Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2018.09.10

Instagramの認証バッジの取得は可能?

A:以下記載の指定の手順を行えば、申請をすることが可能です。(※取得の判断はInstagram側となります。)

※編集部注
2018年8月:最新情報に基づき、記事の一部を修正しました

認証バッジとは

認証バッジはアカウント名の横にある青いチェックマークで、該当アカウントが偽物やなりすましではなく公式に運用されているInstagramアカウントであることを証明するマークです。

承認バッジ自体は以前から存在していたものの、独自の基準で発行しており、今までは一般ユーザーの申請・承認はできませんでした。しかし今回のアップデートにより申請をすることが可能になりました。

どんなアカウントに付与されるか

著名人、有名人、ブランドなど、なりすまし被害に合う可能性が高いアカウントに付与されます

https://www.instagram.com/natgeo/

Instagramの認証バッジを保有するメリット

アカウントが認証バッジを保有すると以下のようなメリットがあります。

なりすまし被害に合わずに済む

本人や本物のアカウントなのかどうかの識別が簡単になるので、なりますまし被害を未然に防ぎやすくなります。

特に近年は、アカウントのなりすましや海外から政治的な世論操作を企てているなど悪用するケースが多く見受けられます。

今回のアップデートの背景には上記のケースに対する対策があるようです。

Instagramの検索で上位に表示されやすくなる

認証バッジを保有するアカウントはInstagram内の検索で上位(もしくは目につきやすい場所)に配置されるほか、優先的に新機能が利用できることもあります。

ユーザーの安心感、信頼感につながる

認証バッジがあると、一目で公式アカウントや本人であることが判断できるので、ユーザーは安心してアカウントの情報をチェックしたり、アカウントに関連するコンテンツにアクセスしたりできます。

認証バッジを申請する方法

まず、プロフィールページからメニューアイコンをタップします。

手順1:最下部の「設定」から「認証をリクエスト」を選択します。

手順2:ユーザ名、姓名を記入し、法的/ビジネス上の証明書を添付して送信ボタンを押します。

※ 入力した情報が外部に公開されることはありません。

※申請自体は可能になりましたが、認証バッジの取得を保証するような内容ではないことをご理解いただき、参考としてご覧ください。

Instagramで認証バッジを取得している企業アカウント例

以下のアカウントはInstagramで承認バッジを保有しているブランドのものです。

※フォロワー数のデータはいずれも2017年10月時点の数値です。

事例1:Starbucks Coffee

https://www.instagram.com/starbucks/

フォロワー数:1,540万人

事例2:UNIQLO

https://www.instagram.com/uniqlo/

フォロワー数:118万人

事例3:コカ・コーラ

https://www.instagram.com/cocacola_japan/

フォロワー:5万人

事例4:BuzzFeed

https://www.instagram.com/buzzfeed/

フォロワー:315万人

関連Q&A

関連記事

世界一売れてギネス記録! 「海老名メロンパン」はSNSでどれだけ話題になったか調べてみた

【最新版】 プレゼント企画から来店促進まで!Instagramキャンペーン事例まとめ

【2018年最新版】若者が今使っているのはコレだ!若年層向けSNSまとめ12選

資料ダウンロード
メルマガ会員ご登録フォーム
ラボへのご要望ページ
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス