Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.09.09

「LINE公式アカウントを追加した経験ある」、スマホ所有者61.6%が回答。企業アカウントの利用率No.1はLINE

2015年8月、MMD研究所とスマートアンサーが共同で「企業の公式アプリ・LINE公式アカウントに関する調査」を行い、スマホ所有者の会社員・専業主婦(主夫)・学生を対象にTwitterFacebookInstagramにおける公式アカウントのフォロー率や、LINE公式アカウント利用率を調べました。

■61.6%の利用率。やっぱり強いLINE公式アカウント

「LINEで公式アカウントを追加した経験」があるかを1,580人に聞いたところ、60%以上の人が「追加したことがある」と回答。なかでも「学生」の利用率74.2%は最も大きい数字でした。

LINEで公式アカウントを追加した経験

LINEで公式アカウントを追加した経験

また「企業、ブランド、ショップなどの公式アカウントをフォローしているものはありますか?」という質問に対して「Twitter」で31.7%、「Facebook」では18.9%、「Instagram」では8.9%の人が「フォローしている」と回答しました。

企業、ブランド、ショップなどの公式アカウントをフォローしているSNS

企業、ブランド、ショップなどの公式アカウントをフォローしているSNS

■グルメやファッション関係のアカウントは人気

続いて「追加したことがあるLINE公式アカウントのカテゴリ」に関して調査した結果です。

追加したことがあるLINE公式アカウントのカテゴリ(全体、会社員)

追加したことがあるLINE公式アカウントのカテゴリ(全体、会社員)

追加したことがあるLINE公式アカウントのカテゴリ(専業主婦、学生)

追加したことがあるLINE公式アカウントのカテゴリ(専業主婦、学生)

まず全体でみると、「グルメ・フード」や「ファッション」、「アーティスト」や「ゲーム」カテゴリがどれも30%を超えています。

そして細かく見てみると、会社員・専業主婦(主夫)が「ファッション」関係の公式アカウントを最も利用している一方で、学生は「アーティスト」関係の公式アカウントを最も利用していることが分かります。やはり年代によって違いがあるようです。

■「スタンプ」や「クーポン」のため……公式アカウント利用の目的とは

LINE公式アカウント内にはプレゼントの応募が可能なキャンペーンもあります。

そうしたキャンペーンに参加したことがある利用者194人を対象に、参加した理由を聞いたところ「スタンプが欲しかったから」と答えた人が59.8%、「プレゼントをもらうため」と答えた方が53.6%いました。

この調査から利用者は単純に情報収集のためというよりも、その企業限定のスタンプやプレゼントを期待していることがわかります。

LINEで告知されたキャンペーンに参加した理由

LINEで告知されたキャンペーンに参加した理由

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

【若年層のSNS利用状況関連の調査まとめ】 テレビは見ないがネット動画は毎日見る。若年層のネット利用状況とは?

5月の主要SNSニュースまとめ! FacebookやInstagramで新しいショップ機能やLINE「みんなで見る」ほか。

2020年5月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ

お役立ち資料ダウンロード
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス