Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.07.13

Facebookが新機能「See First」を実験し、ユーザービリティのさらなる向上を目指す

TechCrunchの取材によるとFacebookでは現在、See Firstと呼ばれるニュースフィードの新しい表示方法を実験しているとのことです。

では、その新機能See Firstとはどのような機能なのかについて今回はご紹介していきます。

■See Firstとは

これまで、ユーザーがニュースフィードの表示内容を操作する場合は、「友達」と「フォロー」をオン/オフする他、「友達」をカテゴライズし、「親しい友達」に設定することで、そのユーザー投稿が自身のニュースフィードに表示させる可能性が高めるくらいでした。

しかし、現在実験中のSee Firstでは、友達のページやプロフィール画面でSee Firstの機能をオンにすると、その相手からの投稿が常に自身のニュースフィードのトップに優先的に表示されるようになります。

これによりユーザーは、自身にとって優先度の高い友達やフォロワーの投稿を見やすくなるため、ユーザービリティや利用頻度を大幅に高めることへと繋がります。

2015年4月にFacebookが発表した決算では、モバイルでの広告売上高が広告売上高全体の約73%を占めていました。

Facebookでは、増加し続けているモバイルユーザーでの広告売上の拡大を念頭に、広告主とユーザーへの最適なマッチングを促すため、See Firstのような新機能を実験している他、スパムや捏造動画などを非表示にするように進めています。

こうした動きから、同社は今後、ユーザーに対してより良質なコンテンツ(広告も含めて)を提供するため、ユーザービリティを意識した改善のスピードを上げていくのではないでしょうか。

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

ショップ機能のアップデート総まとめ。Facebook社が目指すコロナ以降のオンラインの購入体験とは

8月の主要SNSニュースまとめ! Instagramで短尺動画機能「リール(Reels)」発表、Twitterでは投稿の公開範囲が制限可能に! ほか

7月の主要SNSニュースまとめ! Instagramが国内でも「ショップ」を発見タブに搭載。Twitterのサブスク機能候補が明らかに ほか。