Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.09.05

Instagram stories(インスタグラム ストーリーズ)の作成方法や使い方は?

 

A:Instagram Storiesはかんたんに作成できます。以下で使い方を解説します。

■目次

  1. Instagram Storiesを投稿する方法
  2. 複数(2枚以上)の写真や動画を連続でInstagram Storiesに追加する方法
  3. 投稿したInstagram Storiesを閲覧する
  4. 削除・保存・設定の変更をする
  5. 考えられるInstagram Storiesのメリット
  6. 注意点

※最終更新日:2017年2月17日

Instagram Storiesを投稿する方法

基本の使い方

手順1:Instagramアプリを起動し、トップ画面を表示します。

手順2:ストーリーの撮影画面を開きます。

左上の「+」印をタップします。または、同じくアカウントのホーム画面で、右にスワイプします。

image00_r_r

 

手順3:カメラ機能が立ち上がりますので、真ん中の丸ボタンを押して撮影します。
(撮影手法別のやり方は以降に記載します)

手順4:撮影した画像、動画を編集します。

画像1_R

ペンマーク

ペンマークをタップすると、好きな色を使って文字やイラストをフリーハンドで描くことができます。描き終わったら、右上の「完了」をタップします。

image02_r_r

②アルファベットのマーク

アルファベットの「Aa」をタップすると、色を選んで文字を入力することができます。

image12_r_r

・メンション

テキスト入力で、@に続けてアカウント名を入力すると、ユーザーをタグ付けできます。タグ付けされた場合下線が表示され、投稿後はプロフィールがプレビューされます。また「メンション」されたユーザーにはダイレクト機能で通知され、そのまま非公開のやりとりができます。

image11_r_r

③スタンプ

顔アイコンをタップすることで画像上にスタンプを追加できます。スタンプは複数使用可能です。スタンプの各種操作方法は以下の通りです。

・スタンプの追加

顔アイコンタップ後、好きなスタンプを選択すると、スタンプが追加されます。

・スタンプの拡大、縮小、回転

追加したスタンプを選択した状態で2本の指を画面にあてて指を広げる、縮めることで大きさを変更できます。また、2本の指を画面にあてた状態で回転させるとスタンプも回転し、角度を変更できます。

・スタンプの削除

追加したスタンプを選択してドラッグ操作を行うと、画面下に「ドラッグして削除」というゴミ箱のアイコンが表示されます。そのままゴミ箱にドラッグすると削除されます。

音声設定

スピーカーのマークをタップすることで音声のオン/オフを切り替えられます。オフの場合はスピーカーに「×」マークがつき、音声なしの状態で投稿されます。

キャンセル

撮影した画像を破棄します。編集中であれば編集した内容もなくなります。

「→」マーク

ストーリーへの投稿と併せて、ダイレクトの送信相手を選べます。

⑦↓保存

撮影した画像やそれを編集したものをスマートフォンに保存します。

・その他の編集

編集中、左右にスワイプするとフィルターをかけられます。

image05_r_r

手順5:画像の編集が完了したら、真ん中下の「 ⊕ストーリー」をタップし、画像をアップロードします。

2-2

手法別の撮影手順

①画像(静止画)を撮影する方法

静止画撮影の場合は、通常の撮影ボタン①を短く押して撮影します。

image07_r_r

②動画を撮影する方法

動画撮影の場合は、静止画と同じ通常の撮影ボタン②を長押しして撮影します。動画撮影中は残りの撮影可能な時間が画面に表示されます。

image07_r_r

③ハンズフリー機能を使って動画を撮影する方法

以下通常画面から下メニューを右にスワイプするとハンズフリー機能を使用できます。

これは通常撮影時において、動画は長押ししないと撮影できなかったのが、ハンズフリーを利用するとボタンを押しただけで動画撮影が可能です。

画像2_R

④BOOMERANG(ブーメラン)を使って撮影する方法

BOOMERANG(ブーメラン)とは、静止画をつなげて動画風に撮影する機能です。
撮影方法は、撮影モードを通常からBOOMERANGに切り替えて、可能な範囲で「∞」マークを長押しします。こちらも撮影中は残りの撮影可能な時間が表示されます。

画像3_R

④すでに撮影した画像などを投稿したい場合

Instagram Storiesの撮影画面で上にスワイプすると、24時間以内に撮影した動画と静止画が表示され、その中からInstagram Storiesに載せられます。(iPhoneでは下にスワイプです)

image03_r_r

複数(2枚以上)の写真や動画を連続でInstagram Storiesに追加する方法

Instagram Storiesは、複数の写真・動画を組み合わせて表示できます。連続でストーリーを撮影(または撮影済みのものを追加)していくことで、複数の写真・動画を組み合わせたストーリーを作成します。以下追加手順を記載します。

手順1:すでにストーリーが作成されていることを確認します。以下①がストーリー作成前で、②が作成後です。
画像4_R

手順2:追加する写真を撮影します。カメラマークをタップします。

画像7_R

手順3:撮影後、「ストーリー」をタップします。

画像6_R

手順4:追加した写真が反映されているか確認します。ホーム画面から「ストーリー」をタップします。

画像7_R

手順5:追加前の写真と追加後の写真が連続して再生されることを確認します。以下のように画面上部に2本の線が表示されていて、投稿した写真が順番に表示されれば成功です。なお、画像が追加される毎にこの線の数が増えます。

画像8_R

複数投稿した画像や動画の並び順は入れ替えられる?

複数枚投稿した画像の順番を後から入れ替えることはできません。事前に投稿する順番を決めて投稿しましょう。どうしても順番を入れ替えたい場合は一度ストーリーを削除し、再度意図した順番で投稿し直してください。

複数投稿した画像/動画の一部を削除する方法 

手順1:ストーリーを再生した状態で画面上にスワップします。

画像9_R

手順2:以下写真の一覧が表示されますので、削除したい画像を選択後、ゴミ箱マークをタップします。

画像10_R

手順3:確認画面から「削除」をタップします。

画像11_R

手順4:削除されたことを確認し、完了です。

画像12_R

投稿したInstagram Storiesを閲覧する方法

手順1:Instagramトップ画面の左上に自分のアイコンが表示され、アイコンの周りが光っています。

image08_r_r

手順2:自分のアイコンをタップすると、ストーリーが再生されます。

image06_r_r

削除・保存・設定の変更をする

Instagram Storiesを削除する方法

手順1:Instagram Storiesを消したい場合は、投稿した自分のストーリーを表示します。右下にと表示がありますので、それをタップするとメニューが表示されます。
手順2「削除」をタップすると、ストーリーが削除されます。ストーリーを保存したり、設定を変更したりする場合にもここから操作することができます。

image10_r_r

Instagram Storiesを保存する方法

手順1:同じく右下のから表示されたリストで、「写真を保存」を選ぶと、スマートフォンに画像/動画を保存できます。

image13_r_r

Instagram Storiesの設定を変更する方法

同じく右下のから表示されたリストで、「ストーリー設定」を選ぶと、ストーリーの表示設定ができます。

設定できる項目は3つです。

①表示しない人を選択

ユーザーを選んで、自分のストーリーを非表示にできます。

②メッセージ返信を許可

自分のストーリーにメッセージ返信できる人の範囲を設定します。

  • フォロワー……自分をフォローしている人
  • フォローバックしているフォロワー……フォロワーのなかで自分もフォローしている人
  • オフ……誰も返信できない

③シェアした写真を保存

ストーリーにアップロードした素材を自分のスマートフォンに自動保存します。

image14_r_r

考えられるInstagram Storiesのメリット

1.通常投稿より目立ちやすい

アプリを立ち上げるとトップ画面の一番上に表示されるため、通常の投稿より流されてしまいにくく、フォロワーに気付いてもらいやすくなります。
投稿の流れが比較的早いInstagramにおいて、このヘッダーに固定された表示はかなりのメリットと言えるでしょう。

Stories

引用:http://blog.instagram.com/post/148348940287/160802-Stories

2.リンク誘導できる(認証アカウントのみ)

Instagramは著名人やメディアなどの認証アカウントを対象にして、ストーリーズにリンクを挿入できる機能をテスト運用しています。

リンク挿入が可能になると、Instagramから外部のコンテンツに誘導できるので、企業にとってストーリーズの利用価値は非常に高いと言えます。

自社の商品やサービスのページに誘導するほか、ストーリーズの24時間制を生かしてキャンペーンページへの誘導、メディアであれば記事のリンクを挿入するなど、活用の方法は多岐にわたります。

3.ブランドの世界観と違う投稿も気軽にできる

Instagramの投稿はフォトジェニックな写真が好まれ、アカウントの世界観は企業のイメージにも直結するので迂闊な運用はできませんが、Instagram Storiesは24時間で消滅してしまうので、通常の投稿とは立ち位置が異なります。

そのためライブ感や即時性のある投稿、例えばイベントのオフショットなど、「あえて作りこまない」「多少素材の様子が荒くてもOK」な投稿をファンに届けることができます。

ファンはリアルなブランドの顔や舞台裏、企業を支えるスタッフの姿など「普段はあまり見ることができない」一面を見ることで、非公式な情報までも知りたい、みなが知らないことを自分は知っているという欲求が満たされ、よりコアなファンになっていくことも考えられます。

注意点

投稿したストーリーは、24時間経つと消えてしまいます。そのため、Storiesを使ったプロモーションを行うには定期的な更新が求められます。

企業のInstagram Stories活用事例は、以下の記事でご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

Instagram Storiesはこう使う!企業の活用事例5選と活用ポイントまとめ

あわせて読みたい関連記事

Instagramの操作方法、使い方、事例まとめ

InstagramでアカウントURLを確認する方法

Instagramで投稿したコンテンツのURLを確認する方法

【新機能】Instagramの「下書き保存」の使い方と注意点まとめ

関連Q&A

関連企業事例研究

関連記事

92

友だちをひきつけて離さない! ローソンLINE公式アカウントの施策まとめ

aikyaxtuti

ユーザーは”企業”ではなく”投稿”を見てフォローするか決める【調査データ付き】

インすた ストーリー

【事例効果つき】徹底解剖!Instagram広告のすべて

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス