Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2017.10.31

Instagramで新たに位置情報を作成する方法は?

A:Instagramでは新たに位置情報を作成することはできません。Facebookから作成する必要があります。

位置情報とは

Instagramの位置情報とは、写真を投稿する際に追加できる場所のことです。

下の投稿は羽田国際空港で撮影されたもので、羽田国際空港の位置情報が追加して投稿されています。

位置情報を新しく作成する方法

新しく位置情報を作成するなら、Facebookアプリのチェックイン機能を使う

Instagramに追加したい位置情報がない場合、Facebookのチェックイン機能から位置情報を追加します。

ここからはAndroid用Facebookアプリを使用した場合の追加方法を紹介します。

手順1:Facebookにログインして、「今なにしてる?」をタップし、遷移したページから「チェックイン」をタップします。

手順2:追加したい場所の名前を検索して表示されないことを確認してから、「新しいスポットを追加」をタップします。

手順3:「カテゴリを検索」するか「カテゴリの提案」下にあるリストから、追加したい位置情報のカテゴリを選びます。

手順4:追加したい位置情報の「市町村」を検索ウィンドウに入力するとサジェッションが表示されるので、そこから目的の場所を選んでタップします。

手順5:位置情報に住所を追加して、地図上で正しい位置にフラグがあるか確認します。

位置情報を作成する際に注意したいこと

自宅から作成する場合、「今ここにいます」を選択しない

上記の手順4や5で「今ここにいます」にチェックを入れると、現在地が位置情報として登録されるため、実際にスポットにいる時であれば問題ないですが、自宅などからスポットを作成するときに選択してしまうと、自宅の住所や自分の居場所が登録されるので注意しましょう。

投稿設定の公開ステータスを「Public(全体に公開)」にしておく

Facebookでの公開設定によって、位置情報の追加がInstagramに反映されない可能性があるようです。ただし、この点についてFacebook、Instagramの両公式サイトでは触れられていません。

位置情報がすぐにInstagramに反映されない場合もある

Facebookのチェックインから位置情報を追加しても、Instagramで位置情報をすぐに追加できるわけではありません。どのくらいかかるのかについては、公式サイトでも明言していません。

参考:

https://www.facebook.com/help/175921872462772

https://www.facebook.com/help/instagram/1618893218361276

 

関連Q&A

関連サービス

関連企業事例研究

関連記事

【無料で簡単DL】2018年6月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

Instagram API、一部機能の提供終了。その理由と今後の対応策とは?

【事例付き】会員登録率が上がる?!ソーシャルログインのメリット・デメリット、事例、導入方法を解説

資料ダウンロード
メルマガ会員ご登録フォーム
ラボへのご要望ページ
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス