Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2017.10.19

Instagramの認証バッジの取得方法は?

A:Instagramが独自に発行しているため、現在は取得・申請・購入などはできません。

認証バッジとは

認証バッジはアカウント名の横にある青いチェックマークで、該当アカウントが偽物やなりすましではなく公式に運用されているInstagramアカウントであることを証明するマークです。

どんなアカウントに付与されるか

著名人、有名人、ブランドなど、なりすまし被害に合う可能性が高いアカウントに付与されます

https://www.instagram.com/natgeo/

Instagramの認証バッジを保有するメリット

アカウントが認証バッジを保有すると以下のようなメリットがあります。

なりすまし被害に合わずに済む

本人や本物のアカウントなのかどうかの識別が簡単になるので、なりますまし被害を未然に防ぎやすくなります。

Instagramの検索で上位に表示されやすくなる

認証バッジを保有するアカウントはInstagram内の検索で上位(もしくは目につきやすい場所)に配置されるほか、優先的に新機能が利用できることもあります。

ユーザーの安心感、信頼感につながる

認証バッジがあると、一目で公式アカウントや本人であることが判断できるので、ユーザーは安心してアカウントの情報をチェックしたり、アカウントに関連するコンテンツにアクセスしたりできます。

どうしてもInstagramの認証バッジを取得したい場合

2017年10月の時点で、Instagramでは認証バッジのリクエストや購入は受け付けていないとしています。加えて、公式情報として明確な基準や方法が提示されていないのが現状です。もしかしたら認証バッジを取得できる確率が上がるかもしれないと言われている方法を以下でご紹介します。

認証バッジを得ることを保証するような内容ではないことをご理解いただき、参考としてご覧ください。

Facebookページで認証バッジを取得する

InstagramはFacebook傘下のサービスなので、Facebookページが認証されたらInstagramも認証されやすくなる可能性もあるのでは、と言われています。しかしあくまで別物であり、認証情報を共有しているというような状況ではありません。

ちなみにFacebookの認証バッジにはグレーバッジとブルーバッジがあります。グレーバッジは申請によって取得できましたが、2017年10月現在申請ページは閉鎖されています。

ブルーバッジはFacebookが独自の利用条件をもとに付与していて、ユーザーからの申請はできません。

▼ブルーバッジとグレーバッジの例

https://www.facebook.com/NamieAmuroOfficial

https://www.facebook.com/uniqlo/

Instagramに膨大な広告費を使う

多くの広告費を投じることで、プラットフォームにもアカウントを認識してもらいやすくなるという説があります。広告費用をInstagramに投資することで、クライアントとしての価値が高まり、認証バッジ取得の可能性も上がるかもしれません。

Instagramで認証バッジを取得している企業アカウント例

以下のアカウントはInstagramで承認バッジを保有しているブランドのものです。

※フォロワー数のデータはいずれも2017年10月時点の数値です。

事例1:Starbucks Coffee

https://www.instagram.com/starbucks/

フォロワー数:1,540万人

事例2:UNIQLO

https://www.instagram.com/uniqlo/

フォロワー数:118万人

事例3:コカ・コーラ

https://www.instagram.com/cocacola_japan/

フォロワー:5万人

事例4:BuzzFeed

https://www.instagram.com/buzzfeed/

フォロワー:315万人

関連Q&A

関連記事

【無料で簡単DL】2018年6月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

Instagram API、一部機能の提供終了。その理由と今後の対応策とは?

【事例付き】会員登録率が上がる?!ソーシャルログインのメリット・デメリット、事例、導入方法を解説

資料ダウンロード
メルマガ会員ご登録フォーム
ラボへのご要望ページ
Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス