X(Twitter)のフォロー&リツイートキャンペーン事例まとめ!2023年最新版

2024/01/09

X(Twitter)のフォロー、リツイート、ハッシュタグといったX(Twitter)の機能を上手く利用することは、効果的なキャンペーンを行うために必要です。そしてただいずれかの機能を利用すればよいというものでもなく、その使い方もキャンペーンの目的によって異なります。
そこで、今回は実際に行われたX(Twitter)キャンペーンの事例を、目的別にまとめました。狙った効果が得られるキャンペーンを行うための参考にしてください。


本記事は企業のSNSマーケティングを包括的に支援をしているガイアックスが解説しています。運用実績10年以上、大手企業を中心に累計1,000社以上の運用実績があります。

SNS運用、SNSキャンペーンに興味のあるご担当者様は、ガイアックスにご相談ください。


※編集部注
2023年5月1日:最新のキャンペーン事例を追加しました。
2018年10月17日:最新のキャンペーン事例を追加しました。

    ■目次

  1. X(Twitter)キャンペーンは拡散・新規フォロワー獲得向き
  2. フォロワー獲得を目的としたキャンペーン事例4選
  3. 拡散・認知獲得を目的としたキャンペーン事例7選
  4. アプリダウンロード・アクティブ率向上を目的としたキャンペーン事2選
  5. 全体の考察

1.X(Twitter)キャンペーンは拡散・新規フォロワー獲得向き

X(Twitter)の拡散性は非常に高く、キャンペーン情報がリツイートによってフォロワーからフォロワーへと拡散するので、ほかのSNSと比較してもその効果は抜群です。そのため、新製品や期間限定商品のプロモーションとの相性が良いでしょう。

多くの人にリーチするので、新規フォロワーの獲得も期待できるのがX(Twitter)でのキャンペーンの特徴です。

1

2. フォロワー獲得を目的としたキャンペーン事例4選

1.【公式】StudySearch@受験生応援

フォロワー獲得を目的と公言して行ったキャンペーンです。
アカウントをフォローして、該当ツイートをリツイートすると応募が完了し、抽選で5名に5,000円のAmazonギフト券が当たるというものです。
応募の必須条件にフォローすることが入っているため、キャンペーン期間中はフォロー数の右肩上がりが期待できます。

2.ハワイアン航空

日本路線就航10周年を記念した企画です。
アカウントのフォローと該当ツイートのリツイートに加えて、初めてのハワイの思い出をコメントすることで応募が完了し、抽選で オリジナルトラベルキットが当たるというものです。
旅行の思い出をコメントしてもらうことで、すでに行ったことのある人には「また行きたい」、まだ行ったことのない人には「行ってみたい」と思わせる口コミのような効果を持たせることが可能です。

3.Haier Japan

高額家電がもらえるキャンペーンです。
アカウントをフォローして、該当ツイートをリツイートすると応募が完了し、抽選で ハイアールの商品が当たるというものです。上記ツイートの時は冷蔵庫が対象の景品でした。
定期的に行うことで、次の機会を狙ったユーザーからフォローを外されにくくなり、キャンペーン後のフォロワー数減少防止にも一役買っています。

4.どん亭 とん太(しゃぶしゃぶすき焼どん亭)

フォロワー獲得を目的と公言して行ったキャンペーンです。
アカウントをフォローして、該当ツイートをリツイートすると応募が完了し、抽選で10名に1,000円分の食事券が当たるというものです。
「フォロワー1万人達成で3,000円分増額」とすることでさらにお得感を出し、フォローを促しています。

3.拡散・認知獲得を目的としたキャンペーン事例7選

リツイートや特定のハッシュタグで投稿することが条件となっているキャンペーンです。フォローする必要がないため、ユーザーの参加ハードルを下げる効果もあります。とにかく情報を多くの人に広めたいときに参考となる事例です。

1. ほっともっと(公式)

フォロー&リツイートすると抽選でプレゼントが当たる企画に、#ほっともっとを付けたツイートをすることで別のプレゼントにも追加で応募できる企画を合わせた、二段構えのキャンペーンです。
ハッシュタグを利用することで、さまざまな人の目につきやすくなります。

