Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2017.04.28

Facebookのキャンペーン規約(ガイドライン)で禁止されているものは?

A:以下でFacebookキャンペーンを実施するにあたって理解しておくべきルールや規約(ガイドライン)を解説します。

プラットフォームポリシー

Facebookでは、キャンペーン時にユーザーへインセンティブを与えていい行為(応募の条件とするなど)が下記に限定されています。

  • アプリへのログイン
  • アプリのFacebookページでのプロモーション施策への参加
  • スポットへのチェックイン

利用者にインセンティブを提供してよい行動は、アプリへのログイン、アプリのFacebookページにおけるプロモーションへの参加、スポットへのチェックイン操作のみです。その他のアクションに対してインセンティブを提供してはなりません。

参照:https://developers.facebook.com/policy/

Facebookページ規約

Facebookページ規約内、「III. Facebookページの機能」の「E.プロモーションの項目」に、プロモーションキャンペーンを実施するにあたって明記すべき内容が挙げられています。キャンペーンの要件を決める際やキャンペーンページを制作する際には気をつけましょう。

プロモーション(コンテスト、懸賞等)の案内や運営のためにFacebookを利用する場合、ページ作成者は、次の事項を含めて、当該プロモーションを合法的に運営する責任を負います。

公式ルール

規約と資格要件を設定すること(年齢や居住地の制限等)。

プロモーションおよび提供される賞品や賞金に適用される規則や規制を遵守すること(登録、規制上必要な承認の取得等)。

Facebook上でのプロモーションには、以下を含める必要があります。

応募者または参加者によるFacebookの完全な責任免除。

プロモーションはFacebookが後援、支持、または運営するものではなく、Facebookとは関係がないことの表明。

プロモーションは、Facebookページ上またはFacebookアプリ内で運営できます。個人のタイムラインおよび友達のつながりをプロモーションの運営に使用することはできません(「タイムラインでシェアしてプロモーションに参加」、「友達のタイムラインでシェアしてさらに抽選枠を獲得」、また「この投稿に友達をタグ付けしてプロモーションに参加」などは禁止されています)。

Facebookはページ作成者によるプロモーション運営を支援しません。またFacebookのサービスを利用してプロモーションを運営するページ作成者は、自己責任で運営することについて同意するものとします。

出典:Facebookページ規約

気をつけるべきこと

・Facebookアプリ内やFacebookページ上でのプロモーションは可能ですが、ユーザーのタイムラインを使うことは禁止されています。ユーザーがコンテストや懸賞などに参加する条件として「タイムラインでシェアしてプロモーションに参加」、「友達のタイムラインでシェアしてさらに抽選枠を獲得」、「この投稿に友達をタグ付けしてプロモーションに参加」などを課すことはできません。

・Facebookページへのいいね!を促すキャンペーンは禁止されていますが、投稿へのいいね!を促すキャンペーンは禁止されていないので実施可能です。

Facebook投稿を使ったキャンペーンの事例

例:イトーヨーカドー

https://www.facebook.com/itoyokado/posts/883885138405389

イトーヨーカドーグループと森永製菓の共同企画のお菓子プレゼントキャンペーンです。Facebookページの投稿の「いいね!」を押すだけでキャンペーンに参加できます。

FacebookではFacebookページの個別の投稿への「いいね!」を参加条件としたキャンペーンは明確に禁止されていないので、これは規約違反にはあたりません。

ユーザーは気軽にキャンペーンに参加でき、企業は多くの参加者を期待できます。

 

 

関連Q&A

関連サービス

関連企業事例研究

関連記事

2018年は「Facebookグループ」がアツい? 新機能とFacebookグループの作り方

【無料で簡単DL】2018年9月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

8月の主要SNSニュースまとめ!Facebookの広告主に対するトラフィックが減少!?

資料ダウンロード
メルマガ会員ご登録フォーム
ラボへのご要望ページ
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス