Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.08.15

Facebook広告の種類と料金の目安は?

A:Facebook広告の種類と料金の目安はこのようになっています。

※最終更新日:2018年6月4日

Facebook広告の種類・特徴

Facebookの広告には大きく分けて3つの目的があり、その目的に合わせて合計10種類の広告があります。

認知

■ブランドの認知度をアップ

興味を示す可能性が高い人に広告を表示します。ブランドの認知度をあげることができます。

■リーチ

できるだけ多くの人に広告を配信します。設定した予算内で幅広くアプローチしたい人向けです。

検討

■トラフィック

ユーザーをFacebook内外のリンク先へ誘導します。

■エンゲージメント

投稿やページをさらに多くの人にアピールして、エンゲージメントを増やします。エンゲージメントには、コメントやシェア、いいね!、イベントへの出欠確認などが含まれます。

目的を選択する際に「投稿のエンゲージメント」「ページへのいいね!」「イベントへの参加を増やす」の3つからエンゲージメントの対象を選べます。

■アプリのインストール

アプリを購入できるストアにターゲットを誘導します。

■動画の再生数アップ

投稿した動画の再生回数を増やします。

■リード獲得

ターゲットのリード情報収集を目的とします。

■メッセージ

顧客をMessengerに誘導し、購入や問い合わせを促進できます。

コンバージョン

■コンバージョン

会員登録や購入など、Webサイトやアプリでのコンバージョン行動を促します。Facebookピクセルや、アプリイベントを使用してコンバージョンをトラッキング・測定できます。

■カタログからの販売

ターゲットオーディエンスに合わせて、事前に広告主が作成した製品カタログに含まれる製品を自動的に表示する広告を作成します。

■来店数の増加

店舗やイベント会場の近隣エリアにいる人にアピールできます。複数の店舗がある場合でも、それぞれのエリアの近くにいる人にアプローチできます。来店数を増やすためのキャンペーンを作成するには、ビジネスマネージャーでビジネスの所在地を設定する必要があります。

Facebook広告の費用について

Facebook広告配信にかかる費用は自分で設定が可能で、少額からでも実施できます。実際に広告が掲載された回数やクリックが発生した回数に応じて課金されるので、最終的にいくら使われるかを正確に決めるのは難しいですが、予算の上限を設定すれば、使いすぎてしまう心配もありません。

また、用意した予算が期間中に消化しきれなそうな場合、対象を広げたり単価を上げたりして、予算の消化スピードを調整することも可能です。

予算の設定方法やどのように課金されるのかなどを解説します。

予算

広告料金の予算は1日の予算と、自分で指定した掲載期間の通算予算のどちらかを指定できます。予算の最低金額は1日100円です。予算は、事前に定めた課金対象に応じて消化されます。

 

広告の課金対象

課金対象とは広告料が発生するイベントのことです。「何が起これば予算が消化されるのか」を定めます。

課金対象として設定できるものは広告の目的によって異なりますが、代表的なのは「広告のクリックに対して課金されるクリック課金(CPC)」「インプレッション(広告の表示)回数で課金されるインプレッション課金(CPM)」「対象を最適化して広告を表示できる最適化インプレッション課金(oCPM)」です。

その他、キャンペーンの目的によって以下の課金対象が選択できる場合があります。

■アプリのインストール(CPI)

広告経由でアプリがインストールされるごとに支払いが発生します。

ページへのいいね

広告主のFacebookページへのいいね!が押されるごと課金されます。

■動画の再生

合計10秒以上動画再生された場合に課金されます。※10秒以下の動画の場合、動画がほぼせんぶ再生されたら

■投稿のエンゲージメント

投稿へのいいね!・コメント・シェアごとに支払いが発生します。

掲載期間

掲載期間の最短は1日です。

FBbudget

詳細オプションでは、広告の配信方法や、広告を配信する曜日や時間を指定することができます。

広告配信の最適化対象

「広告配信の最適化対象」とはどのように広告を配信するか選択する項目です。広告の目的を達成するのにもっとも適した最適化対象を選択する必要があります。例えばコンバージョンを目的とした広告ならリーチではなくコンバージョンを、コンバージョン数より広くアプローチする事が重要ならリーチを最適化の対象とするイメージです。

選択できる最適化の対象は広告の種類によって変化しますが、以下では一覧で紹介します。

■コンバージョン

リンク先のWebサイトで、コンバージョンしそうなターゲットに配信されます。

■リンクのクリック

Facebook内外へのリンククリックが最大化されるようなターゲットに配信されます。

■インプレッション数

インプレッションとは表示回数を意味しており、ターゲット層に含まれるなるべく多くのユーザーに広告を表示します。

■デイリーユニークリーチ

1ターゲットにつき1日1回だけ表示されるように調整されます。

■ブランド認知度アップ

そのブランドの広告を好みそうなターゲットに表示されます。

■リーチ

リーチが最大化されるよう、できるだけ多くのターゲットに広告が配信されます。

■投稿のエンゲージメント

より多くのいいね!やシェア・コメントが獲得できそうなターゲットに配信されます。

■アプリのインストール

アプリのインストール数が最大化されるようなターゲットに配信されます。

■アプリのイベント

特定のアクションを最低1回実行する可能性が高いユーザーに対して、広告が配信されます。

■動画再生数

動画再生回数が最大化されるようなターゲットに配信されます。

■リード

リードの獲得数が最大化されるようなターゲットに配信されます。

注意点

こちらの内容は2018年5月時点の仕様に基づいており、アップデートによって変更されることがあります。Facebookのアップデートは比較的頻繁にありますので、注意が必要です。

参考:https://www.facebook.com/business/help/146070805942156

関連Q&A

関連企業事例研究

関連記事

日本では普及するか?企業のLinkedIn活用方法・事例まとめ

人口たった2%の検討層にどうアプローチ? 自動車業界のInstagram、Facebook活用最前線!【#IGAUTO イベントレポート】

2019年8月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

お役立ち資料ダウンロード
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス