Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2020.02.20

“カワイイ”は加工で作れる! 人気インスタグラマーに学ぶ 「写真・動画編集アプリ『PicsArt』の使い方講座」レポート


今や、コミュニケーションツールとして必要不可欠な存在になったSNS。

SNSで自分らしさを表現するうえで重要なのが写真や動画です。オシャレでカワイイ「自分らしい写真・動画」を作るには、写真撮影のスキルは勿論のこと、加工スキルも欠かせません。SNSでオシャレな写真を投稿する人たちは加工アプリを使いこなしています。

使用できる加工アプリは世の中に沢山出回っているものの、今若者から注目されているのがアメリカ・サンフランシスコ発の写真編集アプリ「PicsArt」です。

Text, Photo / 小松佐保

    ■目次

  1. PicsArt(ピクスアート)とは?
  2. 人気インスタグラマーとPicsArtのコラボイベントを開催
  3. PicsArtには、加工初心者に嬉しい動画解説付き
  4. 2020年注目すべき機能は動画加工!
  5. ひと投稿6万件保存! 人気インスタグラマー harugramさん登場
  6. 「クオリティの高いものを、簡単に」というティーンの心を掴むPicsArt

1. PicsArt(ピクスアート)とは?

https://picsart.com/

2012年に創業した、アメリカ・サンフランシスコに本社を構える「PicsArt(ピクスアート)」。フィルターやコラージュはもちろん、ビューティー加工、便利な切り抜きや合成、ペイントツールなど、3,000以上のツールを搭載した写真・動画編集アプリとして、世界150か国で愛されています。2019年にはテイラー・スウィフトなど、世界で活躍するアーティストと数多くタイアップを行い、「2019年度版の世界ダウンロード数ランキング」で第14位に輝きました(SensorTower調べ)。

日本市場には、2019年7月に上陸。複数のアプリを使わなくても、PicsArt1つで理想の写真加工・動画編集をすることができる「オールインワンの写真&動画編集アプリ」として、写真好きの間で存在感を徐々に増しています。

2. 人気インスタグラマーとPicsArtのコラボイベントを開催

そんな注目のアプリ「PicsArt」と人気インスタグラマーのコラボイベントが「TIME SHARING渋谷宇田川町」で2020年2月9日に開催されました。講師は「誰でも真似できるインスタテクニック」を発信する、フォロワー数6万2千人超の人気インスタグラマーharugramさんです。

会場には、普段から写真加工を行っている男女が集まりました。参加者のうち8割が10代! PicsArtがティーンから支持されていることが伺えます。

3. PicsArtには、加工初心者に嬉しい動画解説付き

まずはPicsArtのマーケティングマネージャー木村優紀子 氏から、グローバルで注目されている2つの機能について紹介。

1つ目は「PicsArtリプレイ」。「オシャレな画像をPicsArtで作りたいけれど、難しい……」という方向けに、ボタンを押していくだけでお手本と同じ加工が誰でも一瞬で作れる機能。加工初心者でも簡単にオシャレな画像が作る事ができます。

2つ目は「PicsArt VIPプログラム」。VIPガイドラインを満たしたユーザーはVIP会員として認定され、無料で有料会員(Goldプラン)になれたり、認証バッジが与えられたりと様々な特権が与えられます。他のユーザーにインスピレーションを与えられ、PicsArtコミュニティを牽引するリーダーを求めています。

とにかく「シンプルに」「簡単に」を求めているユーザーに対し、加工に対する障壁を無くしていくことを大事にしています。

4. 2020年注目すべき機能は動画加工!

続いて、2020年注目の機能3つの紹介。

1つ目が「動画加工」。イベント参加者の方が口を揃えて言っていたのは「好きな歌をバックミュージックにしたり、歌詞を文字入れしたりする、動画加工をよく行う」ということ。

ティーンの間では、「歌」を使用した動画加工がトレンドです。手書きで文字が書かれているように見える機能など、動画加工をするうえで便利な機能がPicsArtには多数搭載されています。

2つ目は「スケッチ加工」。最近女子高校生の間でよく見られる加工方法で、顔や体が線になって浮き出る加工のこと。PicsArtのAI機能で、ワンタッチで立体的な加工にすることができます。人と異なる、インパクトのある画像を求めているユーザーに人気の加工方法です。

最後の3つ目が「フォント加工」。今まで日本語のフォントは数個しかありませんでしたが、今は20個にアップデート。さらに、ネットで好きなフォントをダウンロードして、「マイフォント」としてアプリに取り込むこともできます。

誕生日やシーズンイベントなど様々なシーンで写真を使い回せるように、プリクラにあえて文字入れをせず、後から加工アプリで文字入れをすることが流行っているティーンユーザーにとって、シーンに適したフォントを選べる機能は不可欠です。

機能紹介動画をスマホで撮影したり、メモを取ったりと熱心に講義を聞く参加者の皆さん。加工に対する意欲を感じます。

5. ひと投稿6万件保存! 人気インスタグラマー harugramさん登場

講師プロフィール:harugramさん

Instagramで発信している“誰でも真似できる”インスタテクニックが人気の、薬学部で学ぶ19歳。「夢は、女の子の1番の味方になること!」。Instagramアカウントはこちら

