Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.09.23

【最新版】SNS運用担当者は要チェック!Twitterの機能追加まとめ【2016年1月~8月】

トップ画

ユーザー数が伸び悩んでいると言われるTwitterですが、日本国内では広告ビジネスを中心にまだまだ好調です。当然、SNS運用担当者なら常に最新情報をキャッチしておきたいですよね。

ということで、2016年8月までにTwitterが発表した機能追加や仕様変更などを、ざっと合わせて11項目をまとめました!

    ■目次

  1. 動画に関する仕様変更と追加機能
  2. 広告に関する仕様変更と追加機能
  3. その他知っておきたい仕様変更と追加機能
  4. まとめ

動画に関する仕様変更と追加機能

① 1日1社限定! 新しい動画広告枠「ファーストビュー」提供開始

ファーストビュー
引用:https://blog.twitter.com/ja/2016fv

2016年4月10日より、ユーザーの方々がその日初めてTwitterにログインした際、タイムラインのトップに表示される動画広告「ファーストビュー(First View)」の提供が開始されました。

この広告は1日1社限定となっており、必ずファーストビューに入るのでインプレッション数もかなり期待できます。

② 動画投稿が30秒→140秒まで可能に

動画投稿が140秒までに拡大
引用:http://www.gizmodo.jp/2016/06/stwitter140.html

これまでツイートに添付できる動画の秒数は30秒まででしたが、アップデートにより最長140秒になりました。

動画時間延長の他、フルスクリーンでの動画視聴やオススメの動画表示機能もiOS/Androdにて近々追加される予定です。

③ ライブ動画配信アプリ「Periscope」の動画がTwitterのタイムラインから直接見られるように

periscope
引用:http://www.movie-times.tv/topic/7978/

これまではTwitterタイムライン上でPeriscope動画のリンクをタップするとTwitterアプリを離れ、Periscopeアプリ上で動画を視聴する仕様でしたが、今回のアップデートによりTwitter上でPeriscope動画が自動再生されるようになりました。

また、動画をタップするとフルスクリーン再生になり、Periscopeユーザーからのコメントやハートマークも表示されます。

④ ツイート投稿画面からライブ動画投稿が可能に

periscope_2
引用:http://japan.cnet.com/news/service/35084414/

Twitterアプリの新規ツイート投稿画面に「Live」のボタンが表示され、このボタンをタップするとPeriscopeが起動。Periscopeでライブストリーミングを開始できます。
上記の「Periscopeの動画がTwitterのタイムライン上で直接視聴可能」という機能追加ともつながっており、Twitter内でライブ動画を楽しみやすい環境を整えていることがわかります。

広告に関する仕様変更と追加機能

⑤ カルーセル形式のプロモツイートをテスト開始

カルーセル形式プロモツイート引用:https://blog.twitter.com/ja/2016/prtca

Twitterは公式ブログで、「一つの広告枠に複数のツイートを掲載することができるカルーセル形式のプロモーションツイートのテストをしている」、と発表しました。これにより、商品に関するストーリーを掲載することができ、ユーザーにより深い情報を提供できるようになります。

また、利用者の方々から使用許諾を得たツイートを組み合わせることで、新しいタイプのコンテンツを作成することも可能です。テスト段階でありまだ全体には公開されていませんが、Twitter社に問い合わせることで、テスト導入できる可能性もあるようです。

⑥ 絵文字ツイートのターゲティング広告を開始

絵文字ツイートのターゲティング
引用:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1606/16/news061.html

米Twitterは絵文字をツイートすると、その絵文字に関連する広告を表示するターゲティング広告サービスを開始しました。例えば、食べ物の絵文字を使ったユーザーのタイムラインには食べ物に関するプロモツイートなどが表示されるなど、絵文字の内容と関連性の高い広告が表示されます。

⑦ プロモーションステッカー「Promoted #Stickers」が登場

7-promoted-stickers
引用:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/16/news052.html

Twitterに画像を投稿する際に、加工に使える「ステッカー」。これをプロモーションに利用できるステッカー「Promoted #Stickers」の提供が始まりました。企業やブランドは、ユーザーにオリジナルステッカーを提供できます。

ユーザーがステッカーを貼った写真をツイートすることで、そのステッカーはフォロワーの目に触れ、広告ツールになり得ます。また、ステッカーはビジュアルハッシュタグとして機能するので、Promoted #Stickersもタップされるとステッカー作成者が表示されます。

「ステッカー機能」については、こちらのTwitter公式ブログの記事をご参照ください。

その他知っておきたい仕様変更と追加機能

⑧ 認証済みマークを全ユーザーから受付開始!

Twitter認証マーク
引用:http://jp.techcrunch.com/2016/07/20/20160719anyone-can-now-apply-to-be-verified-on-twitter/

ここ数年、Twitter主導の人力による審査を通してのみ付与されていた青いチェックマーク、「認証済みマーク」ですが、全ユーザーが取得リクエストできるようになりました。同マークは「公共の関心をひくアカウントであり、本人によって管理されていると判断された」ことを示すそうです。同マークが欲しいのにもらえなかった公式アカウントの運用担当者の方には朗報です。

⑨ 自分のツイートを自分のアカウントでリツイートできる機能が登場!

自分のツイートをリツイート可能に
引用:http://www.lifehacker.jp/2016/06/160616gizmodo_mediagene.html

Twitterは自分のツイートを自分でリツイートできるという新機能を公開しました。Facebookでも自分の過去の投稿を再投稿できる仕組みがありますね。

リツイートをする際には、追加のコメントを投稿することもできますが、同じことを何度もつぶやくとユーザーを飽きさせてしまう可能性も高く、活用には注意が必要です。

⑩ 「Message Button」にてDMのやり取りが可能に

10-message-button
引用:http://japan.cnet.com/news/service/35080713/

米Twitterは、ボタンをクリックするとTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)を直接送信できる「Message Button」の提供を開始しました。
特定のツイートに対して、1人の友人とだけやり取りしたい場合には、ツイートの下、ハート型アイコンのすぐ横に表示される「Message」アイコンをクリックするだけで、友人にそのツイートを送信し非公開で会話をすることができます。

⑪ 「重要なツイートが先」の新タイムラインを導入

新タイムライン
引用:http://japanese.engadget.com/2016/02/10/twitter/

これまで新着順で並んでいたツイートが、今後はトップに「最近の重要なツイート」が並び、その下にすべてのツイートが新着順で並ぶようになると、Twitterが発表しました。しかしながら、オプションとして提供されますので、手動でオンにしなければこの形式にはなりません。

まとめ

Periscopeとの連携でライブ動画配信が手軽になったり、カルーセル広告など新しい形式の広告も追加したりと、活発にサービスに変更を加えているTwitter。企業としても活用の幅が広がっています。常に最新情報にキャッチアップして、自社にとって有益なものをどんどん取り入れていきたいですね。

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

9月の主要SNSニュースまとめ! Instagram「まとめ機能」テストや、YouTubeで短尺動画「Shorts」開始ほか

注目ではなく「対話」の時代へ。 マーケター必見、主要SNSのアルゴリズムまとめ

8月の主要SNSニュースまとめ! Instagramで短尺動画機能「リール(Reels)」発表、Twitterでは投稿の公開範囲が制限可能に! ほか