Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.09.16

世界最大級メッセージングアプリ・WhatsAppのMAUが9億人を突破

2014年10月にFacebookに買収された世界最大のメッセージングアプリWhatsAppが、月間アクティブユーザー(MAU)数9億人突破を2015年9月4日(現地時間)に発表しました。

WhatsApp共同創業者兼CEOのJan Koum氏が、自身のFacebookへ投稿したことにより明らかとなりました。

■WhatsAppとは

WhatsAppは2009年5月より提供が開始され、無料でテキストメッセージ・写真・動画を送信したり、位置情報の共有、ボイスメッセージ機能などを備えているメッセージングアプリになります。

また、WhatsAppの提供しているサービス内容を見ると、アメリカ版LINEとイメージする人が多いと思いますが、スタンプや音声通話、ゲームとの連動もなく、広告を載せない、そして2年目から有料という点においてLINEとは大きく異なっています。。

■ユーザー数急増の理由

Facebookによる買収が発表された2014年2月時点でMAUは4億5000万人、8月には6億人、今年1月に7億人、4月には8億人を達成と、順調にユーザー数を増やしているWhatsApp。ここまで急速に普及した理由は何だったのでしょうか。

スマホが登場する前、日本ではショートメール(SMS)よりもEメールの普及が早く、Eメールでのやり取りが一般的でした。

それに対してアメリカでは、他キャリアとのSMS利用が早くから実現しており、逆にEメールへの対応が遅れていました。電話料金のかかるSMSを当たり前のように使っている中、突如現れた無料メッセージングアプリWhatsAppに利用者が集中したと言われています。

当時は有料アプリとして出されていましたが、SMS利用者にとっては1ドルばかりの金額でメールし放題というのは魅力的でした。

現在は2年目から無料となりましたが、ユーザー数の増加は留まるところを知りません。

■まとめ

SMS時代の普及背景とは違う現代では、競合他社の台頭や機能の進化が著しく変化しています。

ユーザーがユーザーを呼ぶ仕組みを確立したWhatsAppは、Facebookの後ろ盾を得て、今後どのような成長を見せてくれるのでしょうか。Facebookの動きと一緒に注目すべき話題と言えます。

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

広告活用も可能!企業がFacebookメッセンジャーボットを使うメリットと事例、作成方法

Messenger広告が全世界で可能に! Messengerに関する3種類の広告解説!

“陣取り合戦”は終わった? 世界のメッセンジャーアプリ比較と今後の戦略とは

お役立ち資料ダウンロード
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス