ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.01.08

Facebookポリシー改定が1月1日から1月30日に変更されました!その他今月から有効なアップデートまとめ。

2015年1月からさっそく押さえておきたい情報をまとめました。
Facebook 2015 アップデート ポリシー改定
皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年一発目の今回の記事では、2015年1月から有効になるFacebookのアップデートについてまとめてみようと思います。

しれっと有効になる日付が1月30日からに変わっていたポリシーの改定と、宣伝くさい投稿に関するニュースフィードのアルゴリズムの変更についておさらいしますので、ぜひご一読ください!

■目次

知っておきたい!2014年1月から有効になるFacebookアップデートまとめ!

1.1月30日に延期になったポリシー改定

2.宣伝くさい投稿の表示優先度の低下

1.1月30日に延期になったポリシー改定

昨年の12月に、『2015年1月1日より有効になる』としてご紹介したFacebookのポリシー改定が、いつの間にか『1月30日から有効』に変わっていました。

先月の記事では大々的に『1月1日から変わる!!』と言ったのにすみません…。昨年12月の地点では、確かに『1月1日から』と明記されていたのですが…ブツブツ。

ともかく、現時点ではまだ有効ではありませんが、『1月30日以降もFacebookを利用することで以下の内容すべてを理解し同意したものとみなされる』というのがポリシー改定の肝なので、あらためて内容をおさらいしておきましょう。

同意したとみなされる内容まとめ

プライバシーベーシック

Facebook上で情報がどこまで公開されるのか、といった情報。

プライバシーベーシックはこちら

広告の公開情報

Facebook広告の仕組みや、表示・非表示の方法など。

Facebook広告に関する情報はこちら

※なお、海外のユーザーの間ではニュースフィードに流れてくる広告に対して、「なぜ自分にこの広告が表示されるのか」を確認できる機能が追加されているようです。

(画像引用:http://www.insidefacebook.com/2014/12/30/how-to-see-why-you-were-targeted-for-a-facebook-ad/
広告右上の矢印ボタンをクリックすると、「Why am I seeing this ad?(なぜこの広告が自分に表示されるの?)」という項目が追加されています。

こちらをクリックすると、どのターゲティング設定によって広告が自分に表示されているのかが確認できます。具体的に言うと、『○○の広告は、△△にいいねと言っている人をターゲットにして出稿されています』といった情報が開示されます。

(画像引用・編集:http://www.insidefacebook.com/2014/12/30/how-to-see-why-you-were-targeted-for-a-facebook-ad/
Facebook広告に関する情報の一般ユーザー向けの開示が進んでいますね。

3つの規約の改定

下記の3つのFacebookに関する規約も改定されます。なお、Facebook利用規約とプライバシーポリシーの改定は1月30日からに変わりましたが、Cookieポリシーの改定は1月15日からのままになっています。

Facebook利用規約

プライバシーポリシー

Cookieポリシー

Facebook上での決済・位置情報サービスの発展

FacebookはFacebook上での決済機能や、位置情報サービスを使った機能の強化も、ポリシー改定に伴い1月より進めていくと発表しています。

2.宣伝くさい投稿の表示優先度の低下

こちらは昨年の11月のFacebookアップデートまとめでご紹介した内容ですが、今年の1月よりニュースフィードのアルゴリズムが変わり、宣伝くさい投稿の表示優先度が下がるようになります。

宣伝くさい投稿とは?

Facebookが「宣伝くさい」と定義する投稿について、あらためておさらいしておきましょう。

1.単純に商品の購入やアプリのインストールを促す投稿

2.ただキャンペーンへの参加を促すだけの中身のない投稿

3.広告と全く同じ内容を使いまわした投稿

ポイントは、ただ宣伝のためだけの中身のない投稿がペナルティ対象になる、という点ですね。

今回のアルゴリズム変更に関してFacebookは、『多くのページは影響を受けない』と語っていますが、例えば新商品を紹介する投稿の際も、単純な紹介投稿ではなく質問形式にするなどして、一工夫入れていく必要が出てくるかもしれませんね。昨年ご紹介したネイティブ広告と同様に、同じ宣伝でもより読者にとって有益な形で、よりコンテンツを意識した記事作成が重要になっていきそうです。

最後に

いかがでしたでしょうか。1月1日より有効になるポリシー改定のアラートの意味も込めて本記事を執筆したのですが、肝心の改定は1月30日からに延期されていました。

とはいえ、ニュースフィードのアルゴリズム変更も含めて、早めに知っておいて損はない内容だと思いますので、あらためてまとめてご紹介しました。

本年も、ガイアックスソーシャルメディアラボを、どうぞよろしくお願いいたします!


以上、『Facebookポリシー改定が1月1日から1月30日に変更されました!その他今月から有効なアップデートまとめ。』でした。

あわせて読みたい関連記事

Facebookポリシー改定は2015年1月1日から1月30日に変更されました!その他今月から有効なアップデートまとめ。

【Facebook】宣伝くさい投稿は表示優先度が下がる!?グループ機能の単体アプリが登場。【11月のfbまとめ】

この記事に関するキーワード
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

【事例つき】 ユーザーに受け入れられるSNS投稿の企画方法・ポイントを解説!

014

【広告一覧】Facebook広告・Twitter広告・リスティング広告等との違い

imasia_13540444_S

Twitter・Instagramで注目されるハッシュタグ、Facebookでの使い方を考える。

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス