Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.12.07

スマホ利用時間TOP3はコミュニケーション系アプリ、1位は「LINE」

視聴行動分析サービスを提供するニールセンが、スマートフォンのアプリケーション(スマホアプリ)の利用状況を分析し、その結果を2015年11月25日に発表しました。

■スマートフォンの利用時間の約80%はアプリ利用

001
1人が1日にスマートフォンを利用する時間は昨年より4分増加し、1時間49分でした。中でも、シェアの78%(昨年比3%増)を占めるスマホアプリは、昨年よりも利用時間が6分増え、1時間28分利用されていることが分かりました。

ブラウザの利用時間は23分(昨年比2分減)、シェアは22%です。スマホアプリに費やす時間が増加したことで、スマートフォン全体の利用時間も増加していると言えます。

■1位は「LINE」、コミュニケーション系アプリが利用時間上位を占める

002
最も利用時間が長かったスマホアプリは、シェア10.4%を占めるLINEでした。続いて二位のTwitter(7.5%)、三位のFacebook(5.7%)と、コミュニケーションやソーシャルネットに分類されるアプリが上位を占めています。

ランキング外のアプリも含めると、コミュニケーション系のアプリはスマホアプリの総利用時間の35%のシェアを占めているそうです(2015年9月データ)。

34歳以下の利用者に限定すると、8位にInstagram、9位にメルカリがランクイン。世代によってスマホアプリの利用時間に特長があるようです。

■スマホアプリTOP3の利用時間帯別シェア

003
総利用時間シェアTOP3にランクインしたスマホアプリの利用時間帯別シェアによると、アプリ毎に特長が現れています。

3つのアプリとも朝6時から夜23時までの利用時間が長いですが、LINEは朝8時、昼12時、夜18~21時と大きく3つの山があります。Facebookの利用時間は日中大きな変化はなく、Twitterは午後から夜にかけて利用時間が増加しています。

0~5時に関しては、Twitterが他二つのアプリに比べて利用時間が長くなっています(2015年9月データ)。

■調査対象

・日本全国の4,000名(iOS、Android各2,000名)のアクセスログ情報

・18歳以上の男女

参照元:

http://www.netratings.co.jp/news_release/2015/11/Newsrelease20151125.html

お役立ち資料ダウンロード

関連記事

6月の主要SNSニュースまとめ! Twitterで140秒の音声投稿テストや、Facebook広告の出稿ボイコットなど。

5月の主要SNSニュースまとめ! FacebookやInstagramで新しいショップ機能やLINE「みんなで見る」ほか。

正社員の1/3がTwitterにアクティブ。ベーシックが全社を巻き込むTwitter活用で、成果を上げるまで

お役立ち資料ダウンロード
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス