Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.09.07

ユーザーローカルがTwitterで拡散経路を可視化する「リツイート分析ツール」を公開

ビッグデータ分析のベンチャー企業である株式会社ユーザーローカルは、8月19日にTwitterの投稿やURLの拡散可視化ツール「UserLocalリツイート分析ツール」を公開しました。

いつ、誰によって、どのように広まっていくのか、イメージがつかみやすい拡散図とツイート件数を表す棒グラフによって把握できます。また同ツールは無料で利用でき、企業で利用すればTwitterの拡散傾向がつかめ、今後の対策に役立つことが期待できます。

■UserLocalリツイート分析ツールとは

UserLocalリツイート分析ツールは、2つの方法で調べることができます。

1、「自分の投稿」の場合

2

ツールページ下部の「Twitterアカウントを解析」の「解析ページへ」ボタンからTwitterアカウントを認証します。そうすると「Tweet一覧」ページへ飛び、左列「拡散を見る」ボタンを押すと拡散図等見られます。

2、「指定したURL」の場合

3

ツールページ上部の「URLの拡散を調べる」の指定バーに任意のURLを打ち込み「解析する」ボタンを押します。そうすると、ここではすぐに拡散図等見られます。

分析結果は各ユーザーのフォロワーとリツイート時刻を元に推定され、どのユーザーの投稿から多く枝分かれ(=拡散)しているかを確認できます。

また、この拡散図にはシンプルにユーザーのプロフィール画像とアカウント名が記載され、枝分かれして広まっていく様子がわかるようになっています。

これにより企業のソーシャル担当者は、拡散経路やインフルエンサー(拡散者)を特定できるため、投稿の改善や最適化に役立つものになっています。

現在は500RTまでのデータは正確に追跡することができますが、今後、メディア分析ツール「Media Insight」、ソーシャルメディア分析ツール「Social Insight」の有料版導入企業には、500RT以上の追跡にも対応する予定とのことです。

そこそこ拡散できてきたが伸び悩んでいる……。そんなTwitterの運用にお悩みの方は、まずはこの無料ツールから始めて自社の投稿を振り返り改善・最適化をしてみてはいかがでしょうか。

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

8/29出版『僕らはSNSでモノを買う』の10章「ULSSASを回すポイント① スモール・ストロング・タイの法則」公開  #ウルサス本

2019年8月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

【保存版】SNS炎上を防ぐ4つの対策と、炎上発生時の3つの心構え

お役立ち資料ダウンロード
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス