: 90字以内

画像にテキストが占める面積が20%を超えてはいけません。画像にテキストが占める割合をチェックできるグリッドツールをご利用ください。

グリッドツール:

https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

人口たった2%の検討層にどうアプローチ? 自動車業界のInstagram、Facebook活用最前線!【#IGAUTO イベントレポート】

2019年8月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

【保存版】SNS炎上を防ぐ4つの対策と、炎上発生時の3つの心構え

お役立ち資料ダウンロード
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス