ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2017.02.16

【最新版】2017年2月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

55

今年も、ユーザー数・年齢層・利用率などの役立つデータをまとめました!

変化の早いソーシャルメディア業界。この記事では、国内外分けて、各SNSプラットフォームが現在どれ位のユーザー数なのかのかということを常にアップデートしていきます。

2015年1月公開の各ソーシャルメディアデータ記事

FacebookやTwitter、LINE、Instagramなどの主要SNSから、WhatsAppやWeChatなどのメッセージアプリなど計11つをまとめています。

※編集部注
2017年2月16日:Facebook, Instagram, LINEに関する情報を更新しました。
2017年2月2日:Facebookに関する情報を更新しました。

    ■目次

  1. Facebook
  2. Twitter
  3. LINE
  4. Instagram
  5. Pinterest
  6. Linkedin
  7. Google+
  8. WhatsApp
  9. WeChat
  10. カカオトーク
  11. Snapchat

ソーシャルメディア

1.Facebook

fb

国内

・国内月間アクティブユーザー数:2,400万人 ⇒ 2,700万人 

(参照元と期間:2015年3月 から 2016年12月

・月間アクティブ率:53.1% ⇒ 56.1% 

(参照元と期間:2014年12月 から 2015年6月

国内年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

海外

・月間アクティブユーザー:15億9,000万人 ⇒ 18億6,000万人

・日間アクティブユーザー:10億1,000万人 ⇒ 12億3,000万人

・日間モバイルアクティブユーザー:8億9,400万人 ⇒ 11億5,000万人

(参照元と期間:2015年11月 から 2017年2月

米国年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%899

その他のデータ

・全世界の中小企業のアクティブなページ数:3,000万 ⇒ 4,000万ページ(2015年4月)

(参照元:https://www.facebook.com/business/news/small-business-support)

注目ポイント

まだまだ勢いの止まらない、世界を代表するSNS!

日本のユーザー母数こそ変化が乏しかったものの、国内月間アクティブ率や海外月間アクティブユーザー数はまだまだ増加しています。また、ビジネス利用のページ数も世界的に伸びてきており、個人・企業ともにFacebookが実生活に根付いてきているのではないでしょうか。

2.Twitter

Twitter

国内

・国内月間アクティブユーザー数:3,500万人 ⇒ 4,000万人 

(参照元と期間:2015年12月 から 2016年9月)

・月間アクティブ率:60.5% ⇒ 70.2%

(参照元と期間:2014年12月 から 2015年6月

国内年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%894

海外

世界全体ユーザー数(※):3億1,000万人(※2016年6月

※日本を含む

米国年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8911

注目ポイント

若年層へのプロモーションに最適!

日米ともに、若年層のユーザーが多くの割合を占めているのが分かります。

特に日本では月間アクティブ率が7割を超え、利用頻度が高まっていると考えられます。若年層をターゲティングしたプロモ施策にはぜひ活用していきたいSNSではないでしょうか。

3.LINE

line

国内

・月間アクティブユーザー数:6,600万人以上(2017年:LINE 2017年4月-2017年9月媒体資料)

(参照元:http://ad-center.line.me/mediaguide/

(※2016年資料では国内ユーザー数が記されており、6,800万人と紹介されていました)

 

・日間アクティブ率:70.8% (2017年:LINE 2017年2月-2017年9月媒体資料)

・月間アクティブ率:90.6% ⇒ 96.6%

(参照元と期間:2014年12月 から 2015年6月

海外

・全世界月間アクティブユーザー数:2億1,700万人以上

・上位4ヵ国(※)月間アクティブユーザー数:1億6,700万人以上 

(※日本、台湾、タイ、インドネシアを指す)

(参照元:LINE 2017年2月-2017年9月媒体資料)

注目ポイント

驚異のアクティブ率!

日本では日間・月間ともにアクティブ率が上昇して、かなり好調な印象を受けます。40代は利用者人口の63%に対して、推定ユーザー数において20代の推定ユーザー数を抜いているところも注目です。若年層以外のユーザーへも裾野が広がっているのではないでしょうか。

注意が必要な点としては、アクティブ率が非常に高いため、あまりにメッセージの配信頻度が多い場合は配信をブロックされてしまう危険性があるところです。ターゲットの年齢や利用時間を考えた施策が大切です。

4.Instagram

Instagram-v051916_200

国内

・月間アクティブユーザー数:1,200万人 ⇒ 1,600万人

(参照元と期間:2016年3月 から 2016年12月

・月間アクティブ率:76.7% ⇒ 84.7%

(参照元と期間:2014年12月 から 2015年6月

国内年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%897

海外

月間アクティブユーザー数:6億人以上 (2016年12月)

日間アクティブユーザー数:3億人以上 (2016年7月)

(参照元:https://www.instagram.com/press/http://blog.instagram.com/post/154506585127/161215-600million)

米国年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8914

注目ポイント

10代20代を中心とした女性の日常生活の一部と化している!

日本では20代を中心に、米国では30、40代を中心に人気があると分かります。日本の月間アクティブ率も10%近くの上昇が見られました。

トレンダーズ株式会社によって2015年に実施された「女性の Instagram 活用」に関する意識・実態調査では、Instagramの投稿から刺激を受け購買に至った経験を持つ女性が回答者の4割を占めました。

5.Pinterest

Pinterest-badge-144px

国内

月間アクティブ率:44.7% ⇒ 60.2% 

(参照元と期間:2014年12月 から 2015年6月

国内年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%898

海外

月間アクティブユーザー数: 1億人(2015年9月)

(参照:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/18/news092.html)

米国年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8915

注目ポイント

・インターネットユーザーの28%がPinterestを利用

・ユーザーの男女比:女性8割:男性2割

・全アクティビティの94%は女性

6.LinkedIn

 

Logo-2C-54px-TM

国内

国内年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%895

海外

登録ユーザー数:4億人(2015年10月)  ⇒4億5000万人(2016年8月

(参照元と期間:2015年10月 から 2016年8月

月間アクティブユーザー数:1億600万人(2016年8月)

(参照元:https://press.linkedin.com/site-resources/news-releases/2016/linkedin-announces-second-quarter-2016-results

 

米国年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8912

7.Google+

3055b6f22584fe2b0aee44d3aeb87703

国内

国内年齢層

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893

海外

月間アクティブユーザー数:3億人

モバイル 月間ユーザー数: 2000万人  (2013年10月)

(参照:http://expandedramblings.com/index.php/google-plus-statistics/)

月間アクティブ率:23.9% ⇒ 24.0% ※2014年12月と2015年6月の調査

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8910

注目ポイント

日本では利用率が低く、海外でも登録ユーザー数こそ多いですがアクティブ率が低めなGoogle+%E

ソーシャルメディアラボライター・インターン募集
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

92

友だちをひきつけて離さない! ローソンLINE公式アカウントの施策まとめ

Facebookライブ配信 アイキャッチ

【事例付き】企業セミナーは今やFacebookライブ配信する時代!メリットや活用ポイントを徹底解説

aikyaxtuti

ユーザーは”企業”ではなく”投稿”を見てフォローするか決める【調査データ付き】

関連サービス

関連企業事例研究

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス