SNSマーケティングの情報ならソーシャルメディアラボ【ガイアックス】

Facebook・Instagram・Twitter・LINE@等のSNSマーケティング情報をお届けします

【Facebook】いったい投稿の何行目から「もっと見る」になるのか!?PC版・モバイル版ニュースフィードを徹底検証。

   


PC版とモバイル版ではニュースフィードでの見え方が違います。

Facebook もっと見る 続きを読む 条件

Facebook投稿がニュースフィードに流れてきた際に、文章が長かったり行数が多いと途中から『もっと見る』『続きを読む』に含まれて省略されますよね。

これまでは、6行目から『もっと見る』に収納されるというのが、一般的な認知だったかとは思います。

…が、実はこのルール、モバイル版Facebookには適用されないことをご存じでしょうか?

モバイル版Facebookのニュースフィードでは、投稿の6行目以降も普通に全文表示される場合があります。

気になったので調べていくと、どうやらスマホの場合は行数ではなく文字数で、どこから『続きを読む』に収納するかを決めているようです。

今回の記事では、今更ではありますがあらためて、PC・スマホ版Facebookで一体どこから投稿が「詳しく見る」として省略されるのか、そして2つのデバイスで最適な文字数・行数をご紹介します。

    ■目次
    知っておきたい!投稿の何行目・何文字目から「もっと見る」になるの?
    ○いったいどこから「もっと見る」になるのか?
     -モバイル版では「文字数」がカギになる
    ○PC版・モバイル版ニュースフィードでの投稿の見え方
     -10行34文字の投稿の場合
     -1行700文字の場合
     -20行200文字の投稿
     -4行200文字の投稿
     -空白の改行を含んだ投稿
    ○結論
    ○理想的な文字数・行数は?

いったいどこから「もっと見る」になるのか?

そもそもなぜ『どこから「もっと見る」になるのか』を知っておく必要があるのでしょうか?

ニュースフィードに流れてきた投稿の文章が中途半端なポイントで途切れていたら、投稿に興味を持ってもらいにくいですし、クリック率やエンゲージメントに影響を及ぼします。

また、以下のような投稿をした場合にもイマイチ決まらずにうまく表示されなかったりもします。

▼ニュースフィードに流れてくる際には答えが隠れてる状態にしたいのですが…
▼PC版ではちゃんと隠れているのに、モバイル版では丸見えになってます。

モバイル版では「文字数」がカギになる

両方のデバイスで良い感じに投稿を表示させるためには、どこから「もっと見る」として省略されるかを知っておきたいところですね。

調べていくと、モバイル版では投稿の文字数により、どこから「続きを読む」として省略されるかが決まることがわかりました。

PC版・モバイル版のニュースフィードにおいて、それぞれどこから文章が省略されるかを検証結果とあわせてご紹介します。

PC版・モバイル版ニュースフィードでの投稿の見え方

いくつかのパターンで検証してみましたので、まずは全ての検証結果を発表します。

10行34文字の投稿の場合

▼まずは以下の10行の文章を投稿してみると…
▼ご覧の通りの結果に。

まずこちらの結果をまとめると:

・PC版は10行の投稿の場合、6行目から「詳しく見る」に省略
・モバイル版は10行の投稿だが、全文が表示された
 ⇒モバイル版は行数ではなく文字数が関係している?

1行700文字の場合

では次に以下のような投稿をしてみました。1行に700文字詰まってます。

▼こんな投稿絶対しないですけど検証のため…

なかなか面白い結果が出ました。まとめると:

・PC版は1行の投稿は全文が表示された。700文字もあるのに。
・モバイル版は150文字目まで表示され、以降は「続きを読む」に省略

この2つの結果だけでも、既に法則が見えそうになってきましたね。

どうもPC版は文字数に関係なく6行目以降が省略され、モバイル版は行数に関係なく150文字目以降が省略されているっぽく見えます。

この辺の疑惑を確信に変えるために、もう少し検証してみました。

20行200文字の投稿

ポイント:
・PC版は5行目まで表示され、6行目以降は「もっと見る」に省略される。
・モバイル版は14行目の137文字目まで表示され、以降は「続きを読む」に省略される。

4行200文字の投稿

▼1行目:20文字 2行目:40文字 3行目:60文字 4行目:80文字です

ポイント:
・PC版は4行200文字全て表示される
・モバイル版は4行目の147文字目まで表示され、以降は「続きを読む」に省略される。

空白の改行を含んだ投稿

▼2行目・4行目に空白の改行を入れました。

ポイント:
・PC版は、空白の改行も1行とカウントされ、6行目以降は「もっと見る」に省略される。
・モバイル版は、全文が表示される。全体で8行あるのに。

結論

法則がわかりましたので、検証結果をまとめます。

    PC版ニュースフィード

    ・PC版ニュースフィードに流れてくる投稿は、文字数に関係なく、6行目から「もっと見る」として省略される

    ・またPC版では、空白の改行も1行としてカウントされ、全てを含めて6行目以降が省略される。

    モバイル版ニュースフィード

    ・モバイル版ニュースフィードに流れて流れてくる投稿は、150文字目まで表示され、以降「続きを読む」として省略される。行数の制限はない。

    ・またモバイル版では、改行も1文字としてカウントされる。

ちなみに軽く検証してみた結果、画像投稿・リンク投稿でも同様のルールが適用されることがわかりました。

あと凄くどうでもいいことなのでここまで触れてきませんでしたが、なぜかPC版では『もっと見る』、モバイル版では『続きを読む』と表示されています。なぜか。

理想的な文字数・行数は?

まとめると、(改行も含めて)150文字以内で、5行以内の投稿は、PC版・モバイル版両方のニュースフィードで全文が表示されるようになります。

ですが、そこを意識しすぎて短めの投稿を連発するよりも、綺麗なところ・気になるところで途切れて続きが気になる、コンテンツとして読みごたえのある投稿の方が、クリックも増えてエンゲージメント率も高くなります。

特にPC版のニュースフィードの見え方を考慮して、5行目をユーザーを惹き付けるフレーズにする(例:「詳細はこちらから!」「ビッグセールを開催します!」)ことは、引き続き有効です。

モバイル版の150文字の文字制限についても、中途半端なところで文章が途切れてしまわないよう、ある程度意識する必要があります。が、それよりも『文字数によっては6行目以降も表示される』ことをしっかりと考慮して、スマホで見た時に投稿が縦に長くなりすぎないように上手くバランスを取ることが大切だと思います。

重要なのは5行目・150文字目までにいかに読者を引き込むか!

したがって、投稿を作る際に重要なのは厳密な行数や文字数ではなく、5行目・150文字目までにどうやって読者を引き込むかを意識することですね。

今後もファンを惹き付ける投稿を作成する際に、ぜひ今回ご紹介した法則をご活用ください。


以上、『【Facebook】いったい何行目から「詳しく見る」になるのか!?PC版・モバイル版Facebookを徹底検証。』でした。



  関連記事

Sierra Trading Post1
アウトドア用品から旅行会社まで! 海外事例から学ぶ! Facebook運用ノウハウ

2015年に、全世界でデイリーアクティブユーザーが10億人を突破したFacebook。企業のFacebookページ利用は4,000 …

jfjfjf01
【後編】花王から学ぶ「絆づくり」のためのコミュニティ運用術|ネガティブ意見も「リピート購入」へつながった!

前編の『花王から学ぶ「絆づくり」のためのコミュニティ運用術【前編】|こうして「製品の事を語りたい!」とユーザー自ら言ってくれるよう …

Facebook、おすすめのページ広告
【Facebook最新情報】PC版Facebookで、3-in-1の「おすすめのページ」広告の表示が開始

既にお気付きの方も多いと思いますが、PC版のFacebookで「おすすめのページ」という3-in-1の広告が掲載され始めましたので …

Facebook 広告ガイド
こんなにあった!Facebook広告完全ガイド~ノーマル広告編~

沢山あるFacebook広告の種類と目的をまとめてみました。 先日、「Facebook広告・リンク投稿の画像表示を最適化!画像を大 …

65dfb0fc2d65cb98a1864009831bc43e
【Facebook】3分でわかる!2015年1月1日のポリシー改定で何が変わるの!?※追記あり

個人情報の公開範囲などは自分で知っておかないとダメみたいです。 11月の半ばごろでしょうか、Facebookにログインするといきな …

thum
Facebookのユーザーが9億人突破、FacebookのIPO6月に延期か?など|今週これだけは押さえておきたい!ソーシャルメディア関連記事まとめ (4/20~4/26)

毎日ニュースはチェック出来ていますか? 忙しくてニュースを見れていない方も多いかと思いますので、今週の「これだけは押さえておきたい …

48
目を通しておきたいFacebookを使った「顧客参加型商品開発」事例3選

商品開発に顧客を巻き込もう! 皆さんは、商品開発に顧客の声を活かせていますか?  「商品のヒット率が低い。。」  「新しいサービス …

Tポイント Facebook キャンペーン
【Tポイントインタビュー】やっぱり効果があった!対話が生み出すFacebookによる活性化効果|ファンは非ファンよりも利用動向が高まる!

皆さんご存知のTポイント。TSUTAYA・ファミリーマート・ENEOSなど全国52,000以上の店舗で利用できる全国規模のサービス …

01
【熊本地震】震災に対する各企業のFacebookページ投稿と対応まとめ

2016年4月14日、熊本地方を震源として発生した熊本地震。現在もなお余震が続いており予断を許さない状況が続いております。 このよ …

Facebook-coupon
多くの企業でFacebookクーポンが発行可能に!ノーマークだった方へ旧版との4つの違いを解説

Cash/Coupon / bredgur 今年の4月13日にFacebookクーポンが日本でもスタートしました。その時は色々とク …

この記事は参考になりましたでしょうか?

更新の励みにもなりますので、こちらからご意見・ご感想などお聞かせ頂けると嬉しいです!