ラボ記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2014.11.18

Instagram完全攻略マニュアル!誰も教えてくれなかったFacebookとの違いとフィード・アカウント検索の仕組み。

『いいね!』をしても『シェア』はされません。
Instagram logo
 

最近じわじわと注目を浴びつつあるInstagram(インスタグラム)

「オシャレ系女子に人気!」「モデルの人が多く使っていて素敵な画像が多い」なんて言われたりもしているので、なんだか楽しそうですよね。

…で、さっそく始めてみたのはいいけれど、使い方がよくわからないという方も多いのではないでしょうか?正直私はそうでした。

InstagramはFacebookと同じような感覚で使っていくと、少し仕組みが違う点がいくつかあり、そこがかなりトリッキーだったりします。特にフィードと検索の仕組みが違うため、企業や有名人アカウントが見つけづらかったり、面白い投稿が流れてこなかったりと、最初の一歩でつまづきやすくなっています。

そこで今回の記事では、細かいInstagramの活用法よりもまずは、一般ユーザーも企業も知っておきたいInstagramのフィードの仕組みと、企業がどうやってInstagramアカウントを見つけてもらえるかについて重点的にお話ししてまいります。「インスタグラムよーわからん!」と困っている一般ユーザーの方も必見です!

(ラボ編集部注:2016年6月29日に加筆修正しました。)

    ■目次

  • そもそもInstagramとは?
      他のSNSへの連動が強い
  • Instagramのフィードの仕組み
    1. 各機能の紹介
    2. 「○○さんがいいねしました」はフィードに流れてこない
    3. Instagramキャンペーンはいかに『投稿してもらうか』がカギ
  • Instagramでアカウントを露出・見つける方法
    1. Instagramでの検索は難しい
    2. 企業アカウントも見つけてもらいにくい?
    3. アカウント露出には『外部の告知』が必須
  • Instagramアカウントの露出を増やす方法
    1. 他のSNS・メールで告知・連動
    2. 公式サイトで告知・連動
    3. 実店舗で告知
    4. ハッシュタグをうまく使う
    5. Instagram広告を使う
  • 最後に

そもそもInstagramとは?

Instagramとは、一言で言うと写真共有SNSです。様々なフィルターをかけて写真をいい感じに編集することができます。素敵な写真をアップし、その写真を基にして他のユーザーと繋がれます。今ではInstagram公式の関連アプリも出ており、画像の加工や予約投稿がスムーズになりました。

Instagram logo2
また女性に人気で、エンゲージメントが非常に高い(Facebookの約3倍)という特徴もあります。近年、若者の間では料理やファッションの情報収集ツールとしても使われています。

InstagramはiOS・Android版ともにアプリが出ており、本記事ではiOS版をベースにご紹介していきます。

他のSNSへの連動が強い

Instagramは他のSNSと連動しています。Instagramで撮影した写真をFacebook・Twitterなどにシェアできるという点で、多くのユーザーに愛されています。投稿画面にいくと、認証したアカウントにも画像をUPできます。(下図)

実際の投稿画像

もちろん他SNSへの露出だけでなく、『企業のInstagram活用』や『Instagramでのキャンペーン』も多く見受けられ、1つのSNSとしてのInstagramが注目されつつります。今回の記事では、このInstagram自体の機能について重点的にお話してまいります。

Instagramのフィードの仕組み

なんとなくFacebookっぽいだろうと思ってInstagram始めてみると、微妙な違いに困惑する方も多いと思います。

まず何よりも最初に、Instagramのフィードの仕組みについて簡単にご紹介します。Instagramのダウンロードやインストール方法については、本記事では割愛します。

1. 各機能の紹介

Instagramを開くと、以下の画面が表示されます。補足がないので少々わかりにくいですが、それぞれの機能はこのような感じです。

▼画像はホーム(フィード)を開いた画面です。
画面の説明
①ホーム(フィード):フォローしている友達や有名人・企業アカウントの投稿が流れてくる。
②発見:人気の写真が流れてくる。画面上部の検索バーではアカウントの検索が可能。(詳細は後述)
③カメラ:Instagramのカメラ機能。撮影やフィルターがけなどが可能。動画の撮影もできる。
④お知らせ:自身のアカウントのアクティビティ・フォローしているアカウントのアクティビティが確認できる。
⑤プロフィール:自身のアカウントのプロフィール情報の編集・過去に投稿した写真の確認などができる。

2. フィードはFacebookのニュースフィードと同じ。だけど…

①のフィードは、イメージとしてはFacebookのニュースフィードに近いです。ここでは、フォローしている友達や有名人・企業アカウントの写真が時系列に流れてきます。

「○○さんがいいねしています」はフィードに流れてこない

しかし、Facebookのニュースフィードとは1つ大きな違いがあります。

Instagramのフィードには、『友達がいいね・コメントした画像』は流れてこないということです。

▼Facebookだとこういうのが流れてきますよね。
友達のいいね!情報
あくまでも、友達またはフォローしているアカウントが自分でアップした写真だけが流れてきます。

3. 友達のアクティビティは『お知らせ』から確認

では「友達のいいね情報」はどこに流れてくるのか。

先ほどの画像の④お知らせタブの、『フォロー中』をクリックすると、自分がフォローしている人がいいね!と言ったりコメントをした、という情報が確認できます。Facebookとは違い、通知でしか確認できないうえに、わざわざ見に行く必要があります。

お知らせの図
まずここでInstagramについて最初に知っておきたいポイントは、フィードには友達がアップした写真しか流れてこないので、Facebookよりも友達のレコメンド機能が弱いという点です。拡散性が低いとも言えますね。

Facebook・Instagramのフィードの違い
2016年3月に公式発表された、アルゴリズム型フィードの導入は大きな変更点です。それまでの時系列型とは違い、各ユーザーにパーソナライズされた情報がより流れるようになりました。

4. Instagramキャンペーンはいかに「投稿してもらうか」カギ

今回の記事では詳しくは触れませんが、Instagramでも企業アカウントがキャンペーンを実施することは可能です。

FacebookやTwitterと大きく違うのは、いいねやコメントをしてもらうだけで参加条件としては不十分ということです。なぜなら前述のとおり、Instagramではユーザーに写真を投稿してもらわないとその人の友達に情報が行きにくいからです。

つまり、Instagramのキャンペーン=ファン参加型、という形になります。

Instagramでアカウントを露出・発見する方法

以上の機能と仕組みを踏まえたうえで、次にユーザー目線で見てみましょう。

とりあえずInstagramを始めて、FacebookとTwitterの友達を同期したので、次は面白そうな有名人や企業アカウントを探したいとなったとします。

さっそく検索窓で、例えば今Instagramで有名な、モデルのローラさんのアカウントを探してみるとしましょう。

▼適当にカタカナで検索してみると、そこには関係のない一般ユーザーの名が…
「ローラ」の検索結果
ところが、Instagramでは、適当にカタカナで検索するだけでは目当てのアカウントは出てこないんです。

1.Instagramでの検索は難しい

Instagramでは、検索窓でユーザーを検索する場合、『正式なアカウント名』で検索しないとアカウントが表示されないのです。日本語でユーザー名を検索しても、なかなか出てこないんですよね。

要するに、Instagramでアカウントを見つけるためには、

・気になる人・企業がアカウントを持っていると知っていること

・そのアカウント名を把握していること

この2点が必要であるという大前提があります。

ちなみに芸能人のアカウントは、以下のリンクから見つけることができます。

芸能人Instagramランキング

2.企業アカウントも見つけてもらいにくい?

これは、せっかくアカウントを開設した企業にとっては致命的です。例えばInstagram運用で有名なファッションブランド・GUさんのアカウントも、インスタ上で探そうとしても、簡単には見つけられません。

カタカナの『ジーユー』で検索しても、英語の『GU』で検索しても他のアカウントばかりが引っ掛かり、アカウント名『gu_global』で検索することでやっと見つけられます。

▼下に出てきたアカウントは謎ですが…。
gu_global
つまり結論としては、Instagram上でオーガニック検索で見つけてもらうことはあまり期待できないのです。(ハッシュタグ検索については後述します)

さらに前述した通り、友達のいいねからの流入もFacebookのようには期待できない仕組みになっています。Instagram上で露出をするには、ユーザーにメンション付きで投稿してもらう必要があります。

また「人気の写真(=②発見)」ではたくさんいいねがついている画像が流れてきますが、そこにうまいこと流れるのを狙うのもあまり得策とは言えないと思います。私の人気の写真画面は外国の方の写真ばかりで、日本の企業の写真は全然流れてきませんし、正直なところここの仕組みはイマイチわかりません。

3.アカウントの露出には外部の告知が必須

Instagramアカウントを開設したら、まずはアカウントの存在を知ってもらうという、いわば運用を始める前の第一歩が非常に重要になります。

そのためには、Instagramアカウント・キャンペーンを外部で告知する必要があります。ただアカウントを開設してInstagram上だけで運用していても、フォロワーを増やすのには一苦労します。

そこで、Instagramのアカウントを露出する方法をいくつかご紹介します。

Instagramアカウントの露出を増やす方法

1. 他のSNS・メールで告知・連動

Instagramから簡単にFacebook・Twitterと連動できる機能を活用して、他のSNSからの流入を狙うことができます。

▼BEAMSさんのTwitterアカウントより。
BEAMSの投稿
https://twitter.com/BEAMS_JP
Instagramの写真機能を活用できるうえにアカウントの宣伝にもなる、最も一般的な露出の仕方だと思います。

2.公式サイトで告知・連動

公式サイトにInstagramのソーシャルボタンを設置することも必須ですね。

▼Instagram活用でも有名なRedBullさんの公式サイトのフッターより。
redbull
http://www.redbull.com/jp/ja
トップにソーシャルボタンを設置するだけでなく、例えばキャンペーンを実施している場合は、独立したキャンペーンページを作って告知しましょう。

▼ベビー用品を扱うApricaさんのInstagramキャンペーンページ。
Aprica キャンペーン事例
http://www.aprica.jp/campaign/stick2014/contest/

3.実店舗で告知

実店舗で、Instagramを運用していることを告知することも効果的です。

LINE@アカウントの宣伝でもよく使われる手法で、いわゆるオフラインtoオンラインの流れを生みます。アパレル関係や飲食店は特に効果的ですね。

4.ハッシュタグをうまく使う

Instagram内でのオーガニック検索は期待できないとお話ししましたが、多くのユーザーがハッシュタグで検索するので、写真にうまくハッシュタグを付けて、見つけてもらいやすくなるように狙うことは可能です。

では一体どんなハッシュタグをどのぐらいつければ最も効果的なのか…は現在も調査中ですが、海外ではよく見られるハッシュタグ・登録写真数の多いハッシュタグが紹介されているので、一部ご紹介します。

よく見られるハッシュタグは?

一概には言えませんが、こちらのランキングからある程度、どういったハッシュタグが付いた画像が多いのか、ひいては検索されやすいのか、も推測できるのではないでしょうか。

Top HashTags on Instagramより。
人気ハッシュタグ
#fashionなどのビッグワードだけでなく、#like4like (=いいねくれたら、いいね返すよ!)や#followback(フォロー返すよ)など「他ユーザーとつながる」言葉がハッシュタグにされているようですね。

5.Instagram広告を使う

03

2015年10月、セルフサーブ型のInstagram広告が開始されました。

それにより、自社アカウントの投稿を非ファンにも露出させることが可能になりました。

・Instagram(インスタグラム)広告の種類や利用シーン、注意点まとめ記事
・Instagram(インスタグラム)フォロワーを増やす施策まとめ記事
・公式発表されたInstagram(インスタグラム)広告成功事例のまとめ記事

最後に

以上が、Instagramを始めるときにつまづきがちな、Facebookとの違いでした。

Instagramは写真をアップする方法やフィルターのかけ方などが注目されがちで、実際そういったことのやり方をまとめているサイトは沢山あるので、本記事ではインスタのSNS機能の仕組みをまとめました。知っておいて損はない情報なので、少しでも参考になったのなら幸いです。

拡散性の低さは、そのままInstagramの人気に繋がっているとも言えそうですね。より身近な人・アカウントとだけ繋がり、ホームを自分ごと化することができるので、クローズド気味なSNSとして好まれているのでしょう。

そういった場に企業アカウントが入り込むには、やはり距離感が非常に重要になってきます。具体的な企業の活用方法やキャンペーンの事例などについては、また次回ご紹介します。


以上、『Instagram完全攻略マニュアル!誰も教えてくれなかったFacebookとの違いとフィード・アカウント検索の仕組み。』でした。

あわせて読みたい関連記事

Instagram(インスタグラム)広告まとめ記事

Instagram(インスタグラム)広告成功事例まとめ記事

Instagram(インスタグラム)フォロワーを増やす施策まとめ記事

▼ガイアックス提供サービス一覧


SNSマーケティング支援サービスTOP
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)運用代行サービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)コンサルティングサービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram)広告運用サービス
Facebookアプリ(懸賞・コンテスト・検定)サービス

この記事に関するキーワード
資料ダウンロードはこちらから

関連記事

save-draft

【最新ニュース】 Instagramで「下書き保存」可能に!その方法を解説

tagpic01

「Instagramアカウントは企業HP並に作りこむべき」タグピク創業者が語るInstagram運用で気をつけたい4つのポイント

06

【調査記事】Facebook,Instagram,Twitter各SNSで最適な投稿頻度・回数とは?

関連Q&A

Gaiaxのソーシャルメディアマーケティング支援サービス