レクチャーの内容

PicsArtの搭載機能を学んだ後は、harugramさんから加工術のレクチャーがありました。

harugramさんは加工後の完成形ではなく「どのようにキレイな写真を作っていくか」という過程にフォーカスしたコンテンツを配信することで、フォロワー6万人超となった人気インスタグラマーです。

「もともとイラストやデザインが好きで、加工にハマっていくにつれ、PicsArtの虜になっていった」というharugramさん。

Instagramで手書き加工を気に入ってくれた方々からのご要望で、PicsArtを中心とした加工紹介を発信し始めたところ、いいね数は倍以上に増加。人気の写真にはひと投稿あたり6万件保存されることもあるそうです。

写真・動画加工を学んでいる人達にとって、まさにカリスマ的存在。今回のイベントにも「harugramさんのファンだった」という方が多数参加していました。

写真センスがない人も加工でカワイイは作れる!

まずharugramさんが伝えていたのは「初心者向けの真似しやすい加工方法」。加工に興味はあるものの「何だか難しそう…何からやれば良いのか分からない……!」という初心者さんにオススメの加工方法が紹介されていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

📍ゴンチャ のマンゴージュースタピオカ! ゴンチャつてミルクティーとかティーしかないと思ってたらマンゴージュースもおった🤤💭 ・ そろそろほんまにお茶飲めるようならな将来困るわティーも飲まなな…まあ次もマンゴーで。 #渋谷グルメ #大宮グルメ #大宮タピオカ #東京タピオカ #大阪タピオカ #新大久保グルメ #タピオカ #タピオカ好き #タピオカ巡り #タピオカグラム #手描き加工 #手書き加工 #インスタ加工 #加工の仕方 #加工 #加工画 #加工方法 #picsart #加工pic #落書き加工 #画像加工 #加工 #加工垢 #いいね返し #スマホ加工 #ストーリー #写真加工

はるな(@____haruharu7)がシェアした投稿 –


たとえばこちらの投稿をご覧ください。カップを持った写真を撮影し、カップだけを切り抜くので背景を選んだり、構図を気にしたりする必要はありません。

PicsArtの機能を使用してワンタッチでカップの写真を切り抜き、好きな色の背景を選び、白い縁を作り、文字入れをするだけでこんなにも可愛いポロライド風写真を作ることができます。


そして、こちらはコラージュ加工。自分の好きなステッカーを組み合わせるだけで簡単にできる加工。

このように、切り抜き、文字入れ、背景作成、ステッカー貼付など、全ての加工が1つのアプリでできるのが、PicsArtが他のアプリと異なる点。今までは複数のアプリを活用していたharugramさんですが、今ではほぼPicsArtのみで加工をしているそう。

harugramさんのレクチャーを聞きながら、自分のスマホを使い実際に写真加工をする参加者の皆さん。「こんなに簡単に切り抜きができるなんて知らなかった!」と驚きの声が上がっていました。

加工に関するお悩みをharugramさんが直接回答

講義終了後は、20分間の加工タイム。harugramさんが各テーブルを回り、参加者の加工に関するお悩み・疑問に回答していきます。

「インスタのフィード画面に統一感を出したいのだけれど…」「どんなステッカーをどんな位置に貼ればオシャレに見えるの?」といったお悩みから「写真を撮った時“アホ毛”が気になるんだけど、これも消せるの?」という女子特有のお悩みまで、参加者の疑問にひとつずつ丁寧に回答していくharugramさん。

普段リスペクトしているharugramさんに直接質問できるとあって、参加者の方はとても嬉しそうでした。

6. 「クオリティの高いものを、簡単に」というティーンの心を掴むPicsArt

最後は、会場内に設けた写真ブースで記念撮影。

イベント参加者からは「加工は難しいと思っていたけれど、思っていたより簡単にできるということが分かった。上手に加工できるように頑張りたい!」「PicsArtは長く使用しているけれど、知らない機能が沢山あった。色々試していきたい!」などの感想が集まり、写真加工の楽しさを再認識できる充実したイベントになった様子。

Instagramに投稿するだけでなく、イベント時に友達に写真を送ったり、記録用のアルバムや動画を作ったりと日常生活において欠かせない「加工術」。

切り抜きや文字入れ、背景作成、ステッカー貼付など、全ての加工を1つのアプリで完結できる「PicsArt」は「簡単に、クオリティの高いものを作りたい」というティーンの心を掴むアプリとなっていきそうです。

●参考:
・PicsArt(ピクスアート):
https://picsart.com/ja_jp/feed
・アプリダウンロードURL(ダウンロード無料):
https://picsart.app.link/RbTaXPiN83
・講師のInstagramアカウント(@harugram_yade):
https://www.instagram.com/harugram_yade/
・取材等の問い合わせ先:
japan.contact@picsart.com

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

Instagram新機能「Reels(リール)」で動画コンテンツを作ろう! 5業界の活用事例10選

9月の主要SNSニュースまとめ! Instagram「まとめ機能」テストや、YouTubeで短尺動画「Shorts」開始ほか

注目ではなく「対話」の時代へ。 マーケター必見、主要SNSのアルゴリズムまとめ