2.花キューピット【公式】

母の日に合わせたキャンペーン企画です。
フォローとリツイートをした後、専用のアプリをDLすれば、すぐに当落が確認できる手軽さがあります。
またキャンペーン期間は毎日チャレンジが可能であったため、チャンスが増える点も、参加意欲を掻き立てます。

3.東宝映画情報【公式】

映画のグッズが当たる、フォロー&リツイートで参加するキャンペーンです。
対象作品の感想をコメントすると当選率が当たるよう設定されており、該当ツイートのアクティブが盛んになり、更なる宣伝効果が期待できます。
また景品が非売品なところもファンの所有欲を刺激する良い手になっていると感じます。

4.デニーズ公式

限定商品発売開始に合わせたキャンペーンです。フォロー&リツイートで応募が完了し、結果のリプライが自動で届くため気軽に参加できます。
参加時点でユーザーは新商品を目にしているため、商品に興味を思ってもらうことは出来るため、当 たらなかった場合でも味が気になったユーザーが店頭に食べにくる可能性が上がると考えられます。

5. 東京リベンジャーズ2

映画のキャンペーン企画です。
映画公開日に日付が変わった0時のタイミングで投稿し、応援を募る内容でした。
アニメや芸能系のファンは「当日」の応援を好む傾向が強いため、X(Twitter)を使用しているファン層はかなり高い確率で参加したいと思うでしょうし、乗法の拡散が効率的であったと考えられます。

6.フタバ食品/サクレ

フォロー&リツイートをすると抽選でプレゼントが当たる企画に、#サクレマンゴーが食べたいを付けたツイートをすることで当選人数を追加できるという内容を合わせた、二段構えのキャンペーンです。
ハッシュタグを利用することで、さまざまな人の目につきやすくなり、新商品の周知をスムーズに行うことが出来ます。

7.デカビタC 公式

CMの新しいキャラクター公開記念のキャンペーンです。
ネタ的な景品と実用的な景品を両方採用することで、参加ユーザー層を狭めないようになっています。
またCMでも使っている流行りの歌のフレーズをツイートに盛り込むことによってユーザーの興味を引き、リツイートしたくなるように工夫されています。

4.アプリダウンロード・アクティブ率向上を目的としたキャンペーン事例2選

アプリのダウンロードや利用促進のためにX(Twitter)を利用している事例です。X(Twitter)上で認知されるよりも、アプリへの誘導に主眼が置かれています。

1.ピザーラ

フォロー&リツイートでピザのチケットが当たるキャンペーンです。
当選人数が100名と多めに設定されており、参加意欲を高めることが出来ると考えられます。
またLINEでも同じ企画に参加できるようにすることで、X(Twitter)だけでなくLINEでの友達登録を増やしていく狙いもあります。

2.ファミリーマート

フォロー&リツイートで参加できる企画です。
ただのプレゼントキャンペーンではなく、店頭でのイベントの周知も同時に行いながら、ファミペイ払いでボーナス付与をするキャンペーンをしているという情報を入れることでアプリのDL促進も狙うことが出来ます。

5.全体の考察

SNSの中でも特に情報の拡散性が高いX(Twitter)ならでは条件がどのキャンペーンでも設けられていましたね。X(Twitter)キャンペーン事例を見てみると、以下の2点がポイントになります。

  1. リツイートやフォローというシンプルなステップでキャンペーンに応募できること
  2. X(Twitter)ユーザーたちがRT&フォローしたくなるような仕掛けやコラボ、抽選商品の魅力があること

 
X(Twitter)キャンペーンはちょっとした商品やプレゼントがあれば比較的簡単に実施でき、ユーザーも気軽に参加してくれます。大手企業やファン数の多いアカウントでなくても、フォロワーを増やすための施策として、試しに実践してみるといいでしょう。

キャンペーンを検討される方は、ぜひ上記のポイントを押さえて始めていただきたいと思います。

X(Twitter)活用なら、ガイアックスにお任せください!

■SNS投稿キャンペーン
■SNSコンサルティングサービス

メルマガでSNSの最新情報をキャッチしたい方はこちら

この記事を書いた人:ソーシャルメディアラボ編集部

企業のWeb担当者様が積極的にSNSをビジネス活用していけるよう、ソーシャルメディア関連の「最新ニュース」「運用ノウハウ」「事例・データ」の情報を素早くキャッチしてお届けします。