Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2017.02.20

Instagram Storiesを投稿、追加できないときの対処法は?

A:トラブル別に、対処方法をご紹介します。

Instagram Storiesを投稿できない場合

アプリのバージョンやデバイスのOSのバージョンが古い可能性があります。ひとつひとつ確認してみましょう。

1.アプリをアップデートする

Instagramのバージョンが古いままになっている場合、Storiesが投稿できない場合があります。

iPhoneユーザーなら「AppStore」、Androidユーザーなら「GooglePlayストア」、それぞれからアプリを最新バージョンにアップデートしてみて下さい。

2.OSをアップデートする

アプリをアップデートしてもうまくいかない場合、スマートフォンのOS自体のバージョンが古く、アプリの新しいバージョンに対応できていない可能性があります。

iPhoneの場合

ホーム画面にある「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします。

Androidの場合

ホーム画面にある「設定アプリ」>「端末情報」>「端末情報」>「システム・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします。

3.Instagram側のバグ

上記1,2を試してもうまいかない場合、Instagram側で何らかのバグが発生している場合があります。しばらく時間をおいてから再度試してみましょう。

Instagram Storiesを複数枚追加できない場合

Instagram Storiesは、一度の撮影で複数枚同時に投稿することはできません。複数枚アップしたい場合は、その枚数分Storiesを投稿する必要があります。

複数枚追加する方法は以下の記事を参考にしてください。

Instagram storiesの作成方法や使い方は?

Instagram Storiesの音がでない場合

自分が投稿したStoriesの場合

投稿時に間違えて「消音設定」で投稿した可能性があります。一度投稿してしまったStoriesは修正できないので、もう一度音ありで投稿し直さなければなりません。

ほかの人が投稿したStoriesの場合

考えられるのは以下の3つです。

  • そもそも消音(音なし)で投稿されている
  • 元々の動画の音量が非常に小さい
  • 通信環境が悪い

元々の動画が消音の場合どうしようもありませんが、音量の問題や通信環境の場合は改善することができます。音量は自分で調整してみましょう。通信環境は4G回線やWi-Fi環境に切り替えて視聴してみましょう。

フォローしている人のStoriesが出てこない、見られない

Storiesの特徴は「24時間で消えてしまう」ことです。24時間以内に、フォローしている人の誰かがStoriesを投稿していなければ、Storiesは表示されません。普段は見られるのに突然見られなくなってしまった人は、単に誰もStoriesを投稿していないだけの可能性が高いです。

投稿しているはずなのに見られない場合

以下の問題がないか確認しましょう。

  1. アプリやOSのバージョンが古くなっていないか
  2. 電波状況が悪くないか

企業のInstagram Stories活用事例は、以下の記事でご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

Instagram Storiesはこう使う!企業の活用事例5選と活用ポイントまとめ

あわせて読みたい関連記事

こちらに関連記事を集めてみました。

関連Q&A

関連記事

インすた ストーリー

【事例効果つき】徹底解剖!Instagram広告のすべて

アイキャッチ

Instagramの新機能「ライブ配信」を徹底解説! ユーザーとのリアルタイムコミュニケーションが簡単に!

何の日記事 アイキャッチ

【4‐6月編】今日は何の日? 年中行事カレンダーに合ったSNS投稿事例まとめ

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス